2019年06月17日

ヒゲナガハナノミ。蛍に似ている昆虫です。

ヒゲナガハナノミは雄と雌で体色が違う昆虫で、成虫の容姿はホタルに似ています。似た所はあって、幼虫は水辺に棲む水棲昆虫になります。ホタルはホタル科で、ヒゲナガハナノミはナガハナノミ科に属します。、雌は全体的に黒く、前胸の後方が暗橙色をしているので、ホタルに似て見えます。ヒゲナガハナノミはナガハナノミ科の仲間の大型種になります。ナガハナノミ科としては最も普通に見ることができる種類です。湿地帯や林縁のある水田の脇を探すと見つかる確率は高いです。生息地から離れることは少なく、幼虫が育つ場所の近くにいます。雄の体色には変異があり、茶褐色、淡い茶色、黒(黒色型)などがいます。当方の観察地では茶色系の上翅に茶褐色の筋が入っています。特に雄の櫛歯状の大きなヒゲ(触角)は可愛いです。雌は黒い体をしていて、知らないと同種の雌だとは思わないと思います。ホタルに似た体格と前胸部の後縁部が橙色を帯びているので、初めてみた時には、すぐにホタルの種類に似ていると思いました。丁度、観察エリア(ヒゲナガハナノミのいる場所)がゲンジボタル、ヘイケボタルの生息場所なので、余計にそのように思った次第です。雄は生息場地の葉の上などでよく見ますが、雌には縁がないのかほとんど見ることがありません。湿地に住む昆虫なのでヒゲナガハナノミを見る機会は他種よりも低くなるので、この可愛い昆虫を知らない人も多いと思います。ヒゲナガハナノミはその生態が良く知られていない事でも有名です。雄と雌で違う種類に見えるヒゲナガハナノミを調べてみました。
★ヒゲナガハナノミ  ナガハナノミ科。体長8〜12ミリ。雄雌で体色が違い、体表には微毛が生えています。名前にある様にヒゲ(触角)が長く目立ちます。特に雄の触角は櫛歯状で大きく見えます。雄の上翅は茶褐色をしています。稀に黒色型も出るようです。雌の触角は鋸歯状になっています。雌の体色は黒色で前胸の後縁は橙色をしています。サイズは雌の方が雄よりも若干大きくなります。出現は5〜7月。分布は本州、四国、九州。幼虫は水棲で上流域の湿地や湿地の湿った土壌、水田の近くに生息していて、尾端を水面に出して呼吸しているそうです。ヒゲナガハナノミの幼虫は流れの早い場所には生息していません。幼虫は円筒形の体形をしており、サイズは成虫よりも大きくなります。詳しい生態はまだ解明されていない昆虫になります。
ヒゲナガハナノミ雄ナガハナノミ科.JPG
上、ヒゲナガハナノミの雄。雄は茶色で縞模様があり、お洒落です。観察地のヒゲナガハナノミの雄の上翅には黒い筋が入っています。長くて大きな触角がとても可愛いです。
ヒゲナガハナノミ雌1.JPGヒゲナガハナノミ雌 2.JPG
ヒゲナガハナノミの雌です。写真は同じ個体です。雄と違い黒い色をしています。アメンボのいる水田の水面であがいていました。コメツキムシかと思って助けた所、なんとラッキー。ヒゲナガハナノミの雌でした。持っていたプラスチックの入れ物にいれて撮影しました。撮影後開放しました。撮影地、神奈川県横浜市、こども自然公園。雌はヒメボタル、雄は色は違いますが、見た感じがベニボタルに似ています。観察地では保護されているゲンジボタルの生息地に生息しています。ホタルにあやかり安全に生息できています。上流域に多いとされる種類なので、綺麗な水が必要なように思います。餌は何を食べているのだろうか。これから研究者によって解明が進んでいく昆虫です。
posted by クラマ at 02:08| Comment(0) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

身近にあるコケ(苔)9種類。土の上や道路脇で見つけたコケ、ギンゴケ、ホソウリゴケ、ハマキゴケ、ヒョウタンゴケ、ジャゴケ、キャラボクゴケ、コツボゴケ、ヒメタチゴケ、ヒナノハイゴケ(クチベニゴケ)を調べてみました。

苔植物(蘚類)は地上、岩上、樹上、アスファルトの隙間、石垣の隙間などに張り付くように生育しています。苔植物はコケ類や蘚苔(せんたい)類とも呼ばれます。日本には1700〜1800種類近くあるようです。良く分類したものだと感心してしまいます。これだけあると良く似た種類も多く、どれも同じように見えてしまいます。当然、単にコケ(苔)といっても種類が多いので、名前を当てるのはかなり難しいです。実際には拡大するなどして、それぞれの特徴を当てはめていかないと正確な名前にたどり着けません。コケは育つ場所も種類によって違い、樹幹、石や岩の上、石垣の隙間、地表など様々です。山地や低地の他、公害にも強く都市部や市街地のアスファルトの道路脇や街路樹の樹皮などにも着生しています。コケは見ようによっては美しい緑色をしているため、コケは盆栽に使われる他、コケリウム(苔テラリウム)としてコケの色や姿を楽しむ人も増えてきたので、コケの知名度も上がってきたものと思います。コケは乾燥時と湿り気を帯びた時とでは、表情(コケの体の様子)が変わるので変化を見ることも面白いです。乾燥時には葉を閉じて、湿り気を帯びると葉を広げる性質を持っています。同1個体でも乾燥時と湿潤時では別の種類に見えたりします。またコケは他の植物と違い岩上や樹上(樹の幹)に生えているので、当然、普通の植物のような根はありません。仮根と呼ばれる組織で体を支えて着生しています。コケは少ない養分でも育つことができる仕組みを持っていることになります。コケ植物は胞子をつくるために凵iさく)を作ります。凵iさく)とはコケの胞子嚢で種類によって形が違っています。この違いを見ることも面白いです。似た種類が多いので、詳しくは顕微鏡等を使って調べないといけない所なのですが、ここでは見た目で名前を当てていますので、間違っていてもご容赦ください。自信をもって名前を言えないので、似た種類の名前を暫定的に記しているという形で紹介させていただきます。緑色のコケの植物体が綺麗な種類、凾ェ綺麗な種類などがあって、よく見ると面白い植物です。観察して見る価値は十分にあると思います。調べていくと分けが分からなくなってしまうほど似た種類が多く、正確な種類の判別だと顕微鏡で特徴を調べる必要があります。正確にコケ類を調べることは大変難しいです。写真が間違っている可能性もあるので参考にしていただけたら何よりです。コケの写真は撮ったものの、多くは名前が分からないという具合で、判別が大変難しく正確性に欠けることは言うまでもありません。気に留めてコケを観察する人は少ないと思いますが、よく見ると面白い植物だということが分かると思います。今回は土の上や道路脇で見つけたコケ9種類ギンゴケ、ホソウリゴケ、ハマキゴケ、ヒョウタンゴケ、ジャゴケ、キャラボクゴケ、コツボゴケ、ヒメタチゴケ、ヒナノハイゴケを調べてみました。中でも最も普通に見ることができるのは、ギンゴケとホソウリゴケです。ギンゴケとホソウリゴケは生育環境も姿も似ています。混成して生えていることもあります。乾燥や大気汚染にも非常に強く、都市部でも普通に見ることができます。ハマキゴケも同じような環境で生育している丈夫な種類です。この3種は隣り同士で勢力を競っていることもあります。ハマキゴケにはよく似たカタハマキゴケがありますが、葉先に鋸歯があるのがカタハマキゴケになります。身近にある普通種になるので、簡単に見つけられる種類になります。分かりやすい種類ではヒナノハイゴケ(クチベニゴケ)の凾フ先端部が赤味を帯びているので、剿Xが取れると小さなコケでが目に付きやすくなります。この特徴が別名のクチベニゴケと呼ばれる名前の由縁になっています。コケは小さくて似たものが多いので、実際に調べてみると名前が分からないものが多く、思った以上に苦労しました。
★ギンゴケ ハリガネゴケ科。普通種で雌雄異株。ギンゴケは赤色を帯びた凵iサク)を付けますが、無性芽でも繁殖します。ギンゴケは世界中に分布するコケで、最も身近に普通に見ることができるコケです。ギンゴケはなんと極寒の南極大陸にも生育している寒さにも強いコケです。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。日当たりの良い土の上や石垣、道路脇の石積みやアスファルトの隙間など道路脇などに普通に見ることができます。コンクリートの上でも見ることがある丈夫なコケです。盆栽の土の上に植えるために利用されてたりしています。最近ではコケリウム(苔テラリウム)にも使われます。汚染にも強く大変丈夫な性質をしていて、乾燥にも強いです。山野ではほとんど見ることが無く、市街地など都市部に多く生育する都市部に特化したコケになります。ギンゴケは小型で茎の高さは3〜10ミリ程で沢山集まって塊を作っています。1本1本は細く、あまり枝分かれはしていません。先端部分は葉緑素がないので、上から見ると上部が薄い銀色や灰白色に見えます。植物体は緑色をしています。小さな盛り上がった群落をつくり、融合して大きく見えるものもあります。葉の形は先端の尖った卵型で中肋(ちゅうろく)は葉先か葉先近くに達しますが葉先からつき出ることはありません。凾ヘ1・3〜1・8ミリで赤褐色の卵形をしています。剋浮ヘ2裂で外剋浮ヘ下部が黄色をしています。剳ソは赤色を帯びていて長さは10〜20ミリ。無性芽も作ります。葉緑体を持たない先端部分が、光を反射して銀色に見えることからギンゴケと呼ばれるようです(ラテン語の学名が銀色を意味するようです)。名前の由来は見た目の通りであると思いました。このギンゴケの色の見え方は生育場所によって若干の個体差があります。ギンゴケは冬場の乾燥の進んでいる時期は特に白っぽく見えます。この特徴から個体差はあるものの、難解なコケの種類の中でも分かりやすい種類のコケになります。道路脇やコンクリートの隙間など、どこにでも生える丈夫な性質を持つことから、最も見つけやすく名前が分かるコケになります。
ギンゴケ。コンクリート壁.JPGギンゴケ2コンクリート壁.JPGギンゴケ3.JPG
ギンゴケです。コンクリート壁に付いていました。1番下はコンクリートの地面に生えていた緑色が濃いギンゴケです。ギンゴケは日本全土に生育していて、庭や道路脇など市街地の人家付近でも普通に見ることができます。よく見るとそれなりの美しさを持っています。湿潤時と乾燥時、冬場と夏場で色の雰囲気等が変わるので面白いです。分かりやすいのですが個体差も大きいコケです。
★ホソウリゴケ ハリガネゴケ科。ホソウリゴケは普通種で地上、岩上、コンクリート上、アスファルトの隙間など市街地や都市部にも多く生育しています。小型のコケで雌雄異株で黄緑色、淡緑色、白緑色、暗緑色に見えます。分布は北海道、本州、四国、九州。土上、岩上に生育します。ギンゴケと同じように日当たりの良い土の上や石垣、道路脇の石積みやアスファルトの隙間など道路脇などで普通に見ることができます。ギンゴケとホソウリゴケが隣り合って生育していることもよくあります。茎の高さは5ミリ程。茎は直立します。乾燥時に閉じている葉は湿り気を帯びると開きます。中肋は葉先から短く突き出ます。凾ヘまれで剳ソは細長く10〜20ミリ。凾フ長さは1・3〜1・8ミリ程の小型で卵型〜長卵形をしていて下垂して付きます。ホソウリゴケは葉腋に無性芽を多くつけ、凾ヘめったに付けない特徴があります。葉の形は卵形をしています。葉が若いと先端が乾燥時に白っぽく見えるので、ギンゴケに似て見えることがありますが、見分け方の違いとして、ギンゴケと違い、ホソウリゴケでは先端に葉緑体があることです。また、良く似ているホソハリガネゴケは葉が大きく葉先が針の様に尖って見えます。凾ヘ褐色で洋梨状になるようです。ハリガネゴケの場合、葉は倒卵形で乾燥すると葉はらせん状にねじれて巻いて見えます。湿っていると葉は開き、葉の中央から葉先まで伸びて見える赤い筋(中肋)が見えますが、中肋の赤い色が見えない株もあります。   
ホソウリゴケ1.JPGホソウリゴケ2.JPG
上、ホソウリゴケです。見た目はギンゴケのそっくりさんです。
★ハマキゴケ センボンゴケ科。雌雄異株の普通種。ハマキゴケの特徴は、乾燥すると葉が内側に巻き込まれるという性質があります。この特徴がそのままハマキゴケの名前の由来になっています。南方に生育しているハマキゴケはカタハマキゴケという種類が多いようで、沖縄のハマキゴケはカタハマキゴケになるようです。都市部にも見られるハマキゴケは、植物体の色の変化が大きく、色は乾燥時は褐色や茶褐色に変質しています。しかし雨などで水分を補給すると見る見るうちに葉を広げ、色も緑色になるという変化も見せます。日当たりの良い場所だとやや黄色みがかかっています。葉の長さは1・5〜2ミリで広楕円形をしています。雨等で水分を補給して葉を広げる速度も速いです。ハマキゴケは大きな群落(コロニー)を形成していることも多いコケです。ただ、夏等の高温多湿には弱い性質も持っています。分布は本州、四国、九州。低地から山地の日当たりの良い石垣、コンクリート壁、岩や石の上、アスファルトの脇などに生育しています。低地に多く都市部でも普通に生育している乾燥に強いコケです。ハマキゴケの場合、凾ヘ稀にしか作らないようです。凾ヘ円筒形で長さ1・2〜2ミリ。剋浮ヘありません。剳ソの長さは3〜8ミリ。ハマキゴケは黒褐色の無性芽を作ります。ハマキゴケは密生してマット状の大きなコロニーになることも多いです。ハマキゴケとカタハマキゴケの見分け方は無性芽を見ます。拡大して見ないと分からないのですが、ハマキゴケの無性芽は倒卵形〜洋梨形で、カタハマキゴケの無性芽はイガグリ状(突起がでています)になっていることです。葉にも違いがあって、カタハマキゴケは葉縁上部に低い鋸歯があるそうです。これも拡大して見ることが必要になります。分布は本州、四国、九州、沖縄。南方に多い種類になります。
ハマキゴケ2拡大.JPGハマキゴケ乾燥時.JPGハマキゴケ1.JPG
上、ハマキゴケです。葉は上部に集まって付きます。湿潤の状態で黄緑色や茶褐色など、条件によって色が違います。中肋は葉先から突き出ます。中、乾燥時のハマキゴケです。葉が見事に縮れています。乾燥時の色はお世辞にも綺麗とは言えません。枯れてしまっている色に見えます。しかし、この状態から水をかけると直ぐに葉が開きます。比較が面白いので、緑色が綺麗な時期にも見たくなります。葉を拡大して見て鋸歯が無かったのでハマキゴケで良いと思います。写真は全て同じコロニーから。アスファルトの道路脇に発生していたものです。下、これは茶褐色に見えるハマキゴケです。
★ヒョウタンゴケ ヒョウタンゴケ科。普通種のヒョウタンゴケは小型から中型のコケで、ヒョウタンゴケの名前は凾フ形がヒョウタンのようなことからついたようです。凾ヘ嘴状の帽が取れると、くびれのないヒョウタン形になります。雌雄同株で黄緑色をしています。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。半日陰の湿り気のある湿地、裸地、焼け跡に多く生育します。茎は10ミリ程。ヒョウタンゴケは凾沢山つけます。剳ソは長く洋梨形やヒョウタン形と言われる凾ノ葉は隠れてしまいます。可愛い形の緑色の凾熄nすと褐色に変化します。卵形の葉の長さは2〜4ミリで中肋は葉先まで伸びますが葉先を突きでません。面白い特徴にヒョウタンゴケは金を植物重量の10%程、鉛を70%程を取り込む性質を持っているそうです。しかし70%とは驚くほどの高濃度です。またヒョウタンゴケは焚火や火災の跡地の地表に良く発生することが知られています。
ヒョウタンゴケ凾P初期.JPGヒョウタンゴケ凾Q.JPGヒョウタンゴケ刳g大.JPGヒョウタンゴケ剳ソ基部.JPG
ヒョウタンゴケです。コンクリートブロックの隙間に生えていました。この場所では染み出た湿気により多くのコケ類やシダ類を見ることができます。丸みのある凾ヘ可愛いです。
★ジャゴケ ジャゴケ科。雌雄異株。ジャゴケの特徴は表面に多角形のヘビの鱗の様に見える亀甲模様が見えることです。この様子が名前の由来のようです。良く似たゼニゴケとこの表面の違いで見分けることができます。またゼニゴケは表面に無性芽器を良くつけます。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。低地から亜高山帯の湿った岩上、土上、倒木上に這うように生育します。都市部でも見ることができます。ジャゴケは分かりやすいコケで、湿地を好み湿気のある人家付近の日陰にも多く生育しています。傷つくと独特の匂いを発します。
ジャゴケ.JPGジャゴケ2.JPG
上、ジャゴケです。表面を見ると良く似たゼニゴケと判別することができます。ジャゴケは名前から連想できるヘビの皮に似た様相をしたコケです。ゼニゴケと共に普通に見ることができます。下、拡大したものです。
★キャラボクゴケ ホウオウゴケ科。ホウオウゴケ科のコケは「○○ホウオウゴケ」と名前が付く種類が多く、名前を当てることが難しい種類です。日本には40種ほどもあるようです。葉の色は緑色から暗緑色で、葉は茎に2列に規則正しく並んで見えます。鳥の羽に似た羽状の外見をしていることがホウオウゴケ科の特徴です。生育場所は湿った岩や樹上になうようです。羽状に見える端正な形から、ホウオウゴケ科のホウオウゴケなど、コケリウム(苔テラリウム)にも使われる種類もあり、コケとしては人気がある種類もあります。見つけたのは小型のホウオウゴケのキャラボクゴケです。拡大すると羽状になって見えることから、ホウオウゴケ科の1種であると分かります。小型種には他にコホウオウゴケ、チャボホウオウゴケ、ヒメホウオウゴケなどがあり判別は難しいです。キャラボクゴケは小型でやや黄色味を帯びた緑色をしています。中肋は中肋は短く葉先から突出し、背翼の基部が丸くなっています。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。山地の土上や岩上に生育します。小型で高さは5〜15ミリ程で、茎は枝分かれるることは稀になります。葉は扁平で重なる様に密についています。キャラボクゴケは雌雄異株になります。
キャラボクゴケ1.JPGキャラボクゴケB中肋は褐色.JPG
上、キャラボクゴケ。土上に生育していました。小さいコケなので気が付かないかも知れません。拡大して見ると羽状に見え、コロニーは黄色味を帯びて見えるものもありました。キャラボクゴケの中肋は短く葉先から突出しています。良く似ている種類と比較して見ると、チャボホウオウゴケの中肋は突出しているそうなので、チャボホウオウゴケではありません。コホウオウゴケでは中肋が突出しないようです。ヒメホウオウゴケは高さは5〜15ミリ程。キャラボクゴケよりも水分の多い土上や樹幹に生育し、中肋は葉先の近くまで伸びるようです。
★コツボゴケ チョウチンゴケ科。コツボゴケは普通種で雌雄異株。枝は20〜30ミリ。透明感のある鮮緑色の綺麗な色をしています。葉の形は広卵形〜倒卵形。中肋は太く葉先に達しています。葉の先端部は尖っていて葉の長さは2〜3ミリ。幅は1・5〜2・5ミリ程。葉の上半部の両脇には鋭い歯が付いています。コツボゴケは乾燥にも強く、葉は乾燥すると黄褐色になって縮れてしまいますが、水分を含むと鮮緑色になります。茎は匍匐して伸びていき、先端が地面に付くとそこから新しい個体を作り増えていきます。コツボゴケは直立茎と匍匐茎の2種類の茎を持っています。鮮緑色のコツボゴケは綺麗です。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。低地の湿り気のある土上、岩上に生育します。苔としては好日性で日当たりを好みますが、日当たりの良い土上から半日陰の土上まで幅広く普通に見られます。コケとしては蒸れには強いようです。
コツボゴケ.JPGコツボゴケ葉.JPG
コツボゴケです。上、まだ茎を伸ばし切っていない若い個体です。鮮緑色の綺麗な色のコケなので、苔テラリウム(コケリウム)にも使われます。コツボゴケは横に這って広がっていきます。下、拡大した葉です。小さい葉なのですが、葉の中肋が目立ちます。葉が薄く透明感があるので中肋は見やすいです。コツボゴケの葉は薄く透明感があることも特徴になっています。
★ヒメタチゴケ スギゴケ科。別名としてコナミガタタチゴケとも呼ばれることがあるようです。雌雄異株。ナミガタタチゴケよりも小型で、丈は0・5〜20ミリ。茎は直立して分枝しません。葉は披針形で2〜5ミリ。葉には横しわがあります。中肋が太くは先まで達しています。葉の外縁には対になった歯があります。ナミガタタチゴケと良く似ています。分布は北海道、本州、四国、九州。低地の日陰や湿った土上に普通に生育しています。タチゴケはスギゴケ科で、タチゴケというと総称になっています。日本には4種類のタチゴケがあります。半日陰の土上に生育します。透明感のある黄緑色、淡緑色をしています。都市部でも見ることができます。枝分かれ(分枝)しないで直立します。葉は細長い線形で乾燥すると強く巻縮します。中肋は葉先まで伸びていて、葉先の縁には小さな歯が見えます。スナゴケに似て見えますが、スナゴケよりも小型のコケです。タチゴケはコケリウム(コケテラリウム)や盆栽、庭園にも使われるコケになっています。単にタチゴケと呼ぶ場合はナミガタタチゴケのことを指すようです。
ヒメタチゴケ1.JPGヒメタチゴケ2.JPGヒメタチゴケ葉先拡大.JPG
上、ヒメタチゴケです。葉先の上部外縁の歯がついになっていることを確認したので、大きさからも判断してヒメタチゴケとしました。中肋の太い葉には透明感があります。下は葉先の拡大です。
その他、タチゴケも調べてみました。 
・ナミガタタチゴケ スギゴケ科。雌雄同株。ナミガタタチゴケは小型から大型のコケで暗緑色で葉の表面に横しわが見えます。丈は20〜50ミリ。葉は披針形で長さは4〜9ミリ。葉の表面には横しわが見えます。葉の上部外縁(2/3)には歯があります。葉の背面にも歯があります。中肋は太く葉先に達します。分布は北海道、本州、四国、九州。低地から山地の日陰や湿った土上に普通に生育しています。コスギゴケと良く似ています。コスギゴケの場合、葉の表面に縦の筋が全体に見えます。
・ムツタチゴケ スギゴケ科。ナミガタタチゴケの変種。葉にはやや横幅があり横しわは弱い。葉縁には明瞭な舷があるようです。分布は北海道、本州、四国、九州。本州の中国地方以北に多い種類になるようです。
・ヤクシマタチゴケ スギゴケ科。分布域は広いようですが稀な種類になるようです。草丈が数ミリの小型種。分布は北海道、本州、四国、九州。岩上、土上に生育しています。葉の横しわは弱いようです。
★ヒナノハイゴケ(クチベニゴケ) ヒナノハイゴケ科。雌雄同株。ヒナノハイゴケは主に樹の樹幹などで見ることが多いのですが、岩上や石垣等でも見ることがあります。ひなのハイゴケは小型のコケですが、樹幹に大きく広がって大きな群落を作ることもあります。ヒナノハイゴケの特徴は凾フ帽が取れると先端部に赤色が見えることです。ヒナノハイゴケの別名としてクチベニゴケと呼ばれることがあります。凾フ先端が赤く見えることが別名のクチベニゴケの名前の特徴になっています。茎は密に分枝して這うように広がっていきます。樹幹に大きな群落をつくることもあります。葉は背葉と腹葉があり、葉は乾いても縮みません。葉の色は淡緑色〜暗緑色で葉先は尖っていて中肋はありません。凾ヘ卵形で長さは0・9〜1・8ミリです。剿Xが取れると橙色の蓋(ふた)があります。蓋が取れると見える口環は赤色から赤褐色をしています。凾ノは剋浮ェあります。剳ソは極めて短く葉に隠れて見えません。分布は本州、四国、九州。ヒナノハイゴケは低地の樹上。岩上に生育しています。普通は樹上に多く生育していますが、茎には仮根もあるので岩上や表面の粗いコンクリート上でも見ることができます。ヒナノハイゴケは他のコケ類よりも乾燥に強く日の当たる場所でも生育できるので、日当たりの良い樹幹にも生育しています。強い乾燥や大気汚染にも強い種類なので、都市部の街路樹にも生育しています。
ヒナノハイゴケ1、コンクリート壁.JPGヒナノハイゴケ2.JPGヒナノハイゴケ1.JPGヒナノハイゴケ凾Q帽が白.JPGヒナノハイゴケ凾R普通.JPG
ヒナノハイゴケです。サクラやケヤキの樹幹で見つけることができます。大気汚染にも強い種類なので、都市部の街路樹でも見つけることができます。蓋は橙色をしています。淡い色の蓋のヒナハイゴケも見つけました。個体差はあるようですが、分かりやすい種類のコケになります。上はコンクリート壁に生えていました。2枚目は最も普通に生えている樹幹にありました。3枚目、若い凾ナす。4、5枚目。柵には特徴のあるある紅色が見える様になっています。色の濃淡には個体差があるようです。
コケはよく見ると個性的で魅力的です。拡大すると特徴が各々で面白さも増してきます。興味があったら探して観察すると面白いです。
posted by クラマ at 17:37| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

ツメクサ。コケにしか見えない植物(雑草)です。

ツメクサと呼ぶとシロツメクサやアカツメクサを思い浮かべてしまいます。この道路脇やアスファルトの割れ目やコンクリートの隙間に生えるツメクサを思い浮かべる人はいないと思います。繁殖力が大変強く、日本中どこにでも生えている雑草の1つです。当方も昔から知っている(見たことのある)雑草なのですが、今回初めて名前を知りました。若い小さな株が、アスファルトの割れ目から出ている時は、てっきりコケの仲間かと思っていました。コケに似ている植物です。花芽を付けた花茎が伸び始めてから、コケではないことに気が付くという植物です。ツメクサはナデシコ科ということで花を拡大して見て見ると、それなりに可愛い花であることが分かります。コケに見えてしまう理由には植物体が深い緑色をしている事と、葉が針形で細いことが関係しています。よほど注意して見ないと若い株ではコケにしか見えません。道路の割れ目や地面のブロックの間に生えている物は、とても小さく草丈は2〜3センチ程です。ほぼ道端で見かけることが多い道端や舗装道路の代表格と言ってもよい丈夫な雑草です。ツメクサの名前の由来は、葉の形が鳥の爪の様な形をしていることからついた名前のようです。シロツメクサなどのツメクサの名前の由来は、物が壊れないように梱包材として詰め物をしたことによります。ちょっと紛らわしいですね。ツメクサには似た種類が多いのですが、判別は当方にはできません。コケに似ている植物、ツメクサを調べてみました。
★ツメクサ ナデシコ科ツメクサ属。1〜2年草。日本全土の庭、路傍、アスファルトの脇、芝生の間などで見かける雑草。僅かな土があれば生育可能な丈夫な植物です。草丈2〜15センチ程。葉は対生。葉色は深緑色をしていて厚みのある針形をしています。根元から盛んに分枝して株上になります。花期は4〜7月。花は径が4ミリ程で白い5弁花です。稀に4弁花の花が付くこともあるようです。ツメクサの種子には円柱形の突起があります。似た種類にハマツメクサがあり、違いは種子に出てハマツメクサの種子には突起が弱く目立たないそうです。
ツメクサ1.JPGツメクサ2個が.JPGツメクサ花.JPG
上、ツメクサです。僅かな土があれば大丈夫。とても丈夫な植物です。中、ツメクサはコケの様に見えますが蕾が沢山見えるので、コケではないことが分かります。下、花です。小さくて目立ちませんが5弁花で丸い花びらが可愛いです。存在自体に気が付かないで歩いている人が多いと思います。雑草だから仕方がない所ですが、よく見ると綺麗な花ですが、いかんせん小さいです。
芝.JPG
上、シバ。庭から逃げ出したのでしょう。小さいうちはややツメクサに似ていますね。でもすぐに違いが分かります。シバもアスファルトの割れ目などに生えていることもあります。どちらも道路脇の雑草として生えています。若い時がちょっと似ているので紹介して見ました。ツメクサは多くの方が興味を示さないと思われる、丈夫で生命力が強い雑草の王道を行く様な植物です。
posted by クラマ at 17:19| Comment(0) | 自然観察・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする