2017年07月05日

ナガヒラタムシ。凸凹した頭と点刻が上翅に綺麗に並んで見える原始的な昆虫です。

ナガヒラタムシは始原亜目という部類に属する原始的な昆虫です。ナガヒラタムシは日本では1属4種類の小さな科を作っている昆虫で、ペルム紀(2億年前)の地層から化石が見つかっているという変わり種の昆虫です。大昔から姿を変えないで生き続けてきただけあって面白い体をしています。体色は暗褐色〜黒色に見え扁平で細長い体つきをしています。頭部には突起(コブ状)が見えます(凸凹した頭部をしています)目は半球状に両側に飛び出て見え、鞘翅には明瞭な点刻(格子状の点刻)が綺麗に並んでいます。触角は太くて長く、大人しくとまっている時は脚を引っ込めているので、他の昆虫のように脚は見えません。あえて似ている昆虫というと1見カミキリムシに似て見えます。夜行性ということからなのか、なかなか見つけられない昆虫ですが、灯火に集まる習性があり、灯火の下で見つかることがあるようです。ナガヒラタムシの名前の通りに、長くて平たい原始的な昆虫、ナガヒラタムシを調べてみました。
★ナガヒラタムシ ナガヒラタムシ科。体長9〜17ミリ。黒い体色に細長く扁平な体形で、鞘翅に見える格子状の点刻 が印象的です。大きさはばらけるようです。出現は6〜8月。夜行性で灯火にもくるようです。昼間は葉の上などでじっとしているようです。石川県では準絶滅危惧種になっています。分布は北海道、本州、四国、九州。成虫の餌は不明です。幼虫は朽ち木を食べるようです。成虫は脚を引っ込めて擬死します。成虫の出現時期を考えると、越冬は朽ち木内で幼虫で越冬すると推測します。よく似た種類にヤマトナガヒラタムシがいます。ヤマトナガヒラタムシの特徴は複眼がナガヒラタムシよりも小さく、上翅第1列の点刻が50〜53個あるそうです。ナガヒラタムシの場合、点刻が50個以下になります。ヤマトナガヒラタムシの個体数は少ないようです。ヤマトナガヒラタムシを実際に調べたら分布地域の中でもかなり個体数は少ないのかも知れません。ナガヒラタムシを見つけたら、ナガヒラタムシとヤマトナガヒラタムシの違いが点刻の数になるので、両種を見分けるために点刻の数が分かるように写真に残すと良いと思います。珍しいヤマトナガヒラタムシが見つかるかも知れません。
ナガヒラタムシ1.JPGナガヒラタムシ2.JPGナガヒラタムシ腹面.JPG
ナガヒラタムシです。見つけたのはムクゲの葉の上です。ただの平べったい黒い昆虫のように見えますが、実は原始的な姿を今に残している昆虫です。化石の中から見つかっているだけあって、よく見て見ると面白い昆虫です。目は両側に飛び出して見え、背中(鞘翅)には凸凹とした点刻が並んでいます。体の割に触角は太くて長く、脚は体に対して短いです。すぐには何科に属するのか思い浮かばないと思います。頭部、胸背部は凸凹していて、原始的な昆虫であることに納得させられてしまうような形をしています。ナガヒラタムシは中々の面白昆虫です。上、ナガヒラタムシを見つけたときの状態です。葉の上にとまっている時、他の昆虫のように脚を伸ばして葉にしがみついていません。変わったとまり方をしていました。中、ナガヒラタムシの頭と胸背部を拡大して見ました。凸凹した突起のある頭部と、胸部の左右の上端は張り出して尖って見えます。また窪みのある胸背部がより原始的な昆虫と言われる由縁を物語っているように見えます。下、腹側です。地面に落ちたら分からなくなりそうだったので、ビニールの上に落としてみました。体に対して短い脚を実にうまく畳み込んでいます。この状態でじっと動きません。脚を引っ込めて死んだふり(擬死)をしているのです。得意技は擬死のようです。葉にとまっている時から脚は引っ込めていたので、死んだふりをしても見た目に大差はない気もしますが、ナガヒラタムシとしては精1杯の防衛策のようです。葉の上に落としてあげるとすぐに死んだふりは止めましたが、その場でじっと動かなくなりました。写真では色が実際の体色よりも茶色に写ってしまいました。撮影は7月。撮影地。神奈川県横浜市、南本宿第三公園。
posted by クラマ at 01:52| Comment(0) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: