2016年05月21日

ヤチグモ(シモフリヤチグモかメガネヤチグモ)、ウヅキコモリグモ。地上を歩くクモです。

ヤチグモ(シモフリヤチグモかメガネヤチグモ)とウヅキコモリグモは非常によく似た種類がいる判別が難しいクモです。ヤチグモ科のクモは特に似た種類が多く、外見で判断することはできないそうです。大まかな種の特徴はあるのですが、斑紋などに個体変異があるために、正確には生殖器を調べて種を判断しないといけないほど、外見や模様がよく似ています。今回紹介のヤチグモは赤っぽい体(赤味の強い体色)とはっきりしない複雑な山形模様の斑紋からシモフリヤチグモだと思いたいのですが、交接器などを調べていないので正確には シモフリヤチグモとメガネヤチグモの判別はできていません。他にヒメヤチグモガいます。大きさからヒメヤチグモではないと思います。ヤチグモ科の シモフリヤチグモとメガネヤチグモのどちらかであるということにしてください。ウヅキコモリグモに似た種類がいます。ハリゲコモリグモはよく似ていて脚の棘は大きく、脚には環紋があります。背中の中央にある斑の両側の起伏は弱いです。似た種類の多いコモリグモの仲間も判別が難しいです。ヤチグモは交接器まで調べていないので、当ブログに紹介するのも迷っていた種類のクモになります。
ウヅキコモリグモ、シモフリヤチグモ、メガネヤチグモを調べてみました。
★ウヅキコモリグモ コモリグモ科。コモリグモ科では普通にいる数の多い種類になります。似た種類も多くいて判別の難しい種類になります。ウズキとは4月の卯月のことで、春から良く見られることからついた名前のようです。ウヅキコモリグモは巣を作らないで地面を徘徊する徘徊性のクモです。分布は北海道、本州、四国、九州。山地、草地、裸地、市街地の庭、公園などで1年中見ることができます。頭胸背部の中央にある灰白色の模様は縦長に見え、両脇(両外側)の線は切れ込みの深めのはっきりとした形をして見えます。腹部や脚の色は黄褐色、褐色、黒色が入り交ざって見えます。触肢には黒い膨らみがあります。体長は、雄は6〜8ミリ。雌は7〜10ミリ。雄の体色は黒っぽく、雌は明るい色をしています。越冬は幼体での越冬ですが、冬の間も成長を続けているので決まった越冬態は無いようです。卵嚢の色は白っぽいのですが、色には変異があります。雌は大きな卵嚢を腹部下面に付けています。さらには孵化した子グモを背中に乗せて移動します。コモリグモと呼ばれる由縁になっています。3〜11月まで卵嚢を背負った姿を見ることができるようです。卵嚢の中には30〜80個の卵が入っていて、卵嚢内で孵化して2回の脱皮を行い外に出ます。つまり背中に乗っているのは3齢の幼体になります。ウズキコモリグモはとても変わったクモなのです。
ウヅキコモリグモ1.JPGウヅキコモリグモ2.JPG
上、ウヅキコモリグモです。ウヅキコモリグモは直ぐに逃げ出すので撮影が難しいクモです。下、ハリゲコモリグモです。背中の斑の両脇がやや薄ぼけて見えています。斑に起伏ができて見える特徴がウヅキコモリグモですが、斑の起伏が弱いです。これは脚の棘が大きく斑紋の起伏が少ないのでハリゲコモリグモのようです。写真を確認して見比べて見ると脚の棘が明らかに大きいです(種を訂正しました)。水場の近くにいました。撮影地は上、神奈川県横浜市。下、神奈川県大和市、憩いの森。
★シモフリヤチグモ  ヤチグモ科。体長は雄が8〜13ミリ。雌が12〜15ミリ。分布は北海道、本州、四国、九州。人家周辺の建造物、神社、寺院の近くに多く生息しています。人工的な環境に適応していて、公園や庭園のトイレ、ベンチの下、コンクリートの隙間や石垣の隙間、壁や塀の隙間、植木鉢の下などにも居ます。巣の構造は管状で巣の入り口には小さな棚網を張ります。網は環状住居(巣)と1体になっています。他の昆虫を餌にします。成体で越冬するようです。都市部では幼体でも越冬しているようです。歩脚は淡黄色で環斑は明瞭。体色は 赤味が強く、胸背部が赤褐色で頭部は赤色。腹部に見える山形斑は不明瞭。斑紋は左右非対称に複雑に乱れて見えます。
★メガネヤチグモ ヤチグモ科。体長は雄が11〜13ミリ。雌が13〜15ミリ。分布は北海道、本州、四国、九州。都市型のクモで山地や樹林帯にはほとんどいないそうです。生息場所はシモフリヤチグモと同じで、人家周辺の建造物、神社、寺院の近くに多く生息しています。人工的な環境に適応していて、公園や庭園のトイレ、ベンチの下、コンクリートの隙間や石垣の隙間、壁や塀の隙間、植木鉢の下などにも居ます。他の昆虫を餌にします。成体で越冬するようです。越冬体はほぼ雌になるようです。巣の構造は管状で巣の入り口には小さな棚網を張ります。歩脚は黄褐色で環斑は不明瞭。腹部に見える山形斑は明瞭。この山形の斑紋は左右対称に整って見えます。
シモフリヤチグモとメガネヤチグモは、どちらもよく似ているだけでなく同じような環境に住むため、判別が難しい種類になります。
シモフリヤチグモ?1.JPGシモフリヤチグモ?2.JPG
交接器を見ないでの判断では、歩脚の色は赤褐色です。脚に見える環斑は不明瞭、というか良く見えていません。腹部に見える山形斑は不明瞭です。ということで、どちらとも言い切ることはできません。シモフリヤチグモかメガネヤチグモのどちらかということにしてください。撮影地は神奈川県横浜市、こども自然公園のトイレです。
卵(卵嚢)を付けたコモリグモの写真も撮りたくなりました。色が違う卵嚢も見て見たくなりました。写真が撮れましたら追加する予定です。
posted by クラマ at 15:48| Comment(2) | 蜘蛛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

キシノウエトタテグモ。地面に蓋の付いた巣を作るジグモです。

キシノウエトタテグモは地上を徘徊して移動するクモ(ジグモ)なので、多くの距離を移動することはありません。それゆえ生息場所に偏りができて、生息地が地域的なものになっています。生息地が山地に少ない(いない)ことはこのためだと思います。キシノウエトタテグモは地面に穴を掘って巣を作るジグモの1種で、巣穴は蓋で閉まるようにできています。巣穴の蓋の構造は片開になっていて、近くに獲物が通りかかると振動を感じて蓋を開けて獲物に襲いかかります。平面な地面に巣を作った場合は竪穴で、がけ地などの斜面に作った場合は横穴になります。地面に掘られた巣には蓋を作って分からないようにしてあるので、蓋が閉じられている巣を見つけることは難しいです。キシノウエトタテグモは原始的なクモの特徴を持っています。特に脚を縮めている時などは8本のはずの脚が10本あるように見えてしまいます。頭胸部には光沢があり黒い色をしています。頭胸部は円形状に見えます。脚は太く短めで、ジグモ科らしい体形をして見えます。雄も雌もよく似ていますが、雌の方が腹部が大きく、脚は太い脚をしています。分布は広いものの特定の地域に生息している珍しいクモになります。さらに面白い特徴としてジグモに寄生する菌であるクモタケに寄生されることが多い種類としても有名です。クモタケはクモの体から生えるキノコです。今まで見たクモタケは全て、キシノウエトタテグモの巣の蓋を押し上げて生えていました。クモタケは厳密には冬虫夏草とは少し違うバッカク菌になります。クモタケは当ブログ「クモタケ。クモから生えるキノコです。」で紹介させていただいております。こちらもご参考にして見てください。絶滅が危惧される数の少ない希少なクモ、キシノウエトタテグモを調べてみました。自己流で作ってみたキシノウエトタテグモの巣の標本の写真を追加しました。
★キシノウエトタテグモ トタテグモ科。歩いて移動するクモなので、あまり遠くには移動できません。そのため環境の変化に弱いという欠点があるので、普通種になるのですが絶滅危惧種にもなっています。現在も開発等の自然破壊により生息地を減らしています。体長は雄9〜12ミリ。雌13〜17ミリ。身体的な特徴として触肢が太く脚にみえることから、脚の数が10本に見えることです。この10本脚に見える特徴は原始的なクモに見られるとく特徴になります。頭胸部には光沢があり丸みを帯びています。色は濃赤褐色、腹部上面には茶褐色の斑紋があります。腹部は褐色〜紫褐色をしています。雄の腹部は雌よりも細く斑紋も不明瞭になります。脚は雌よりも長く見えます。分布は本州(福島県以南)四国、九州。キシノウエトタテグモは都市部から平野にかけて局地的に生息していて、低山や低地の歩道脇の赤土の崖や植木の盛り土、石垣の隙間、木の下の根元などの土中に巣を作ります。成体は雌は1年中、雄は9〜10月に地上に雌を求めて現れます。巣穴の深さ(巣の長さ)は4〜7センチで筒状。雨水の当たらない場所で、乾燥の強くない場所を選んで巣を作ります。雨水の流れ込んだり溜まるよな場所には巣は作りません。巣の入り口には蓋があり、近くを通りかかった昆虫の振動を感じ取って蓋を開けて捕えます。獲物はダンゴムシやワラジムシが多いようです。巣の蓋は蝶番のような円形の扉のような構造になっています。蓋を閉じられたら周りと区別がつかなくなってしまいます。巣穴の作り方は地面に対してまっすぐに穴を掘って作ってあるか、斜面に対してやや下向きに作られた構造になっているようです。キシノウエトタテグモ は人家付近にも生息するクモのようですが、絶滅危惧種、準絶滅危惧種にしていされている県が多くあり、簡単には見つからない種類になります。生息地を観察していて分かったことは、人為的なことにより(樹の伐採など)雨が当たる様になった場所には生息できなくなります。また、雨が当たらなすぎる場所など乾燥が進む場所にも生息することができません。やや湿り気のある場所や、コケ類の生えているような場所では繁殖が続いています。このことから、土中に巣を作るために適正な湿度が必要であることが推測できます。環境に左右されやすく、突然個体数を増やすような種類ではないようです。キシノウエトタテグモは今後は数を減らしていくと予想ができますが、条件がそろえば人家の庭でも生息はできると思います。
絶滅危惧T類には千葉県、群馬県、三重県。
絶滅危惧U類には滋賀県。愛知県。
準絶滅危惧種には東京都、埼玉県、茨木県、栃木県、石川県、京都府、大阪府、鳥取県、山口県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、熊本県、長崎県が指定されています。
キシノウエトタテグモの分布域は広くても生息は局所的です。例え人家付近に生息している特徴があっても、生息する条件や開発等、自然破壊の影響を受けやすいクモになるので、今後もさらに数を減らしていきそうです。幸いなことに神奈川県では数が多くいる種類になっていて、探してみると横浜市内で8カ所(うち公園は3か所で、公園は1カ所として数えています)隣接する大和市、泉の森公園でも生息している場所を見つけました。巣は見つけにくいので大まかな確認になってしまい個体数は把握していませんが、どこも個体数は少ないようです。横浜市内で見つけた3カ所では3〜4個の巣穴しか見つけられませんでした。横浜市こども自然公園内で見つけた3か所のうち2カ所は雨除けになっていた大きな木の伐採により全滅の可能性が濃いです。巣を見つけることができませんでした。市有地の道路沿いにあった生息地も木の伐採でかなり生存は厳しくなってしまいました。雨が当たるようになってしまったのでこの場所でも生存は厳しいと思うので、かろうじて7カ所の棲息場所が残っていることになります(内訳は2017年3月の時点で公園4カ所、市有地の土手1カ所、民家の小さな土手2か所)もっと探せば個体数は少ないかもしれませんが見つけることはできると思います。調べているうちに慣れてくると住処になりそうな場所の雰囲気が分かってきました。キシノウエトタテグモの巣は石垣の石と石の間の泥の部分や斜度の少ない崖や斜面、大木の根元などに作られていていることが多いのですが、大木の平らな地面でも見つけています。崖に巣を作るイメージが強かったのですが、観察していくと雨が当たらない事の方が巣を作るためには重要なように思えてきます。
キシノウエトタテグモ1.JPGキシノウエトタテグモ2.JPG
1枚目(上)と2枚目は同じキシノウエトタテグモの雌です。この写真は腹部が大きい特徴から雌のキシノウエトタテグモになります。偶然に見つけることができました。頭胸部にはツヤ(光沢)があります。2枚目の写真では脚の数が10本に見えています。実に不思議な容姿のクモです。
キシノウエトタテグモ雄2.JPGキシノウエトタテグモ雄1.JPG
上2枚(同1個体)はキシノウエトタテグモの雄です。雄も雌も体形はよく似ています。雄の特徴は脚が雌の脚よりも長く見えることです。下の写真の様に脚を縮めていると雌雄の判別が難しいです。撮影場所、雄、雌共に神奈川県横浜市、南本宿公園。
キシノウエトタテグモはクモタケに寄生されることで知られています。ジグモには全く感染しないで、ほとんどがキシノウエトタテグモに感染することが分かっています。クモタケはバッカク菌で、厳密には冬虫夏草ではありませんが、クモから発生するので冬虫夏草の仲間として知られています。
トタテグモ巣1.JPGトタテグモ巣2.JPG
キシノウエトタテグモの巣B3.JPG
トタテグモの巣です。撮影は2月。土中に作られる巣は、蓋が閉まっていると地面と見分けがつきません。上2枚は僅かに斜面になっている場所にあった巣です。近くには蓋の径が非常に小さい巣もありました。横浜市内の道路に面した民家の僅かな土の斜面で見つけたものです。中、の写真は枯草の茎で上の巣の蓋を開けてみたところです。ほとんど斜度のない場所に作られていたこの巣は、偶然に周りの土が僅かにどいていたので見つけることができましたが、通常蓋と地面の差がないと地面と同じにしか見えないので、とても見つけにくい状態にあるといえます。下、別の場所の巣で斜面に対して横向きに作られていました(写真には見て分かりやすい巣を使っています)巣の内部は滑らかにできていることが分かります。この写真も枯れ草で蓋を開けて写しました。この巣は民家の垣根にある約20センチほどの土の部分に作られていた巣です。他の場所でも確認済みですが、石垣の石と石の間の僅かな土の部分にも巣を作る性質から、意外な場所でも見つけることができることが分かりました。巣を作るためには、雨水が巣に入らないことが重要になるようです。
キシノウエトタテグモ巣.JPG
上、キシノウエトタテグモの巣の標本を作ってみました。作り方は自己流ですが、クモの巣を保存したくて作り方を考えて、ぶっつけ本番で作ってみました。初めてにしては上出来だと思っています。丁寧に水で泥を落として十分に乾燥させてから作成して見ました。中に筒状の発泡スチロール製の型を入れてあります。巣の表面についている枯葉等は接着剤(木工用の速乾性のボンド)で固定してあります。この巣は空き巣になったものを使用しています。この巣は長さは40ミリ。入り口の直径は約11ミリです。写真の右側が入り口部分です。右下の円形に見えている所が巣の蓋になります。注意:この巣は横浜市内で見つけた生息地の土手から、空き巣になった空の巣を採取したものです。許可ももらいました。







posted by クラマ at 17:18| Comment(0) | 蜘蛛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

ジグモ。袋状の巣を土の中に作る変わったクモです。

ジグモは名前の通り地面の中に巣を作る地上生のジグモ科のクモで、住処とするクモの巣に特徴があります。ジグモの巣は長細い袋状の円筒形になっていて、巣は地中に伸びて作られています。巣を作る場所は、木の根元、石や岩の壁、家の軒下、コンクリートの壁などに沿って作られています。人家付近に多くみられるクモになりますので、この長細い巣を見たことがある方は多いと思います。クモの巣は比較的に柔らかい土質で、雨の当たらない場所を選んで作られています。この土中に長細く伸びているクモの巣には粘性がなく、大きな巣にはその大きさにあった大きなクモが1匹入っています。この袋状のクモの巣に他の昆虫などが触れると、その振動を感じ取って襲い掛かるという、待ち伏せ型の狩りをするクモになります。雄は成体になると1年ほどで死んでしまいますが、雌は脱皮を繰り返して成体になって4〜5年ほど生きるようです。雄は6〜8月頃に地上を歩いているものを見かけます。雌のジグモを探しに行くようです。ジグモは雌雄共にしっかりとした体格をしていて、雄と雌を見分ける違いは腹部にあります。雄は小さな腹部をしていて体長も雌より小さくなります。雌は1回り大きく、腹部が発達していて大きく膨らんでいます。ともに頭胸部と同じくらいありそうな鋏角を持っていて、これを使って巣に触れた獲物を捕らえます。巣に伝わる振動が大きすぎると、ジグモは獲物が大きすぎると判断して、捕獲のための攻撃はしてきません。手でとらえて持とうとすると、体を丸めて自分の牙で自分の腹部を切り裂いてしまいます。ジグモはその行動から別名をサムライグモ、ハラキリグモとも呼ばれています。観察のために巣から雌を出しても、持たないようにしてあげると良いと思います。北海道から沖縄まで幅広く普通に生息しているクモになります。長く生きる長命なクモであることからも、飼育している人もいるクモになるようです。観察すると面白いかもしれません。子供のころは何の意味もない遊びなのですが、ジグモの巣を壊さないで地面から抜き取る遊びをしたことがあります。ジグモを調べてみました。
★ジグモ ジグモ科。別名サムライグモ、ハラキリグモ、ツチグモ。その他、地方名も多いようです。地上生の普通種のクモになります。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。ジグモはジグモ科の普通種のクモでどこにでもいるクモになりますが、巣を作る場所の条件は選んでいます。木の根元、庭先、家の軒下、石や岩の壁、コンクリートの壁などで、土が硬すぎないことと雨が当たりにく場所を選んで巣を作ります。巣は粘性の無い長細い円筒形の袋状をしていて、地中に伸びています。巣の長さは10センチほどあり、巣の大きさに対して中にいるジグモの体のサイズも大きくなります。餌は他の昆虫や小動物を捕らえます。捕らえる獲物は小さな地上を徘徊する昆虫や小動物で、主にダンゴムシやワラジムシを捕らえることが多いようです。巣の中のジグモは、獲物となる昆虫や小動物がこの円筒形の袋状の巣に触れた振動を感じ取り、獲物に鋭い牙を使って襲い掛かります。振動が強すぎると狩りの行動はしません。武をわきまえているようで、手に負えない大物には反応しないようです。ジグモは寿命が長く、ジグモが成熟するまでに3〜4年、成熟してからは雄では1年ほどの寿命ですが、雌は成体になってからも脱皮をして、4〜5年生きることができます。繁殖期は7〜8月でこの時期に地面を歩き回る雄を見ることができます。雌を探しているようです。体長は雄が12〜16ミリ。雌が17〜20ミリでがっしりした体格をしています。雄の腹部は小さく脚が長いです。雌は体も雄より大きく腹部が大きく発達しています。幼体の体色は茶色または赤褐色で、成体になると黒くなります。
ジグモの獲物の捕らえ方は、円筒形(管状)の長い袋になっていて粘性の無い巣で、どのように他の昆虫を捕らえるのかというと、巣の壁にいる昆虫を巣の中にいる(袋の中にいる)ジグモが巣の壁ごと牙を突き立てて捕らえます。巣の壁越しに捕らえるのです。大きな牙で捕らえた獲物は、徐々に巣の中に引き込まれていきます。この時に破れた巣の壁は後で修復されます。食べかすや糞、脱皮した皮、巣穴を広げたり、掘り下げたときに出る土などは、すべて巣の外に出されます。
ジグモの巣.JPGジグモ雄・成体.JPG
上がジグモの巣です。木の根元に作られていたものです。長細く木の根元に付いる袋状の形をして見えるものが巣になります。下、カッコいいです。ジグモの雄です。雄は腹部が小さいです。雌の腹部は大きく、1見して雄と区別することができます。すさまじくいかつい体をしていて迫力があります。雌も似たような体格なのですが、腹部が大きいのでやや可愛く見えます。ごついなりにも雄ほどの威圧感は少なく感じます。ジグモは独特の袋状の巣を木の根元や壁に管状の細長い袋になった巣を作るので、長細い巣の形を見ただけで種類の分かる、判別がやさしいクモになります。
巣から出てもらって雌の写真も撮る予定です。雌の写真が撮れましたら追加します。
posted by クラマ at 16:19| Comment(2) | 蜘蛛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする