2017年04月08日

トラツグミ、カワラヒワ、シメ。冬から春先に見つけた野鳥3種類。

野鳥はすぐに逃げられてうまく撮影できないので、どちらかというと苦手になります。しかもカメラはコンパクトデジカメなのでなおさらです。トラツグミは運よく2メートルほどに近づくことができました。落ち葉と区別ができないほど周りの色に溶け込んでいカメラで覗き込んでみると、どこにいるのか分からなくなるほどでした。手間取ってしまい1枚のみの撮影になってしまいました。トラツグミは不思議なうろこ模様が印象的な野鳥です。近くで見られてよかったです。カワラヒワは農耕地や空き地などで冬場は群れで活動しています。小さくてかわいい綺麗な鳥で、アクセントになっている黄色が特に可愛い野鳥です。 シメは撮影できないでいる野鳥です。雄のはっきりした体色の写真を追加したいと思っている所です。頭がでかくて嘴の太いズングリとした体形の可愛い野鳥です。シメは横顔を見ないと雄と雌の区別がつかない鳥です。トラツグミ、カワラヒワ、シメを調べてみました。
★トラツグミ ヒタキ科。別名は鵺(ヌエ)、ヌエコドリ、オニツグミ。全長29〜30センチ。ツグミ類の中では大型です。留鳥。トラツグミは夜行性で雌雄同色。薄い黄色や薄いオリーブ色のような地色に黒いうろこ状の模様が見える独特な模様をしていて、腹部の地色は白い色をしています。名前の由来は、この模様を虎柄に見立てて付いた名前だと思います。山地の林に生息しています。夜に不気味な鳴き声で夜に鳴くことで知られています。鳴き声は「ヒー、ヒー」とか「ヒョー、ヒョー」のように聞こえます。この鳴き声は、昔は鵺(ヌエ)という日本の妖怪の声とも言われていました。トラツグミの鳴き声は、気持ちの悪い笛の音のように聞こえる、およそ可愛くない鳴き声で、鳥の声だと思う人はいないと思います。分布は北海道(夏鳥)、本州、四国、九州。林の中に住んでいてめったに明るい開けた場所には出てきません。餌は主にミミズや昆虫類。木の実なども食べる雑食性です。
トラツグミに似た名前の野鳥にツグミがいます。名前は似ているのですが模様は違います。ツグミは当ブログ「ヒヨドリ、ツグミ、ムクドリ、ハクセキレイ。春に見つけた野鳥4種類。」でも紹介しています。大変良く似たオオトラツグミはヒタキ科で国の天然記念物で奄美大島にいる亜種です。数が非常に少なく絶滅が心配されているそうです。トラツグミよりもわずかに大型になるそうなので、大きさは全長は30〜31センチ程だと思います。個体差もあるのでトラツグミとほぼ同じような大きさになるのではないのでしょうか。
トラツグミ.JPG
トラツグミです。うろこ模様をした変わった鳥です。この日は夜行性のトラツグミに会えてラッキーでした。枯草のある地面ですとどこにいるのか分からない見事な迷彩色になっています。目が意外と大きくて可愛い顔をしています。撮影地、神奈川県横浜市、こども自然公園。
★カワラヒワ アトリ科。普通種。留鳥。嘴は白っぽい肉色で太くて短いです。尾と翅の部分には黄色い色が見えます。スズメ位の大きさで全長は14〜17センチでオリーブ褐色(ウグイス色)に見える体色をしています。雄と雌はよく似ていますが見分け方は、雄の場合は背中と腹部に茶色が見えます。つがいでいると分かりやすいのですが、雌は体の色が雄よりも淡く頭部上面の灰色は雄より濃く見えます。分布は北海道、本州、四国、九州。積雪のある地方では冬季に南下します。低地から低山地に生息。冬には群れを成して生活しています。住宅地、農耕地、河原、公園、草地などで見られます。カワラヒワは植物の種が大好きな野鳥です。色々な植物の種を餌にします。神奈川県では宅地化が進み減少種になっています。似た種にオオカワラヒワがいます。オオカワラヒワとカワラヒワの違いは3列風切羽に見られる白い部分の違いですが、肉眼ではよっぽど良く見ないと当方には分かりません。この白く見える幅が広く見える方がオオカワラヒワになるのですが、個体差があるので判別は難しいです。基本的なオオカワラヒワの白く見える部分が大きい個体でないと判断しかねてしまいます。写真を撮って確認しないと同じに見えてしまいます。オオカワラヒワはカワラヒワの亜種で、日本には冬鳥として訪れます。オオカワラヒワは北海道、本州、四国、九州で見られます。
カワラヒワ1.JPGカワラヒワ2.JPG
カワラヒワの雄です。色が濃い体をしています。撮影地、神奈川県海老名市。
★シメ アトリ科。漂鳥または冬鳥。北海道で繁殖して秋に本州に渡ります。全長18〜19センチ。シメの特徴は、全体的に茶褐色の体色をしていて、嘴が太くて短いので頭が大きく見えます。嘴の色は冬場では白っぽい色をしていますが、夏場には黒っぽい色に変わります。嘴の下(のどの部分)は黒く、尾羽が短いのでズングリとして見えます。シメは雑食性で昆虫類はもちろん、太い丈夫な嘴で硬い木の実の種も割って食べることができます。嘴で鋏む力が強く30キロを超えるそうです。アトリ科の中では1番鋏む力が強いそうです。平地から山地の雑木林の林内、や落葉樹や混成林の樹林帯に生息していますが、公園、市街地、人家の庭にもやってきます。分布は北海道(夏鳥)、本州、四国、九州、沖縄。本州北部では繁殖もしているようです。北海道以外では冬鳥として訪れます。シメは雑食性で昆虫類、果実を食べます。シメの雄と雌の見分け方は、雌は色合いが薄く、風切羽の1部が灰色で、目先の色が黒くなく褐色をしていることです。嘴の下(のどの部分)は黒く見えます。雄のシメは全体の色合いが濃く、目先も嘴の下(のどの部分)も黒く見えます。1番わかりやすい相違点は目先に見える黒い部分なので、真っ黒い方が雄と覚えておくことです。
シメ雄.JPG
シメの雄です。分かりにくい写真になってしまいましたが目先が黒いです。縁がなくシメは見る機会の少ない野鳥になっています。神奈川県横浜市、南本宿第三公園。
posted by クラマ at 00:35| Comment(0) | 自然観察、野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: