2017年05月09日

ニクバエ科とハナバエ科のハエの仲間。ハエ類は名前を探すのが難しいです。

単にニクバエというとニクバエ科に属するハエの総称になります。ニクバエ科のハエの特徴は、多くの種類に胸背に3本の黒い縦筋(黒条)が見えることと、ニクバエの仲間の腹部には市松模様が見えることです。種類がとても多いのですが、どの種も皆同じに見えてしまいます。これほど総称で呼ぶことがふさわしい昆虫もいないと思います。ニクバエ亜科に属するハエは、驚くことに他のハエと違って、卵ではなく体内で孵化した1齢幼虫(ウジ)を産みます。大まかな種類が分かる程度の紹介しかできませんが、参考にしてみてください。ニクバエは腐敗した肉を好みますが、傷んでいない肉も餌とします。 センチニクバエなどニクバエ類は卵胎生のハエなので肉を出してある状態で調理場を離れるとウジを産み付けられてしまうことがあります。ハナバエ科のハエは個性的な種類も多いので、ニクバエ程ではありませんが種類の分からないものも多くいます。特にニクバエは自分でもニクバエ科のハエと分かる程度の知識しかありません。個人的な感想として、ハエ類は調べているとさらに訳が分からなくなるので、紹介するためには向いていない昆虫だと思いました。難解のハエの種類、ニクバエ科とハナバエ科のハエを調べてみました。   
ニクバエ類の大きな特徴は、胸背に3本の黒条が見えることです。この特徴があればニクバエの仲間だと分かります。
★センチニクバエ ニクバエ科。体長12〜14ミリ。ニクバエの中でも普通種の大型のハエで、灰白色の地色で胸背には3本の縦筋(黒条)があります。暗赤色の複眼が目立ちます。腹部は黒白の市松模様になっています。名前に付ているセンチとは雪隠(せっちん)からきていて、トイレの事を言った昔の言葉です。糞便に集まるハエなので、昔のトイレには多く発生していた種類になります。正中剛毛は0+1。背中剛毛は5+5。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。平地から山地の林縁や雑木林に生息しています。出現は3〜11月。センチニクバエは卵胎生のハエなので、お腹の中で卵が孵化して、ウジの姿(1齢幼虫)で幼虫は生まれてきます。卵ではなく幼虫で出産するハエで、想像すると気持ち悪いです。ニクバエの仲間は数も多く非常に良く似ている種類が多くいます。センチニクバエ、ナミニクバエ、ゲンロクニクバエなどは数も多い普通種で大変良く似ていて、模様で判断するのは難しいです。正確には交接器の違いを確認しなければ種類を特定することは難しいです。センチニクバエは生ゴミ、糞便、腐敗物、動物の死骸、腐った果実に集まります。幼虫はこれらを餌にして育ちます。病原菌等を運んでしまうので、衛生上良くない衛生害虫です。数も多く林縁や雑木林の他、畜舎、人家周辺で普通に見ることができます。越冬は蛹で行われます。よく似たゲンロクニクバエの体長は15〜17ミリと大型です。ナミニクバエの体長は8〜15ミリ。このことを踏まえると、交接器を確認できなければ正確な判断はできないのですが、強引にあてずっぽうで行くと、大きさから種類の当りを付けることとなってしまいます。ナミニクバエをついでに調べてみました。
★ナミニクバエ ニクバエ科。体長8〜15ミリ。センチニイクバエと非常によく似ています。ナミニクバエも卵胎生です。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。出現は3〜11月。都市部の公園や人家付近のゴミ箱、ゴミ捨て場等から発生します。成虫は主に動物の死骸を餌にします。幼虫は動物の死骸を餌にしますが、動物や人間の糞も餌にします。頬には白色の毛が無く黒い色をしています。胸部の横溝後背中剛毛は5本で後ろ2本は長くなっているようです。越冬は蛹で行われます。
センチニクバエ?.JPG
上の写真のハエは15ミリ程に見えました。大きさからは普通種のセンチニクバエかナミニクバエが近いのですが、小さめのゲンロクニクバエの可能性もあります。頬の部分の写真や剛毛までは分かりませんでした。接写を試みるも意外と逃げられてしまうので撮影には苦労します。
★ヤマトカスミニクバエ ニクバエ科。体長7〜8ミリ。ニクバエの仲間には胸背に3本の黒い縦筋(黒条)があります。腹部は黒白の模様になっています。この仲間は似た種類が多く種を特定するのは大変困難です。ニクバエ科の特徴になる3本の黒い縦筋とニクバエ科の翅脈を確認する必要が有ります。ヤマトカスミニクバエはバッタ類に寄生するハエのようです。分布は北海道、本州、四国、九州。詳しくは分かりません。非常によく似ている種にセンチニクバエ体長8〜14ミリがいます。
ヤマトカスミニクバエ(ニクバエ科).JPG
上、ヤマトカスミニクバエが1番近いと思います。センチニクバエが大変よく似ていますが大きさ的に、ここではヤマトカスミニクバエ として紹介させてもらいます。ニクバエ科も含め、名前を探すことは似たものが多くお手上げです。サイズの大きいゲンロクニクバエの写真が撮れましたら追加したいと思っています。   
★クロオビハナバエ ハナバエ科。普通種。体長4〜6ミリ。複眼の色は赤く小型で白い体に黒い帯が特徴になっています。クロオビハナバエ は名前の通りに個性的な黒帯模様をしているので分かりやすい種類になります。ハナバエ科の特徴として、額の上部に十文字に合わさる1対の刺毛(額刺毛)があります。クロオビハナバエの雌の場合、特に眼(複眼)の間に大きく開いた、細い牙の生えた口にも見えて少しばかり怖く見えます。分布は本州、四国、九州、沖縄。出現期は4〜9月。普通種で都市部の公園でも見つけることができます。ハナバエ科の幼虫の多くは様々な植物の根や茎の内部を餌として食べるのですが、幼虫も成虫も動物の糞を餌にします。鳥の糞や動物の死骸、生ゴミにも集まります。雌雄の違いは雄では複眼が接近していて、雌では複眼の間隔が離れていることで区別できます。ハナバエ科なので蛹で越冬するのではないのかと思います。
クロオビハナバエ(ハナバエ科)B差し替え.JPG
クロオビハナバエです。分かりにくいハエの中では特長のあるハエになります。白と黒の配色が綺麗なハエです。 
★タネバエ ハナバエ科。体長は5〜6ミリと小型です。胸背の正中とその両脇と合わせて3本の縦条が見えます。胸背部と腹背部には光沢があります。ハエ科の特徴として雄の複眼はくっついて見え(接近していて)雌の複眼は離れています。タネバエの額の上部に十文字に合わさる1対の刺毛(額刺毛)があります。これはハナバエ科の特徴にもなっています。出現は4〜10月(羽化は3〜4月で5〜6月に多く発生するようです)分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。農業害虫として有名です。成虫は鶏糞やたい肥に集まり湿った土の塊にお隙間に産卵するそうです。幼虫は有機質を好み、幼苗も餌にしてしまいます。タネバエの幼虫はマメ科やウリ科の幼苗に被害を与えるようです。非常によく似た種にタマネギなどネギ類に発生するタマネギバエがいます。タマネギバエの幼虫はタマネギやネギに甚大な被害を与える害虫として有名です。あまりに似ているためタネバエもタマネギバエもタネバエとして呼ばれています。越冬は北日本では蛹で越冬するそうです。関東以南では成虫、幼虫、蛹で越冬することができます。タネバエの仲間もどれもよく似ています。 
タネバエ雌(ハナバエ科).JPGタネバエ雄.JPG
上、タネバエかタマネギバエの雄のように見えます。上が雌で下が雄です。タマネギバエとタネバエは非常によく似ていて、タネバエとタマネギバエの区別は当方は分かりません。
名前を付けて紹介できないほど判別が難しいです。見つけたハエの正確な名前を知りたい方は、交接器の形状や体に生えている毛を手掛かりに名前を探してみてください。
posted by クラマ at 19:32| Comment(0) | 昆虫・コクワガタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

オオクロバエとケブカクロバエ。よく似ていて判別が難しいクロバエ科のハエです。

オオクロバエとケブカクロバエは同じクロバエ科のハエで、非常によく似ています。大きさはオオクロバエの方が1回り大きくなるのですが、個体差があるので大きさでの判別はあてになりません。どちらも大型でクロバエ科の総称としてクロバエと呼ばれています。自然公園などで動物の糞などに集っている所を見ることができる普通種になります。糞や動物の死骸などに群がることから、病原菌を運ぶ衛生的には汚いハエになりますが、花の蜜も吸いに来ることがあります。オオクロバエとケブカクロバエは日本全国に分布していて、外見上の特徴は大型で体の黒っぽく見える種類になります。どちらも存在感のある大きなハエで、養鶏所など畜舎などが近くにあると簡単に見つけることができます。どちらも成虫で越冬する寒さに強い種類のハエなので、冬にも見ることがあります。他のハエの種類と見分ける方法には、剛毛と翅脈を確認することが必要になってきます。ハエにはそれでも全く判別できない種類も多いので、少しでも正確なハエの科や名前を知りたかったら、デジカメ等で写真を撮りまくっておくと良いと思います。両種は綺麗な色をしているでもなく、汚いものに集まる衛生上良くない存在なので関わり合いになりたくない人が多いと思います。幼虫はウジと呼ばれていて、気持ちが悪い形をしていて、1般的には成虫、幼虫共に好かれる存在ではないと思います。魚釣りをされる人には「サシ」と言ってウジを釣り餌に使うことがあるので、抵抗はないかも知れません。オオクロバエとケブカクロバエを調べてみました。
★ケブカクロバエ クロバエ科。普通種で大型。体長8〜13ミリ、ガッチリとし多体格の大型のハエです。胸背に4本の黒い条線が見えるます。名前の通りに毛深いハエで、翅の前縁内側に剛毛が生えています。横溝内剛毛はありません。成虫は動物の死骸や糞、花の花粉、腐った果実も餌にします。花にくる場合は香りの臭い花を好むようです。幼虫は動物の死骸や糞から発生します。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。出現期は3〜11月(夏場には見られなくなります)。越冬は成虫で行いますが、低温に強く冬季にも活動します。ケブカクロバエはクロユリの花にも訪れるそうで、クロユリの臭い匂いに誘われるようです。生態も姿も非常によく似た種類に普通種のオオクロバエがいます。基本的にはオオクロバエの方が大きいのですが、個体差があることから見た目だけでは判断できない厄介な種類です。よく似たオオクロバエと比べると、複眼の幅は雌雄共にケブカクロバエの方が広くなるようです。とは言え、とまっている所を普通に見ても、その差が分かるほどではありません。
ケブカクロバエ雄1.JPGケブカクロバエ2.JPG
上、ケブカクロバエ。ケブカクロバエとオオクロバエは大変良く似ていて見分けが難しいです。見分け方は写真に撮って横溝内剛毛の有無を調べます。剛毛も脱落することもあるので、確実なのは交接器を確認することが良いと思います。等ブログでは交接器は確認していません。
★オオクロバエ クロバエ科。体長は9〜14ミリと大型の普通種。特徴は胸背部に見える4本の縦条はケブカクリバエよりはっきりしていないことと、腹部には青や緑色がかかった黒い色や青藍色をしていることです。横溝内剛毛があります。体は丸みがあり太く、しっかりとしていて高い飛翔力をもち長距離の移動も可能です。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。出現期は3〜11月(夏場には見られなくなります)。成虫は動物の死骸や糞、花の花粉、腐った果実も餌にします。越冬は成虫で行います。ケブカクロバエもオオクロバエも普通にいて病原菌を運ぶ担い手となっているハエになります。どちらの種類も畜舎、特に養鶏所が近いと沢山生息しています。ケブカクロバエとオオクロバエは低温にも強く冬季にも活動します。越冬形態は成虫越冬する種類なのですが、他の種類のハエが見えない冬時でも見ることができる寒さに強いハエです。オオクロバエは東北地方や北海道に多い種類になり、低地よりも高地に多く生息しています。暑さに弱い北方系のハエと言えます。そのため沖縄では温度の低い2〜3月に多く見られます。オオクロバエとケブカクロバエは肉眼で見ても区別ができないほど良く似ています。
オオクロバエ、雄.JPGオオクロバエ横溝内剛毛あり.JPGオオクロバエ雌(クロバエ科)1.JPG
オオクロバエです。両種の見分け方は横溝前翅内剛毛の有無になります。ケブカクロバエにはありません。両種は写真で見ても分かるように個体差があるため体色(色彩)も似ていて、見た目での判断は不可能に近いと思います。雄の複眼は接近していて、雌の場合は複眼が離れています。上、オオクロバエの雄。灰色に見える体色をしています。体に灰色の粉がついていること等により、見る角度で灰色が濃く見えることがあります。雄がこのような体色ではないということです。中、下。雌のオオクロバエです。ハエの仲間の多くは複眼を見て雌雄を判別できることが特徴になっています。
ハエは分類が分からないものや、名前を調べることがあまりに困難なことから、本当は避けたい昆虫なのですが、他の昆虫が見つからなかったときなどは、良い被写体になるので思わずカメラを向けてしまいます。
posted by クラマ at 03:26| Comment(0) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

ヤマブキ(山吹)、ヤエヤマブキ(八重山吹)、シロヤマブキ(白山吹)。ヤマブキとシロヤマブキは似た植物ですが属が違う別種になります。

ヤマブキは春に似合う花です。ヤマブキの花を見ることを楽しみにしている人は、思いのほか多いのではないのでしょうか。ヤマブキの花が咲くと細く伸びた枝に浮かび上がるヤマブキ色の可憐な花が、実に良く人の眼を引き付けます。葉の色も優しい緑色で、視覚的に春を感じさせてくれます。ヤマブキは花も葉も風情のある日本的な植物であると思います。細長い枝に咲いた黄色い可憐な花が、風に揺らいでいる様子から「山吹」と呼ばれる名前の由縁になったそうです。ヤマブキ色という色の名前もヤマブキから付いた名前のようです。シロヤマブキは1見、ヤマブキとよく似ていますが、属の違う別種になります。見た目の違いは花を見れば分かります。見た目の通り白い花のヤマブキに見えますが、花弁の枚数に違いが現れます。ヤマブキの場合、花弁が5枚の5弁花で、シロヤマブキは花弁が4枚の4弁花になります。またシロヤマブキは花とともに黒くてツヤのある4個の種が枝についているのを見ることができます。花の形もよく見ると、ヤマブキのように平たく広がらないで、ややつぼんで見える特徴があります。ヤマブキを調べていると基本5枚の花びらを持つ5弁花なのですが、花びらが6枚、7枚、8枚の花が混ざっているにを見つけました。花の数が非常に多い園芸品種で簡単に見つけることができました。良く名前を間違っているなど混同されているのが、花色が白いシロバナヤマブキとシロヤマブキです。この2種は別属になります。ヤマブキと八重咲のヤエヤマブキ(八重山吹)は花を見れば区別がつきます。ヤエヤマブキは園芸品種になります。ヤエヤマブキと、よく似たヤマブキとシロヤマブキを調べて見ました。ヤマブキとシロヤマブキは当ブログ「花の色が違う、白い花のキランソウを見つけました。キランソウ、ジュウニヒトエ、セイヨウキランソウ(アジュガ、セイヨウジュウニヒトエ)、ヤマブキ、シロヤマブキ、タンポポも調べてみました。」で紹介していて2度めの登場になります。
★ヤマブキ(山吹) バラ科ヤマブキ属の落葉低木で高さ1〜2メートル。原産地は日本、中国。分布は北海道、本州、四国、九州。湿気を好み日当たりのある明るい山地の渓流沿いや林の脇に生育しています。庭木や公園などにも植樹されていて良く見かけますが、花が咲いていないと意外と気が付かれないようです。耐寒性、耐暑性ともに強く、病気もほとんどない丈夫な植物ですが、乾燥にはやや弱い性質を持っています。バラ科ヤマブキ属はヤマブキ1種で構成されている1属1種の植物になります。花期は4〜5月。茎も枝も細く、細長く伸びた弱々しい枝に花を付けます。枝先は垂れ下がっています。花弁は5枚の5弁花になります。花は平たく開いて咲きます。花は1重咲きの花と、八重咲の2種類のヤマブキがありますが、八重花のヤエヤマブキ(ヤエヤマブキ)は園芸品種になります。ヤエヤマブキの花はヤマブキより少し遅れて開花します。園芸品種のヤエヤマブキ(八重咲のヤマブキ)の場合、実は結実しません。花の色はヤマブキと同じ黄色で、ヤマブキ色と言われている色です。1重のヤマブキの場合は数年おきに結実するそうです。実は5個付きます(5分果)。葉は鮮やかな緑色をしています。葉の長さは4〜8センチで幅は2〜4センチ。葉の形はややハート型をしていて倒卵形や、やや長細く見える卵形をしています。葉の先端は細長く鋭く伸びています。葉の縁には細かい鋸歯があります。この鋸歯は重鋸歯と呼ばれるもので、葉の縁の鋸歯状に見える部分にも小さな鋸歯がついて見えるものです。葉の生え方は互生になります。ヤエヤマブキと同じく、白い花を咲かせる白花品種にシロバナヤマブキがあります。花には個体差で薄いクリーム色が入っている花もあるようです。やはり花弁はヤマブキと同じ5弁花になります。白い花の咲くヤマブキでも、良く似たシロヤマブキとは花弁の数で見分けることができます。シロヤマブキの場合は4弁花になります。間違いやすいと思いますが、シロバナヤマブキと言ってもシロヤマブキとは違う種類になるのです。シロバナヤマブキはヤマブキ属で、とシロヤマブキはシロヤマブキ属になります。しばしば混同されていて、シロヤマブキをシロバナヤマブキと呼んでいる人も多いようです。黄色い花をつけるヤマブキでも、公園などで見かける花数のとても多い園芸品種もあります。自生している本来のヤマブキは木を覆う程の花は付けません。ヤマブキは増やそうと思ったら、挿し木や株分けで増やすことができます。挿し木には枝の先端、10〜15センチを湿らせた赤土や赤玉に刺して増やすことができます。2〜3月(前年の枝)と10〜11月頃(新しい枝)が良いとされています。種からの発芽はかなり確率が悪いようです。種はシロヤマブキと違ってとても小さいです。
ヤマブキ5弁.JPGヤマブキ6弁.JPGヤマブキ7弁.JPGヤマブキ8弁.JPGヤマブキ葉.JPG
上、ヤマブキの花です。花弁の枚数が違うものを見つけました。花数の多い園芸品種に花数の多い花が多く混ざっていました。簡単に見つけることができました。日当たりの悪い場所に生育しているヤマブキの花数は少なくなるようです。1番上が基本の5弁花(花びらが5枚)で下に行くにつれて、花びらが6枚、7枚、8枚と花弁が多くなっています。品種改良されているヤマブキで、花を木の枝に沢山つけるタイプに花びらの数に変異が出やすいようです。1番下は葉の様子です。鋸歯の切れ込みは深めです。葉の色は淡い緑色で柔らかい質感に見えます。園芸品種は枝に沢山花をつけるので、木全体が黄色く覆われて華やかです。撮影地。神奈川県横浜市、南本宿公園。
ヤエヤマブキ.JPG
上、ヤエヤマブキ(八重山吹)の花です。葉は花の左下に見えています。八重咲のヤエヤマブキの開花はヤマブキよりも少し遅れて咲き始めます。撮影地。神奈川県海老名市。
★シロヤマブキ(白山吹) バラ科シロヤマブキ属の落葉低木。原産地は日本、中国。分布は本州、四国の限られた地域(広島県、岡山県、島根県、香川県、福井県)に稀に自生しています。高さ1〜2メートル。園芸種として公園や庭木などに植えられているので良く知られていますが、自生種としては1属1種で絶滅危惧種になっています。樹形や花が似ていることからシロヤマブキと名前が付いたようです。本来、日陰を好む植物のようですが、公園などでは日向でも丈夫に育っています。やや湿り気のある土質を好むようです。シロヤマブキの葉は葉脈がはっきりしています。葉は対生で重鋸歯になります。葉の長さは4〜10センチ。葉の幅は2〜5センチで卵形をしています。葉の先は尖ります。ヤマブキの場合は葉は互生で重鋸歯になります。葉の特徴はよく見るとヤマブキと違っているので、見分ける判断材料になります。ヤマブキの場合は葉は互生で重鋸歯になります。花期は4〜5月。花数が少なく、新しい枝の先に1個の白い花が咲きます。花の花弁は4枚。花の後には4個の実が残り(4分果)、赤褐色から黒色に色が変わっていきます。この実は長く付いていて花の咲く時期にも見ることができます。花の咲く時期の種はツヤがあって綺麗です。実の付きがよくツヤのある黒い種は目立ちます。シロヤマブキは耐寒性、耐暑性ともに強く病気にも強い丈夫な種類になります。耐寒性が強いので北海道でも生育が可能です。
ヤマブキとシロヤマブキの違い、見分け方は花と葉を見比べます。花の色を見るとすぐに分かります。名前の通り、白い花を咲かせる方がシロヤマブキでヤマブキ色(黄色)の花を咲かせる方がヤマブキです。シロヤマブキには似た名前の白い花を咲かせるシロバナヤマブキがありますが、属が違う別種になります。花はヤマブキ、シロバナヤマブキが5枚の花弁を付けることに対して、シロヤマブキの花弁は4枚になります。葉の生え方もヤマブキ、シロバナヤマブキは互生、シロヤマブキは対性になります。シロヤマブキには種が非常に長くついていることも最大の特徴になります。シロヤマブキの増やし方は簡単で、種からの発芽はかなり良いようです。種を蒔いて増やすこともできますが、挿し木や株分けが1般的になるようです。ヤマブキと同じく挿し木は2〜3月と10〜11月頃が良いとされています。枝は選ばないようです。種を蒔く場合は十分に熟した黒くてツヤのあるものを使います。発芽率は高いようですが、早く花を見たかったら挿し木の方が良いです。
シロヤマブキ花.JPGシロヤマブキ葉.JPGシロヤマブキ実.JPG
シロヤマブキです。花はヤマブキよりもしっかりとしていて、花弁には厚みを感じます。花は花びらが4枚の4弁花です。この花びらの数を覚えておくと、5弁花のシロバナヤマブキと区別がつきます。中、葉の様子です。鋸歯はかなり尖っています。上のヤマブキと同じ日に撮影したものですが、ヤマブキよりも葉の色は濃い緑色をしています。また花が枝の先について咲いていることもシロヤマブキの特徴になります。下、花が咲いている脇には黒いツヤのある種があります。大きくてツヤのある可愛い種です。どの木も、どの枝にもかなりついているのですが、種だけなので鳥にとっては食用価値がないようで、全く食べられていません。撮影地。神奈川県横浜市、南本宿公園。当方、実物のシロバナヤマブキは見たことがありません。撮影できた際には追加したく思っています。ヤエヤマブキも調べてみました。
★ヤエヤマブキ バラ科ヤマブキ属の落葉低木で高さ1〜2メートル。園芸品種。花期は4〜5月。ヤマブキと同じ色の花を付けます。花は側枝や枝先に1個付いています。花には沢山の花びらがつく重弁花になります。ヤマブキの花には雄しべと雌しべがありますが、ヤエヤマブキの花には雄しべと雌しべは見えません。雄しべが変化して花弁になっています。実(種)はできません。葉は重鋸歯で互生します。葉の長さは4〜8センチでヤマブキとほぼ同じです。葉の形はややハート型をしていて倒卵形や、やや長細く見える卵形をしています。葉の先端は細長く鋭く伸びています。種を作ることができないヤエヤマブキは地下茎を伸ばして繁殖するので、普通、増やす場合は株分けで増やすことになります。挿し木もできます。分布は北海道、本州、四国、九州。林縁に生えているそうですが当方は林縁等、公園や庭以外では見たことがありません。野外に逃げ出していることは推測できますが、種のできないヤエヤマブキが自然林の林縁にあるものなのか、いささか疑問です。ヤエヤマブキは観賞用として公園や庭に植えられていて、探せば見つけることができます。耐寒性、耐暑性ともに強く病気もほとんどない丈夫な植物です。日陰〜日向まで大丈夫ですが、育つ環境は湿った所を好みます。地下茎で増えていくことと、ヤマブキよりも立ち上がるので、ヤマブキよりもしっかりとして見えます。似た花を観察するのも楽しいです。
posted by クラマ at 16:56| Comment(0) | 自然観察・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする