2017年08月18日

ビロードモウズイカ(マーレイン、マレイン、ニワタバコ)。ビロード状の灰白色の葉を持った大型植物です。

ビロードモウズイカとは変わった響きのある植物の名前をしています。ビロード状に見える葉を持った植物なので、ビロードの部分は植物を見ると分かるのですが、モウズイカの部分が良く分かりませんが、モウズイカ属の植物なので、ビロードのように見える雄しべに毛が生えていることから付いた名前のようです。モウズイとは毛蕊のことで、毛蕊花でモウズイカのようです。ビロードモウズイカは外来種の帰化植物なのですが、日本全国に分布しているので、もはや普通の雑草になっています。環境が良いと2メートルにも達する大きな植物ですが、花は植物体からすると小さなものです。とは言え、黄色い小さな花が密生して咲いていると可愛いものです。葉や茎は白っぽく見える淡い緑色で、背丈の高い大型種なので存在感がある植物で、空き地などに生えていても日本在来種とは明らかに違うと思わせる形をした植物です。周りに背の高い植物がある込み入った環境には生えていないので、荒れ地や造成地を探すと見つけることができると思います。
★ビロードモウズイカ 別名ニワタバコ、マーレイン(マレイン)。ハーブとしてはマーレインと呼ばれています。ゴマノハグサ科モウズイカ属。明治初期(1870年頃)に観賞用として渡来した外来種の帰化植物です。全草に灰白色の短毛を生やしたヨーロッパやシベリヤが原産の2年草になります。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。特に北海道に多い植物になるようです。耐寒性に強く、日当たりの良い砂質の土壌を好みます。野生化して土手地、河原、畑地、道端、空き地、荒れ地、造成地などの開けた場所に生えています。ロゼット状から立ち上がって花を咲かせます。花は5裂しています。草丈は1〜2メートル。最大2メートルほど立ち上がった穂先に咲く花は目を引きます。花は小さく花径が2〜3センチ程の小花を多数付けます。大きく伸びあがっても花茎は分岐しません。花期は8〜9月で花の色は黄色をしています。葉は互生で、基部にある葉は大きく、倒披針形で30〜50センチ程もあります。葉は上部に行くほど小さくなっていきます。葉の色は灰白色から淡い緑色をしています。ビロードモウズイカは荒地に多く生育するだけあって、病害虫に強い丈夫な植物ですが、生育に適した日当たりの良い乾燥した荒地などが少ないことから、爆発的な繁殖には至っていません。色落ちのしにくい花はポプリ、ドライフラワーとして利用されます。葉も乾燥させてクラフト材として利用されるようです。雑草と言う扱いになっていますが、綺麗で役に立つ雑草になっているようです。
ビロードモウズイカ葉.JPGビロードモウズイカ花.JPG
ビロードモウズイカの葉と花。2年目の葉は強いビロード状になります。この葉は花茎から出た葉です。手触りがふわっとしていて植物とは思えない触感をしています。見て分かるように様に、葉の色も変わっています。下、ビロードモウズイカの花は立ち上がった茎の先端に黄色い花を咲かせます。撮影地。神奈川県横浜市、南本宿第三公園。撮影した後、再度行ってみると雑草として刈り取られていました。花壇にあると園芸植物、それ以外では雑草になってしまう植物です。植物の形もさることながら、変わった名前の植物なので、1度名前を聞くとより印象に残るかも知れません。
ビロードモウズイカ.JPGビロードモウズイカ花B拡大追加.JPGビロードモウズイカB追加.JPGブチヒゲカメムシ・ビロードモウズイカに追加.JPG
上、1年目のビロードモウズイカです。ロゼット状をしています。まだ株が小さくても葉が独特なので名前が分かりやすい植物です。地面に砂利がまかれていた造成地の空き地に生えていました。右側に見える黒い部分は砂利の混ざった土になっています。このビロードモウズイカの花茎が伸びあがり花が咲くのは翌年になります。2年草なのですが3年生き残る株もあるそうです。耐寒性もあり丈夫なのですが、湿気が強かったり、日当たりが悪いと消えてしまうことがあります。撮影地。神奈川県横浜市、みなとみらい。2枚目、花の拡大ですが、この花は花弁が開いていないものです。このような花が集まって咲いていることが分かってもらえればと思っています。3枚目、大きく育った2年目の株です。空き地にしっかりと根付いています。下、上の写真の株の花や葉にはブチヒゲカメムシがウジャウジャいました。マメ科、キク科に付くカメムシですが、この株で繁殖したのでしょうか。もう少し早く見て、幼虫を確認できたら良かったと思っています。撮影地。神奈川県海老名市。ビロードモウズイカは観賞用として渡来しただけあって、柔らかい黄色の花は見栄えがあります。最大2メートルにも達する花茎が立ち上がった大型な植物なので、より人目を惹きます。さらに葉を触ってみると手触りの良さに驚かれると思います。とても植物の葉とは思えない柔らかい感触を楽しむことができるので、ぜひ観察することをお勧めする面白い植物です。
posted by クラマ at 20:18| Comment(0) | 自然観察・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: