2019年06月14日

ツメクサ。コケにしか見えない植物(雑草)です。

ツメクサと呼ぶとシロツメクサやアカツメクサを思い浮かべてしまいます。この道路脇やアスファルトの割れ目やコンクリートの隙間に生えるツメクサを思い浮かべる人はいないと思います。繁殖力が大変強く、日本中どこにでも生えている雑草の1つです。当方も昔から知っている(見たことのある)雑草なのですが、今回初めて名前を知りました。若い小さな株が、アスファルトの割れ目から出ている時は、てっきりコケの仲間かと思っていました。コケに似ている植物です。花芽を付けた花茎が伸び始めてから、コケではないことに気が付くという植物です。ツメクサはナデシコ科ということで花を拡大して見て見ると、それなりに可愛い花であることが分かります。コケに見えてしまう理由には植物体が深い緑色をしている事と、葉が針形で細いことが関係しています。よほど注意して見ないと若い株ではコケにしか見えません。道路の割れ目や地面のブロックの間に生えている物は、とても小さく草丈は2〜3センチ程です。ほぼ道端で見かけることが多い道端や舗装道路の代表格と言ってもよい丈夫な雑草です。ツメクサの名前の由来は、葉の形が鳥の爪の様な形をしていることからついた名前のようです。シロツメクサなどのツメクサの名前の由来は、物が壊れないように梱包材として詰め物をしたことによります。ちょっと紛らわしいですね。ツメクサには似た種類が多いのですが、判別は当方にはできません。コケに似ている植物、ツメクサを調べてみました。
★ツメクサ ナデシコ科ツメクサ属。1〜2年草。日本全土の庭、路傍、アスファルトの脇、芝生の間などで見かける雑草。僅かな土があれば生育可能な丈夫な植物です。草丈2〜15センチ程。葉は対生。葉色は深緑色をしていて厚みのある針形をしています。根元から盛んに分枝して株上になります。花期は4〜7月。花は径が4ミリ程で白い5弁花です。稀に4弁花の花が付くこともあるようです。ツメクサの種子には円柱形の突起があります。似た種類にハマツメクサがあり、違いは種子に出てハマツメクサの種子には突起が弱く目立たないそうです。
ツメクサ1.JPGツメクサ2個が.JPGツメクサ花.JPG
上、ツメクサです。僅かな土があれば大丈夫。とても丈夫な植物です。中、ツメクサはコケの様に見えますが蕾が沢山見えるので、コケではないことが分かります。下、花です。小さくて目立ちませんが5弁花で丸い花びらが可愛いです。存在自体に気が付かないで歩いている人が多いと思います。雑草だから仕方がない所ですが、よく見ると綺麗な花ですが、いかんせん小さいです。
芝.JPG
上、シバ。庭から逃げ出したのでしょう。小さいうちはややツメクサに似ていますね。でもすぐに違いが分かります。シバもアスファルトの割れ目などに生えていることもあります。どちらも道路脇の雑草として生えています。若い時がちょっと似ているので紹介して見ました。ツメクサは多くの方が興味を示さないと思われる、丈夫で生命力が強い雑草の王道を行く様な植物です。
posted by クラマ at 17:19| Comment(0) | 自然観察・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: