2017年05月12日

ハナミズキ(花水木)とヤマボウシ(山法師)。大変よく似た植物です。

5月になると華やかな花を咲かせるハナミズキとヤマボウシが目立つようになってきます。ハナミズキとヤマボウシの花はそっくりです。樹形も葉の形も同じに見えます。生えている場所も似ていて、街路樹、公園樹、庭木とどちらも同じように使われています。どちだったかな?と思いながら花を見ている方も多いことと思います。花が咲き終わらないと見分けがつかない位に良く似た植物です。ヤマボウシは食用になる赤く熟す球形の実を付けますが、ハナミズキの赤い実は小さく細長い果実が数個付きますが、まずくて食用にはならないそうです。どちらも園芸品種も多いのでちょっと見ただけでは分かりにくいです。比較のためにヤマボウシは当ブログ、再度の登場になります。等ブログ「ヤマボウシ。花と食べられる赤い実が楽しめる植物です」でヤマボウシの記事を書いているので、ヤマボウシに興味があればそちらも参照してみてください。ハナミズキとヤマボウシを調べてみました。
★ハナミズキ(花水木)ミズキ科ミズキ属。アメリカ原産の落葉高木。高さは5〜12メートルですが、日本では5〜6メートルのものが多く、あまり大きくならないようです。ハナミズキの樹皮は灰黒色で細かいひび割れが見えます。別名はアメリカヤマボウシこの名前の由来はアメリカから渡来下ヤマボウシに似た植物であることからついた名前のようです。英名はドックウッド。犬のノミ対策に薬として使われたことからついた名前のようです。ハナミズキは日本がソメイヨシノをアメリカに送った返礼として日本に送られてきたという話があります。花が紅色に見える種類はベニバナハナミズキと呼ばれています。葉は対生で側脈がはっきりと見えます。葉の形は楕円形から卵円型で、よく見ると葉の形は少しずつ微妙に違って見えます。葉の長さは8〜15センチ。葉の裏面には白い短毛が生えています。秋には赤く紅葉します。花は4月〜5月に白〜ピンク色、淡い紅色などの花を咲かせます。花の花期は長く、大きな花弁に見える部分は総苞になります。ハナミズキの総苞片の先は窪んでいます。この特長を覚えておくと良く似たヤマボウシと区別がつきやすくなります。本来の花は小さく中心に固まって見える部分になります。ハナミズキの花は4枚の大きなハナビラにみえて綺麗です。観賞用としての園芸品種が多い種類です。実は核果で楕円形で9〜10月に赤く熟します。試したことはありませんが、実は大変まずく食用には適さないようです。野鳥ではオナガ、ムクドリ、ヒヨドリ等が実を食べにきます。鳥にしてみると、最後まで実のついている他の種類の木もあることから、まだ美味しい部類に入るのかと思います。
ハナミズキ.JPG
上、ハナミズキの花です。よく見ると花弁に見える総苞の先は窪んでいます。葉の形はハナミズキももヤマボウシもよく似ていますが、ハナミズキの方が長細く見えます。
★ヤマボウシ(山法師)別名ヤマグルマ、ヤマグワ、コクワダンゴギなど別名は多い植物です。ミズキ科ミズキ属の日本固有種の落葉高木。高さは10〜15メートル。樹形は整っていて選定は必要ない部類の植物で幹の色は灰褐色をしています。雌雄同株で非常によく似た近縁種にアメリカヤマボウシ(ハナミズキ)があります。ヤマボウシの名前の由来は、白い花(総苞片)を頭巾に見立て、花の部分を坊主頭に見立てたところからついた名前のようです。分布は本州、四国、九州、沖縄。やや湿気を好み、雑木林など山野に自生しています。街路樹、庭園、庭木、公園などに良く利用されているので簡単に見つけることができます。花びらに見える4枚の白い部分は総苞片都呼ばれる部分で、本来の花は中央の丸く見える部分になります。花は球形で集合花と呼ばれる花になります。よく見ると小さな花が20〜30個が集まっていることが分かります。総苞片とは花序(花の集まった部分)を保護する苞葉で、苞葉とは葉が変態した変態葉になります。花序全体の基部を包む苞として、花を保護するために形を変えた葉になります。自生種の花の色は白色ですが、園芸品種も多くヤマボウシの花の色は、白、ピンク、帯緑色などがあります。花の柄が長く、花は天(上)を向いて咲きます。よく似たヤマボウシとハナミズキの花の特徴には、よく見ると違いがあることが分かります。違いはハナビラにみえる総苞の先に出ます。ヤマボウシの花びらに見える部分(総苞)は尖っていて、ハナミズキの場合は窪んでいます。花期は5〜7月で総苞は落ちないで残るので、花として長く見ることができます。果実は球形をしていて8〜9月に赤く熟し食べることができます。ヤマボウシの実の付き方は変わっていて、実が上向きに付きます。柄がしっかりしているので球形をした実が上を向いてなっています。形はサクランボを思わせるトゲトゲのある実が、赤く熟して上を向いて実っているのも見ごたえがあります。花の段階では見分けが難しい両種ですが、実が付くと1目瞭然で見分けがつきます。実には1〜5個の種子が入っています。秋に赤く熟す実は甘く、果実酒、ジャム、生食として利用されます。食べる所は少ないのですが、生食の実の味は個人的には甘くて美味しいと思います。どうも生食の場合、味に好き嫌いが出るようです。葉の付き方は対生で、葉の形は卵円形や楕円形で葉脈がはっきりしています。葉先は尖っていて葉の長さは4〜12センチ。葉脈がはっきりしています。10月頃から徐々に紅葉していくので、紅葉を楽しむこともできます。葉の形は、よく似たハナミズキの葉よりも丸みがあります。ヤマボウシも品種を改良されたものも多く、食用に特化した果実の大きなファスティーハード(白花)、ミルキーウェイ(白花)、ビッグアップル(やや黄色を帯びた白花)という種類があります。実の収穫もできる種類は庭木にすると花、紅葉、収穫と3通りの楽しみ方ができます。花にこだわるなら華やかな赤花も綺麗です。赤花系にはサトミ(赤色を帯びた白花)、ゲンペイ(赤と白が分かれて見える花)、ベニフジ(赤花)などの品種があり用途により好みのヤマボウシを選ぶことができます。食用に適した果肉部分の多い大粒の実のなるヤマボウシも食べて見たくなります。
ヤマボウシ花.JPGヤマボウシ葉1.JPGヤマボウシ葉2.JPG
上、ヤマボウシの花です。下2枚は同じ木に生えていた葉です。葉の形は整っていないで、同じ木でも若干の違いがあります。葉の形はヤマボウシの方が丸みを帯びます。比べて見ると同じにしか見えなかった植物でも違いを見つけることができます。
posted by クラマ at 15:35| Comment(0) | 自然観察・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: