2018年09月25日

クロスジギンヤンマとオオシオカラトンボのヤゴ。ヤゴはトンボの幼虫の呼び名です。サカマキガイとミズムシも見つけました。

ヤゴはトンボの幼虫の総称です。種類によって見た目の形は違っています。ヤゴは空を飛んで狩りをする成虫と違い、水中に生息している肉食性の水生昆虫です。1般的に総称としてトンボと呼ばれるトンボ目は、幼虫期は水の中に住んでいて、成虫になると地上にあがり空を飛んで狩りをするという、まったく不思議な昆虫です。泳ぎが苦手なヤゴの獲物を捕らえる方法は、折りたたまれている下唇を1瞬のうちに伸ばして、離れた所にいる獲物を瞬時にとらえる肉食昆虫です。獲物はメダカなどのサイズの小さな小魚や他の水生昆虫を捕らえます。ヤゴはすべて肉食になります。ギンヤンマとクロスジギンヤンマのヤゴはそっくりです。クロスジギンヤンマの場合、棲み分けとして山間部の小さな池などを好む性質があります。今回観察したごく小さな池では、発生した藻類のアオミドロを排除していました。地上に捨てられたアオミドロに紛れていた昆虫等を観察することにしていた時に見つけたものです。この場所では飛来したクロスジギンヤンマの成虫も確認しました。アオミドロの塊の中からは、ヤゴの他、モノアラガイとモノアラガイによく似たサカマキガイとミズムシも見つけました。ヤゴはアオミドロに隠れていた所をすくいあげられてしまったものです。外来種のサカマキガイは小型の淡水生の貝で、外来種で北米原産のようです。ミズムシは水棲のワラジムシ目ミズムシ科の甲殻類の仲間です。藻類のアオミドロにも似たものが多いです。アオミドロは糸状の多細胞生物で、長い糸状の形態で枝分かれはしない特徴があります。発生していた藻類を詳しくは調べていませんが、淡水で発生するアオミドロで良いと思います。アオミドロは澄んだ水にも発生します。田んぼや池、ため池、水路、ビオトープなど淡水さえあれば、どこにでも普通に発生しています。金魚やメダカを飼っている水槽の中にも発生します。毒性はない藻類なのですが、死滅してヘドロ状になると水質悪化の原因になってしまいます。
ヤンマ科のギンヤンマとクロスジギンヤンマのヤゴの違いを調べてみました。 
・ヤゴの体形では見た目での判別はできない位に良く似ています。クロスジギンヤンマでは下唇側片内葉片と言う部分が先端に向けて細くなっている特徴があります(下唇側片内葉片の先端が緩やかに曲がっています)。ギンヤンマでは下唇側片内葉片の先端部が直角に曲がっています。成虫の違いは、クロスジギンヤンマの成虫の胸を横から見ると黒い筋が見えることです。ギンヤンマではこの筋は見えません。 
★クロスジギンヤンマ ヤンマ科。クロスジギンヤンマのヤゴは体形からヤンマ型と呼ばれています。成虫も大きいので大型のヤゴになります。クロスジギンヤンマは小規模な池を好むようです。ヤゴ(幼虫)ではクロスジギンヤンマとギンヤンマの識別は困難です。口の部分に両種の違いがありますが、水中から出して無理に調べようとすると死んでしまうかも知れません。大きな違いがないので調べることは難しいです。ヤゴの抜け殻や成虫がいるかどうかなども判断材料にすると良いと思います。クロスジギンヤンマのヤゴは餌としてミジンコ、イトミミズ、ボウフラ、小魚などを捕らえて食べます。越冬はヤゴで越冬します。
クロスジギンヤンマのヤゴ.JPGクロスジギンヤンマのヤゴの顎.JPG
上はクロスジギンヤンマのヤゴです。この写真では少し分かりにくくなってしまいましたが、下唇側片内葉片の先端が緩やかに曲がっているので3角形に見える空間が見えます。ギンヤンマとクロスジギンヤンマのヤゴは見た目での判別はできません。判別方法は裏返して口の部分をよく見て確認しないと見分けることができません。両種の見極めは大変難しいです。生息していた池は畳半畳よりもやや大きい程度の小さな池です。開けた場所を好むとされるギンヤンマとは対照的です。これはギンヤンマは日陰でも日向でも適応できる性質があり、クロスジギンヤンマは日当たりを嫌い、日陰を好む性質があることによるようです。その結果、生息場所に樹の影ができるような小さな池を好むようです。クロスジギンヤンマは山間部や林縁の水場に多いようです。どうやら上手く住み分けをしているようです。ヤゴは大きくなると少し緑色がかかって見えます。クロスジギンヤンマのヤゴは目と頭が大きな可愛い形をしています。
★オオシオカラトンボ トンボ科。オオシオカラトンボのヤゴは体形からシオカラトンボ型と呼ばれています。オオシオカラトンボのヤゴの特徴は背中に背棘と呼ばれる棘があることです。この棘は節の中央部にあります。オオシオカラトンボの棘は4〜7節にあります。よく似ているシオカラトンボのヤゴの特徴は全身に毛が多いことです。泥が付いていたりして、棘に見えることもありますが、シオカラトンボのヤゴの背中には棘はありません。オオシオカラトンボ、シオカラトンボは頭の幅は共に広くありません。他の種類のヤゴの様に目が飛び出て見えて、幅があるようには見えません。オオシオカラトンボのヤゴでは腹部第7節まで棘が生えています。水中で生活しているヤゴを捕らえて調べると、ヤゴの負担が大きいので死んでしまうかもしれません。抜け殻を見つけて観察することも良いと思います。ヤゴは餌としてミジンコ、イトミミズ、ボウフラ、小魚などを捕らえて食べます。越冬はヤゴで越冬します。
オオシオカラトンボのヤゴ1.JPGオオシオカラトンボのヤゴ2.JPGオオシオカラトンボのヤゴ抜け殻.JPG
オオシオカラトンボのヤゴです。オオシオカラトンボ、シオカラトンボはとても良く似ています。オオシオカラトンボのヤゴの特徴は背中に棘があることです。背中の棘を確認する必要があります。シオカラトンボの背中には棘はありません。ただ、毛が棘に見えることがあります。シオカラトンボのヤゴは体に毛が多く生えているので、全身に泥がついていることが多いです。下はヤゴの抜け殻です。
・その多、この池で見つけた生物2種類。サカマキガイとミズムシ。
★サカマキガイ サカマキガイ科。外来種。北米原産。サカマキガイは雌雄同体の小型の淡水生の貝類で、明治以降に水槽の清掃用として渡来しました。大きさは殻高が10ミリ程の小型です。左巻きの貝で殻は薄く半透明になっています。雑食性の貝で汚染や環境の変化にも強いので、現在は日本各地に分布を広げました。卵からかえった稚貝は1ミリ未満の大きさで、ヘイケボタルの餌になっています。吸虫類の中間宿主になっているので注意が必要です。サカマキガイの寿命は1年のようです。汚染にも強く適応能力も高いサカマキガイは都市近郊に多いとされています。しかも丈夫でビル街の排水溝にもいるとされています。小さくても広範囲に生息している丈夫な種類になります。サカマキガイはモノアラガイと似ていますが、貝のまき方が反対になっていることで判別することができます。
サカマキガイ外来種.JPG
上、アオミドロ(藻類)の上にいるサカマキガイ。汚染に強いサカマキガイが多いと水質が良くないことになります。
★ミズムシ ワラジムシ目ミズムシ科。ミズムシは水の中で生活している汚染にも強い水棲昆虫です。餌は雑食性です。主に水中に落ちてたまった枯れ葉や藻類などを食べています。普通にいて川、池、ビオトープなどで見ることができます。体色は灰色、褐色、黒褐色で体長は10ミリ程。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。1年を通して活動しているようです。姿は陸生のワラジムシやダンゴムシに似ています。綺麗な水には少なく、汚れたり有機質の多い場所に普通に生息しています。小さいので知られていないだけのようです。
ミズムシ(ワラジムシ目)1.JPGミズムシ2.JPG
ミズムシです。平べったい扁平な体をしていて、陸生のワラジムシとよく似ています。脚には鋭くとがって見える棘が生えています。ミズムシが多く発生している所は汚染が進んでいるということがいえます。このヤゴのいた小さな池には魚はいません。ヤゴはボウフラやユスリカの幼虫、ミジンコ等を餌にしていたのだと思います。このミズムシも貴重な食糧として食べていたかも知れませんね。
posted by クラマ at 15:11| Comment(0) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

コフキコガネとオオコフキコガネ。どちらも良く似たソックリなコガネムシです。

オオコフキコガネとコフキコガネは、色も形も大きさも大変良く似ているコフキコガネ亜科の大型のコガネムシです。個人的に見た目も色も可愛いので、大好きなコガネムシの種類です。オオコフキコガネとコフキコガネは普通種なのですが、最近では数が減って来ているのか、あまり見つけることができなくなってきています。オオコフキコガネの方が個体数は少ないです。この2種はやたらとよく似ていて、見分け方を知らないと同じ種類にしか見えません。大まかな色での特徴はオオコフキコガネが白っぽく(灰白色)見え、コフキコガネが淡い黄色味を帯びて(灰黄色)見えることです。ただし短毛が取れてしまうと地色の色が見えてきます。地色には個体差があるので色での判別は難しくなります。短毛が脱落することで赤褐色、茶褐色、黒褐色などに見えてきてます。これは両種ともに地域による個体差と体表面の短毛が古くなると脱落していることがあるために、見え方が違ってくるからです。地色が見えてくることによって、見え方が違ってくることから判別のややこしさが増えてしまいます。実際はどちらなのだろうと迷うこともあります。興味が湧いて来て、どちらの種類なのかを知りたくなった場合には、両種の些細な違いを比較して判別しなくてはいけなくなります。判別の方法を知っていないと見分けることが難しい種類と言うことができます。どちらもクヌギやコナラなどを餌にするので、餌となる樹が多い雑木林や自然林の多い自然公園などで見つけることができます。良く似ているオオコフキコガネとコフキコガネを調べてみました。
★コフキコガネ コガネムシ科コフキコガネ亜科。体長は25〜31ミリ。コガネムシとしては大型種になります。コフキコガネの特徴は灰黄色に見えるのビロード状の短毛がある美しいコガネムシです。ビロード状の短毛と地色によりが黄灰色、淡い茶色、淡い茶褐色などの色に見える、地味ながら美しく見える愛嬌のある顔をしたコガネムシです。この短毛が粉を吹いたように見えることからついた名前になるようです。短毛が密生しているのでカナブンのような光沢はありません。数の多い普通種になりますが産地により個体変異がある種類としても知られています。雄と雌の違いは触角と前肢に現れます。触角が太く大きく見える方が雄になります。雌の触角は小さいのですが、雄の触角は1目でわかる位に大きく、触角の先は扇子のように大きく広がります。雄の体形は胴長に見えます。雄の前肢脛節の端刺は2歯(脚の先に見えるトゲ状の突起)。雌の前肢脛節の端刺は3歯と言うことですが3歯目は目立ちません。大きさには個体差が出ます。コフキコガネは夜行性が強く灯火に飛来します。コフキコガネは日中は葉にとまってじっとしていることが多いのですが、昼間でも見つけることができます。手に乗せると飛翔性が強い種類なので、すぐに飛んで逃げてしまいます。年1化で出現は6〜9月。分布は本州、四国、九州、佐渡、伊豆諸島。平地から山地、林縁、自然公園など都市部の自然公園にも生息しています。餌とする植物の食性が広いので市街地でも見つけることができる種類ですので、探してみると面白いと思います。夜行性が強いので見つけにくいのですが、灯火に来るので灯火による採集も可能です。成虫はブナ科やクルミ科(クヌギ、コナラ、ミズナラ、クリ、クルミなど)の広葉樹の葉を餌にします。幼虫は広食性で土中にいて樹や草などの植物の根を食べます。越冬は幼虫で越冬します。非常に良く似た種類にオオコフキコガネがいます。オオと名前に付いていますが、オオコフキコガネは個体差もあることからコフキコガネとほぼ同じ大きさに見えてしまいます。見た目も良く似た区別が難しい種類になっています。コフキコガネは光の関係などで写真では見た目の色が上手く出ないことも多く、実際に見ると写真で見るよりも灰黄色が可愛いコガネムシです。
★オオコフキコガネ コガネムシ科コフキコガネ亜科。体長は25〜32ミリ。コガネムシとしては大型種になります。雄は触角が大きく雌は小さいことで雌雄の判別ができます。雄の触角の先端は扇子の様に大きく広がって見えます。雄の前肢脛節の端刺は2歯(脚の先に見えるトゲ状の突起)。雌の前肢脛節の端刺は3歯になっています。オオコフキコガネの大きさには個体差があります。暗赤褐色の地色にビロード状の灰白色の短毛が生えているコガネムシです。この短い毛が粉を吹いたように見えることから付いた名前のようです。短毛が密生しているので光沢はありません。出現は5〜8月。分布は本州、四国、九州。日中は餌となる樹の葉などにとまっていますが、夜行性が強く灯火にも飛来します。成虫はコナラ、クヌギなどの葉を食べます。幼虫は土中にいて樹や草の根を食べます。成長は遅く成虫になるまで1〜2年かかるようです。越冬は幼虫で越冬します。日本のレッドデータで群馬県で絶滅危惧T類になっています。コフキコガネとオオコフキコガネはあまりに良く似ているので判別が難しいです。オオコフキコガネは普通種ですがコフキコガネよりも数が少なくなります。これから数を減らしていく種類になっていきそうです。オオコフキコガネは海岸の近くの方が個体数が多いようで、山地よりも海岸線に多く生息する種類になる様です。
・オオコフキコガネとコフキコガネを判別する方法として両種の比較をしてみました。見分けるためのオオコフキコガネとコフキコガネの特徴を記して見ました。
@体表に見える短毛の色はオオコフキコガネは灰白色でコフキコガネの短毛は灰黄色をしています。ただし、短毛が脱落していたり、色が分かりにくい場合があります。オオコフキコガネの方が地色が濃い色に見える傾向が強いです。また、写真で見ると光の関係で色が違って写ることも多いです。自然光で見る新鮮な個体のコフキコガネは、淡いクリーム色に見えるなど優しい色合いをしています。
A雌雄で頭楯の形は違うのですが、雌の場合、頭楯の幅で両種の判別ができます。コフキコガネの雌の場合は頭楯の幅(側縁)が先に行くほど細まって見え、オオコフキコガネの雌の頭楯はほぼ平行に見えます。
B雄の場合。雄のオオコフキコガネは雌のオオコフキコガネと同じような体形をしています。1方、
雄のコフキコガネは体が雌よりも長細く胴長に見えます。鞘翅の後端部から腹部の先端がはみ出て見えます。オオコフキコガネの雄の腹部の先端は上から見ると飛び出て見えませんが、コフキコガネの場合はオオコフキコガネよりも大きく飛び出て見えます。
C見た目を比べるとオオコフキコガネの方が丸みを帯びて見えます。
D地域的な分布を調べることで、どちらの種類なのかの判別の確立を高めることができます。
E体長はオオコフキコガネの方がコフキコガネよりもやや大きいのですが、大きさには個体差が出るため見た目の大きさは参考までにした方が良いと思います。
読んでいても文章での判断では分からいと思います。1番良い方法は両種の雌雄を見比べて見ることですが、写真が無いので上記を参考にしてみてください。雌の場合だと頭楯を比べることが良いと思います。体色(短毛の色)は地域によってやや違いが出るので体色だけでの判別に頼らない方が良いと思います。
コフキコガネ雄ブログ2-1.JPGコフキコガネ雄ブログ2−2.JPG
上はコフキコガネの雄です。光沢のあるコガネムシと違い淡い色合いに見えます。写真上、色も淡い黄色味を帯びています。尾端(腹部先端)は鞘翅から大きくはみ出して見えます。雄の体形の特徴で胴が長く見えます。下、雄は触角が大きく、先端が広がって見えます。またオオコフキコガネと色の差があることがお分かりいただければと思います。写真は以前に使った写真の個体と同じものです。
オオコフキコガネ雌1.JPGオオコフキコガネ雌頭部.JPGオオコフキコガネ雌尾端.JPGオオコフキコガネ短毛.JPG
上、オオコフキコガネの雌です。雌なので触角が小さいです。雄の触角が大きく、雌の触角が小さいのは両種ともに共通しています。雌雄の判別に至っては簡単ですね。2枚目、オオコフキコガネの雌の頭部です。雌の頭部は幅が広く見えます。3枚目、尾端の写真です。1番下オオコフキコガネの短毛。比べて見るとコフキコガネとの短毛の色の差がわかります。短毛は灰白色をしているので、短毛が生えていると(脱落していないと)体色はコフキコガネよりも白っぽく見えます。
どちらも神奈川県横浜市で発見しました。両種の雌雄の写真で紹介したかったのですが、簡単には見つかりませんでした。神奈川県では昔は個体数が多く、ごく普通にいたコフキコガネとオオコフキコガネですが、樹上性のコガネムシで日中は大人しく葉にとまっていることが多い種類なので、見つけにくいこともあるのですが、現在は見る機会が減ってきました。観察エリアにしている自然公園には生息しているのですが、簡単に見つけることができなくなりました。
撮影に使ったコフキコガネ、オオコフキコガネにはコナラの葉を与えてから林縁に放ちました。両種とも他の属に言う害虫コガネムシと比べると食が細く、元気に与えた葉を食い散らかすということはありません。コフキコガネは短期間で死んでしまうことが多いので、2日程餌を与えた後に逃がすことにしています。撮影に使ったオオコフキコガネは4日間餌を与えて飼育したのち林縁に放ちました。どちらも短命だと思っています。過去にコフキコガネを飼育したことがありますが短命でした。これは捕獲時にすでに弱っている個体ゆえに捕まえられたためなのか(道に落ちていることが多いので)、コフキコガネ亜科が短命な種類になるのかは分かりません。新鮮な葉を与え続けても成虫での飼育は難しい種類になると思います。餌とする葉は必ず新鮮な葉を使うことが必要です。
posted by クラマ at 19:28| Comment(0) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

ウスイロニンフジョウカイ(別名ウスイロクビボソジョウカイ)を見つけました。

ウスイロニンフジョウカイ(別名ウスイロクビボソジョウカイ)はジョウカイボン科の昆虫で、小型で見落としてしまいそうなくらい小さいです。ジョウカイボン科の昆虫はカミキリムシに似た姿をしていますので、小型のハナカミキリの仲間と見間違っていることもあると思います。分類上ではホタルに近い種類になるようです。ウスイロニンフジョウカイをよく見ると、頭部が大きく複眼が両脇に飛び出ている愛嬌のある顔をしています。頭部は両側に飛び出た複眼と、複眼と連続して繋がっている黒い斑紋により、さらに大きく見えて可愛く見えます。見えるといっても体長は9ミリ程しかなく、肉眼ではとらえにくい大きさです。透明感のある体に綺麗に均整の取れた方形をした鞘翅(上翅)の形も可愛く見えてきます。鞘翅には短毛が生えていてツヤはありません。写真で見て可愛さが分かるところが残念な昆虫です。ジョウカイボン科の昆虫なので、この大きさでも他の小型昆虫を食べる肉食性になります。ウスイロニンフジョウカイ名前は新しくついた名前で、別名であるウスイロクビボソジョウカイとは旧名になります。分布も図鑑により違うという、ちょっとややこしいことになっている昆虫でもあります。探すとなると、いかんせん小型になるので気が付きにくいと思いますが、写真に撮って見て見ると、斑紋の形が面白い昆虫です。この仲間は似た種類も多く、外見では判別できない種類もいるようです。その上、地域的な変異も知られていることから、なおさら判別は難しくなります。ジョウカイボン科はとてもマイナーな昆虫で、名前を知らない人が多いです。当然、昆虫として人気があるわけではありません。ウスイロニンフジョウカイ(別名ウスイロクビボソジョウカイ)を調べてみました。
★ウスイロニンフジョウカイ(別名ウスイロクビボソジョウカイ) ジョウカイボン科の普通種で数も多いようです。体長は7〜9ミリ。柔らかい体をしています。ウスイロニンフジョウカイは小さな昆虫を食べる肉食性です。花の蜜も餌とするようです。幼虫の餌は良く分かりませんが、ジョウカイボン科なので幼虫も肉食性の可能性が高いとは思います。以前はウスイロクビボソジョウカイと呼ばれていた種類でしたが、新しくウスイロニンフジョウカイと名前を改めた種類です。特徴は頭部の複眼の後方に黒い斑紋があり、対を成しています。頭部の両側に大きく飛び出た黒い複眼と、複眼につながっている黒い斑紋がひときわ目立ちます。前胸背部にも黒く太い条線が対を成しています。脚の色は黄褐色をしています。名前にウスイロと付いていることが良く似合う淡い色合いをしています。全体的に見ると光沢の無い透明感のある淡黄褐色に見えます。上翅(鞘翅)は綺麗に幅の整った方形をしています。上翅(鞘翅)の色彩には個体差が出るようです。出現は4〜7月。年1回の発生になるようです。分布は本州(東北地方南部から神奈川県)。林内、林縁、草原などに生息しているようです。越冬の方法は不明です。
・注意、図鑑により分布が異なるという厄介な種類でもあります。北海道から九州とするものもあります。数年後には更なる研究等によって解明が進み、現時点よりも新しく記載されるものが出てくるかもしれません。似た種類が多く細かく分類したら種類が増えることも考えられます。
ウスイロニンフジョウカイ(別名ウスイロクビボソジョウカイ)1.JPGウスイロニンフジョウカイ(別名ウスイロクビボソジョウカイ)2頭部.JPG
ウスイロニンフジョウカイです。壁にとまっていました。上、体つきはカミキリムシと良く似た体形をしています。細長い体ではあるものの均整が取れて見えます。下、頭部、胸部の拡大です。透明感のある体をしていることと、頭部と胸部の斑紋の形が特徴になります。胸背部の黒い縦条は〈 〉の形に見えます。普通種になるのですが、いざ探すとなると小さくて見つけにくい種類になってしまいます。ジョウカイボンの仲間は日本に300種類以上いるそうで、名前の分からないものも多そうです。撮影地。神奈川県横浜市南本宿第三公園。
posted by クラマ at 15:00| Comment(0) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする