2019年06月14日

マルバノキ。葉がハート形に見える変わった習性の多い植物です。

マルバノキは丸味のあるハート形の葉が特徴です。名前の由来はそのままで、丸い形の葉の樹です。庭木としても面白い植物で、マルバノキの別名のベニマンサクと言う名前にある様に、マンサク科の花に似た赤い色(暗紅色)の花を咲かせます。花はマンサクの仲間なので小さくて目立ちません。花は背中合わせに咲きます。変わった植物で、マンサク科の花が春に咲くのとは違い、紅葉の葉が落ちる頃に咲き始めます。実は刮ハでハート形にも見えます。マルバノキの最大の特徴は花の付き方にあります。花は2個が背中合わせに咲きます。この花が背中合わせに咲くことから、実も背中合わせに2個付いてできます。秋には葉が赤く紅葉します。庭木には最適で、1年を通して新緑の鮮やかな緑色から紅葉の赤色まで楽しみことができます。半日陰だと葉は黄色く紅葉します。葉の紅葉の仕方も変わっていて、マルバノキの場合は徐々に部分的に紅葉していくので、緑、黄色、赤が斑状になった所から、濃い赤色に変化していきます。同じ樹で緑色、黄色、赤色の葉が付くこともあります。マルバノキは花を楽しむというよりも葉の紅葉を楽しむ庭木に適しています。春に花を咲かせるマンサクの仲間はマンサ科マンサク属で、マルバノキは マンサク科マルバノキ属 になります。さらにマルバノキは1属1種の日本固有種になります。変わったところが多いことも納得というところです。マルバノキを調べてみました。
★マルバノキ マンサク科マルバノキ属。別名ベニマンサク。1属1種の日本固有種。高さ1〜3メートルの落葉低木。自生地は本州(岐阜県、長野県、広島県、岡山県)、四国(高知県)と自生地は少ない希少種です。あまり群生はしないようです。自生種は現在では数を減らしていて、さらに珍しくなったようです。日本レッドデータによると岡山県、高知県では絶滅危惧T類。広島県では準絶滅危惧種。また広島県では群落地を県の天然記念物に指定しています。植栽が適している地域として本州関東地方南部、四国、九州。神奈川県ではあまり見ることがありません。馴染みの公園に1本ある他、近くでは見ることがありません。探した場合、庭木としての方が見つかると思います。花期は10〜12月。葉が落ちてから花が咲き始めます。花色は暗紅色で花は捻じれた細い花弁をしています。広がってひも状に見える花はヒトデの形やヒドラの触手に似ています。花弁は5枚の両性花です。花自体は美しい形の花とは言えませんが、形が変わっていて面白いです。葉は互生します。葉は丸っぽい形で、ハート形や卵円心形をしています。葉の長さは4〜10センチ。幅は5〜12センチ程。葉には5〜7本の主脈があります。葉の柄が長く、柄は新緑を過ぎると赤く色づきます。日当たりの良い場所に育つと、葉の紅葉の赤色が強くなります。乾燥に強い植物で、湿った場所は向いていません。マルバノキは病害虫に強く、成長が遅い樹なので剪定もしない方が良いです。自然樹形を保つことが良い植物です。
・増やし方。種子や挿し木で増やすことができます。マルバノキは種子の発芽率が良いようで種子でも増やせます。ただ、種まきの場合、低温処理をしないと発芽率は落ちます。乾燥しすぎないようにして低温にさらす必要があり、やや面倒になります。お勧めは成長が遅い特徴があることから、1般的に行われる挿し木で増やすことが良いと思います。鉢植え、地植えができます。根が付けば乾燥には強い方なので手間も掛りません。鉢植えの場合は乾燥のしすぎには注意した方が良いようです。
マルバノキ1新葉.JPGマルバノキ2葉表.JPGマルバノキ3葉裏.JPG
マルバノキの葉です。上、鮮やかなグリーンをした新葉は大きく広がっていき面白いです。中、少し大きくなった葉の表です。後ろに樹皮が見えています。樹皮の色は灰褐色です。葉の形はハナズオウやカツラに似ています。下、葉の裏側です。脈がより目立ちます。
マルバノキ紅葉.JPG
赤くなった葉です。写真を追加しました。紅葉した葉も綺麗です。葉の色に変化があって面白いです。マルバノキは花よりも葉を楽しむ樹木です。9月25日に撮影。
マルバノキの実.JPGマルバノキの実2.JPG
マルバノキの実です。この公園で初めて実が結実したので、取りあげてみました。実を見るのは初めてです。ハート形にも見える実には愛嬌があります。実は2個が背合わせに付きます。
マルバノキ追加.JPG
上はマルバノキの花です。形が変わっている面白い地味な花です。遠くから見たら花が咲いていることが分かりにくいです。マルバノキの品種に斑入り品種の恵那錦、葉縁が黄色い阿寺錦など15種類ほどがあるようです。斑入り品種の恵那錦は民家の玄関先で見たことがあります。葉の美しさから今後、もっと目にする機会が増えていくのでしょう。
posted by クラマ at 15:41| Comment(0) | 自然観察・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: