2014年08月23日

アブラゼミの羽化の観察。不思議な色の変化、体の変化に見とれてしまいます。

今年もセミの羽化の観察シーズンになりました。アブラゼミを探して観察です。セミの幼虫は暗くなるのを待って穴からでてきます。8月ですと19時半前後から多く見かけました。本能的に木を探すのでしょう。1斉に木の幹に登り始めます。近くに木がないと人工物にも上り始めます。足場がしっかりしていたら良いようです。登る高さはまちまちで地面の比較的近い場所でも脱皮する個体があります。アブラゼミの場合は低い場所から高い場所まで、幅広く場所を選びます。大抵は比較的に高い場所を選びます。地面近くを選ぶセミはニイニイゼミで、アブラゼミとニイニイゼミの間にはツクツクボウシが多いです。ミンミンゼミはアブラゼミよりも低い場所を選ぶようです。アブラゼミの幼虫はどれも3グラムで、思ったほど重くありません。家で脱皮させる場合には、体を固定させて脱皮の態勢に入るまでの時間が非常に長くなる傾向があることが分りました。家の中が明るいなどストレスがあるからだと思いました。自然に脱皮するものの方が脱皮に至る時間は早いです。観察していて1番早かった個体は10分程で体を固定し終わって脱皮に入りました。今まではこのように素早く脱皮行動に入る個体は見たことがなかったのですが、他にも早いものがいましたので今までの考えは改めないといけないと思いました。やはり脱皮には体力を相当使うので、早い方がベストなようです。場所を決めた個体は、じっとしてから体を左右に動かして体の安定を確かめます。この動作の後、脱皮に入ります。殻を脱ぐまでの時間にも大きな差があることが分りました。抜け出ることができないで死んでしまう個体もあります。綺麗に胸背部の中央が縦に割れて、徐々に体を外に出していきますが、中には抜けきれないで動きが止まってしまうものがいます。この場合、見ていると体が大きく膨れていくのを利用して時間をかけて殻を押し広げて抜け出ていきます。殻から抜けきれないで大きくなりすぎたり、途中で体力の消耗などで死んでしまったと思われるものが、時々見かける羽化不全の殻から胸背部が見える、胸背部が色づいて死んでしまっているものです。途中で脚が掴まっているものから外れてしまった個体も死んでしまいます。抜け出る時には、体をイナバウアーのようにのけぞらせてお尻の先だけで殻にぶら下がっているように見えます。殻と体をつなぐ糸のような物があるので、お尻の先にも何かこれと似た仕組みがあるのかもしれません。その後、殻に掴まりお尻を外して体の乾燥に入ります。縮れて体側にあった翅は急速に伸びていきます。すごい速度です。翅は初め平面上に伸び広がっていきます。そして徐々に翅の付け根に角度がついていきます。こうなると体型は立派な成虫と同じに見えます。体の色も徐々に濃くなっていきます。あとは体に強度が出るまでひたすら待ちます。この段階はどの種類のセミも同じになります。簡単に写真で順を追ってみました。
羽化不全死亡アブラゼミ.jpgアブラゼミ幼虫.jpg
上、羽化不全で死んでしまったアブラゼミです。葉っぱのふちに場所を決めたので、葉っぱがしなって抜け出る力を得ることができなかったのでしょう。下、穴から出てきて木を登っているアブラゼミの幼虫。アブラゼミとミンミンゼミは触覚の違いで見分けることができます(以前のブログを参考にしてください)この幼虫は10分ほどで脱皮を始めました。穴からの距離も40センチ程しか離れていなかったので、体力の消耗が少なかったのでしょう。
アブラゼミ1.jpgアブラゼミ2.jpgアブラゼミ3.jpg
上、胸背部が割れて体が出てきます。縦に長く割れ目が入った個体はスムーズな脱皮を行うことができるようです。この個体は胸背部が割れてからかなり時間がかかって出てきました。(他の個体はすでに出ていました。1番上の幼虫の写真の個体とは別の幼虫です)中、お尻の先でぶら下がっています。すごいですね。驚きの態勢です。下、背部から見たところです。
アブラゼミ5.jpgアブラゼミ6.jpgアブラゼミ7.jpg
翅の様子です。上、平面上に広がっています。淡い緑色が翅に見えます。不思議な美しさです。翅は急激に伸びていきます。中、翅の位置が変わっていきます。この位置になると後は体が硬くなるのを待つだけです。下、翅、体、ともに色が濃くなっていきます。最後の写真の個体は別の個体のものです。この色になるまでも時間がかかるので、他の個体にモデルになってもらいました。体が成虫と同じ色と体になるまでには、まだまだ時間がかかります。
ミンミンゼミ1.jpgミンミンゼミ2.jpg
こちらはミンミンゼミ。上、アブラゼミより全体的に緑色が強いですね。ミンミンゼミの翅は透き通っているので、こちらはアブラゼミと違い翅の色が薄くなっていきます。下、胸背部の模様が浮き出てきています。ミンミンゼミの成虫の緑の色の部分には、明るい緑から暗い緑まで個体差があります。幼虫から成虫になる過程は同じです。不思議な美しさに感動させてもらいました。
posted by クラマ at 19:52| Comment(0) | 昆虫・セミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

アブラゼミ、ニイニイゼミ。セミの色にも違いがあります。

アブラゼミ、ニイニイゼミは子供の頃から馴染みのある、もっとも普通に見てきたセミです。アブラゼミとニイニイゼミの体の色などの個体差を調べてみました。ニイニイゼミの体色は保護色になっており、見事に木の樹皮に溶け込んでしまうものもいます。よく見ると体色に緑が入っているもの、灰色の強いもの、赤味、赤茶のかかったものなどがいます。体の色の変異があります。もともと迷彩色のような地味な体色なので、似たような色の樹幹にとまられたら見事に溶け込んで気が付かないことが多くなります。鳴き声はすれど、いったいどこにいるのかと探すことが多いセミです。臆病ですぐに飛び立ってしまうので、なかなかゆっくりと観察できないことも多いです。
1方、アブラゼミは大型で体色も黒っぽく、翅も半透明なので良く目立ちます。性格はおおらかで、近づいても動かないものも多いです。動かない場合はたいてい食事中で、樹皮に穴を開ける手間が大変なため、逃げることよりも食事を優先させているのでしょう。昨年より気になり始めたことなのですが、アブラゼミにも体色に変化があるものがいることに気が付きました。きっかけは昨年に金色っぽく見えるアブラゼミを見つけたことからです。その時の色に近いものにはまだ出会っていませんが、調べてみると黄土色〜金色っぽい毛が生えていて、それが光の関係で金色に見えることが分りました。この毛の濃いもの、薄いものとで見え方が変わっていたのでした。また胸背部のハート型に似た赤い部分の斑の色にも濃淡があることに気が付きました。体色の傾向と関係があるのかどうかは分りませんが、目の色にも違いがあるものがいます。これは他の昆虫でも見られることがあります。小学生の時に、白い目のノコギリクワガタを捕まえたことがありました。これはかなり後になってから知ったことなのですが、クワガタのアルビノ(白色個体)で、クワガタをはじめ昆虫の場合、体が白くなることはなく、目が白くなるということが多いという事でした。この目の色には白のほか、青系、赤系、ピンク系などがあるようです。私が以前飼育していたオオクワガタは赤系(レッドアイ)とガラス玉のように透明な目のものが含まれていました。この目の色の違う個体を累代飼育すると目の色の違うものが出る確率が上がってきます。クワガタの場合、目の色の違いがある個体は蛹の時に分ります。目の色素に異常がある場合は、普通の蛹では目が黒いのですが、赤系はやや赤っぽく見え、ガラス玉のような目のものには目の部分に色がついていない(目がないように見えました)ことで分りました。アルビノ(白色個体記=ホワイトアイ)の蛹の目の部分の色も見えないようです。このようなことはセミにもいえると推測しています。セミの目の色も見てみると違うものがありました。最近では今まで何気なく見ていたごく普通種のアブラゼミ、ニイニイゼミにも興味を持って観察することができるようになってきました。ニイニイゼミとアブラゼミを調べてみました。
★ニイニイゼミ カメムシ目セミ科。全長(翅の端まで)32〜40ミリ。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。群馬県ではレッドリストになっています。出現期は6〜9月。アブラゼミよりも早く、比較的に早い時期から発生する種類になります。昼行性で日中、元気に大音量で鳴いています。ニイニイゼミの翅は透明で褐色のまだら模様の雲状紋になっています。体には黄白色の微毛が生えています。幼虫は湿気を含んだ場所を好みます。乾燥には特に弱いようです。まだ理由は分からないようですが、ニイニイゼミの幼虫が泥まみれなのは乾燥を防ぐためもあると思われています。観察してみると体色には赤っぽいもの、褐色のもの、緑っぽいものなどがいます。どの色の個体も見事な保護色になっていて、木の幹に止まっていると近くで鳴いていてもすぐには見つけることが難しいぐらいに、樹皮の色に同化しています。ニイニイゼミは乾燥に弱いため、都市部では見かけなくなっています。乾燥のため街路樹があっても発生が少なくなること、もしくはニイニイゼミには適さない土の湿度になってしまうことが考えられます。成虫はサクラなどのバラ科の木に多くいます。果樹園、河川敷にも多くいる種類になります。やや湿気のある場所の木にいることが多いように思います。越冬は幼虫で越冬します。
★アブラゼミ カメムシ目セミ科。全長(翅の端まで)53〜60ミリ。分布は北海道、本州、四国、九州、屋久島。出現期は7〜10月。成虫はバラ科の木を好みます。雌の方が大きくなります。アブラゼミの翅は不透明でセミの翅の色としては世界的には珍しいそうです。この不透明な翅の色がアブラゼミの特徴になっています。前胸部背面には褐色の斑点が見えます。良く見かけるセミで、人家の庭、公園、林縁など幅広く生息していますが、関東以西の大都市や北日本の1部では減少しているようです。本州の日本海側や九州では増えているそうです。減少の理由と考えられているのは、ヒートアイランドによる乾燥の影響のため、乾燥に弱い幼虫が育たないためだと考えられています。本州のアブラゼミの生息には乾燥化が関与して、発生の個体数には地域によりバラツキが出てきそうです。ミンミンゼミはアブラゼミより乾燥に強いため、都市部では増えてくることが考えられます。アブラゼミの名前の由来は、翅が油で濡れているように見えるからという説と、鳴き声が油で揚げている時のジジジーという音に似ているからという説があります。どちらでも良いと思うのですが、私が思うには前者の方に分がありそうに思えてしまいます。幼虫はアブラゼミとミンミンゼミはとてもよく似ており、幼虫時の区別は触覚の違いを見ます。アブラゼミの触覚には目立つ毛が生えており、触覚の第3節が第2節の1・5倍の長さがあります。ミンミンゼミの触覚にはアブラゼミのような毛がなく、先に行くほど細く見えることで区別できます。この違いから抜け殻の触角の部分を見比べてみると分かりやすいです。この違いを知っているとアブラゼミとミンミンゼミの幼虫の種類の判別が容易になり、抜け殻を見て両種を見分けることができるようになります。触覚部分を見ることで両者の区別ができることから、触角が取れていない抜け殻を探すことが必要になってきます。アブラゼミは産み付けられた樹皮の中で卵で越冬します。    
ニイニイゼミ1.jpgニイニイゼミ2.jpgニイニイゼミ3.jpg                               ニイニイゼミの写真です。上。色の薄いタイプ。灰色っぽく見える系統ですね。この薄い色のものには緑色の部分が見えるものがいます。中。普通に見る色合いです。褐色の斑が良く見えるタイプです。下。赤、赤茶の目立つタイプ。この写真の個体は実物では茶色というよりは赤に近い体色でした。            アブラゼミ胸背部の赤紋.jpgアブラゼミ普通目1.jpgアブラゼミ普通目2.jpgアブラゼミ・レッドアイ.jpgアブラゼミホワイトアイ系.jpg
アブラゼミです。体の色の違い、目の色の違いに個体差があって観察すると面白いです。白い目の個体のアブラゼミの写真が撮れましたので追加しました。白と言っても真っ白ではなくパール(真珠)色に近いです。写真より実物の方が光の関係で白く見えていました。これもアルビノ個体で良いのだと思います。初めて見る目の色でした。1番上の写真は前胸部の斑が目立つ個体です。2枚目と3枚目は別個体です。目の色はこの色が普通になるようです。4枚目では目の色が赤く見えるものです。明るい茶色で、赤っぽく見えるものもいます。光の加減で写真より赤が強く見えました。前胸部背面の斑の色はほとんど見えていません。全体が黒く見える黒化型といってよいと思います。体の色だけでなく目の色の違いを見ることも面白いです。5枚目。パール(真珠)色の目をしたアブラゼミ。体の色が普通の個体よりわずかに色が薄かったです。全体的に茶色味がかかった色をしていました。珍しいので追加しました。目の色は真っ白ではなかったのですが、この個体はアルビノ個体かも知れません。                                    アブラゼミ金横・横浜.jpgアブラゼミ金2海老名.jpgアブラゼミ赤個体.jpgアブラゼミ赤個体1.jpgアブラゼミ黒系.jpg
アブラゼミの体色の違いを見てみます。1番上と2枚目(別個体)金色に見える個体の背面には黄土色〜金色っぽい毛が沢山生えていることが分りました。この細かい微毛が生えていることで金色に見えていることが分かりました。この金色に見える微毛が生えていないものもいます。恐らく、微毛が脱落して取れてしまった個体、初めから金色に見える微毛のない(少ない)個体がいるようです。夜のフラッシュ撮影ですと金色に光る部分が良く見えます。この毛がびっしりと生えていると光の加減で金色っぽく見えることが分りました。3枚目と4枚目は同じ個体です。全体に赤が目立つ個体です。赤化型と呼んでよいかも知れません。1番下。斑の色が見えないタイプで、木にとまっているとさらに黒さが目立ちます。黒色が強い黒化型と言える個体です。上の赤い個体の写真と比べると色の違いが面白いです。1番上の個体も黒く見えます。斑のないタイプにいれても良いと思いました。
ニイニイゼミの写真の中の真ん中(2枚目)の写真のニイニイゼミの目の色は特に白っぽく見えます。ニイニイゼミには目の白っぽく見える個体が出るのでしょうか。3枚の写真から見るとニイニイゼミの目の色は薄くアブラゼミよりもはるかに白っぽい色になるようです。同じ種類のセミでも色々な個体があり、目の色、体の色に違いがあることが分りました。同じだと思っていたセミの色にも個性があり、よく見て見ると体色に個体差の多い昆虫であることが分かりました。見慣れた昆虫でも良く見ると面白い観察ができることが分かりました。
posted by クラマ at 16:53| Comment(0) | 昆虫・セミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

セミが樹液を吸う行動を観察してみました。

セミの成虫は木の樹液を吸って餌とします。口元の管を木に差し込んで、木の繊管束の中にある師部の師管より樹液を吸います。これに対して幼虫は、それより深い部分、木部の導管より樹液を吸っています。繊管束は水や養分を運ぶ通路です。導管は根から水や養分を運ぶための管です。師管は葉で作られた養分を運びます。運動量の少ない幼虫は導管から樹液を取り入れ、成虫は栄養のある師管より樹液を取り入れます。幼虫は木の根っこなどから樹液を取り入れます。成虫は木に穴を開けて樹液を吸わないといけないので大変な作業になりす。表層にある師管からの樹液の摂取は、成虫には栄養の面からも都合が良いのでしょう。観察していると、どの種類のセミも同じ行動をしています。木に止まってから樹液を吸うまでを確認したセミは、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシです。摂取中のセミは、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ヒグラシ、ツクツクボウシ、ニイニイゼミです。摂取中は、まじかに接近しても逃げることはありません。逃げる時は樹液の摂取が終わって飛び立つ時です。この時は、例の「セミのおしっこ」をすることで知られていますね。この行動は、体を軽くして飛び立つためのものと思われています。また、羽を高速でばたつかせるので、筋肉の影響でおしっこをだしてしまうということもあるのではないのかと私は推測します。樹液摂取に入るセミは、管を木の表面に軽く当てて、横に移動して管が刺さる場所を探します。穴を開ける余分な作業を省略するためだと思います。この樹皮の割れ目、亀裂などを使うことで、師管までの到達が早くなるはずです。亀裂に管を差し込んでもやめて、また移動を開始することがありますが、樹皮が硬く、差し込みにくいことが考えられます。樹皮に差し込むときには、体を固定させて軽く前傾姿勢をとり、体を前後に動かします(頭部を中心に)旨く行くと、そのまま時間をかけて、徐々に管を差し込んでいきます。この間の時間の長短は、樹種等、木の硬さが大きく関係すると思います。ある程度、管が刺さると管の中にある樹液を吸う別の管が出るそうです。管を見てみると、細かい細い毛があり、師管を流れる樹液の動きを察知しているものと思われます。これは枯れ木、枯れかかった木で樹液を吸う行動を見たことがないことから予測して見たものです。卵は枯れ木、枯れ枝に産みます。アブラゼミの樹液摂取.jpgアブラゼミの樹液摂取2.jpgアブラゼミの樹液摂取3.jpg
セミは道に落ちている固体を保護して、ティッシュに水を含ませても、カップにティッシュを入れて、アクエリアスを与えても、吸ってくれませんでした。種類はアブラゼミとミンミンゼミでしかテストしたことはありません。木からしか吸わないのか、別の方法があるのか、試してみる価値はまだまだありそうです。セミはひっくり返ってしまい、起き上がれないと死んでしまいます。昆虫は大抵、ひっくり返って起き上がれないと死んでしまうので、セミも最低、起こしてあげるようにしています。まだ元気のある固体は一目散に飛んで行きますよ。この死んだふりの様な行動が嫌いと言う人もいるようですね。写真のセミは全てアブラゼミです。
樹液摂取場所位置1.jpg樹液摂取位置2.jpg
下の2枚の写真は、樹液を吸う場所を探して場所が見つかり1気に管を差し込んだところです。木は桜の木です。左の写真ではアブラゼミはまだ管を樹皮に当てていません。管でさぐりつつ、約20秒後に右の写真の状態となります。この後、体を固定させグイグイと上体を前後させて樹液の摂取にいたりました。この時はすぐに最適の場所が見つかったようです。同じ位置で撮影していないので、アブラゼミの体の位置の違いは考慮してください。私もこのように早く、管を差し込むとは思ってもいませんでした。この差し込む力は、大型のクマゼミが1番強いようです。やはり体の大きさが物を言うようですね。
posted by クラマ at 17:45| Comment(0) | 昆虫・セミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする