2016年10月06日

アラゲカワキタケ、キヒダタケ、キララタケ。個性派のキノコ3種類です。

アラゲカワキタケ、キヒダタケ、キララタケの紹介です。この3種類はどれも個性のあるキノコです。アラゲカワキタケは紫色が見える綺麗な幼菌の状態で見たことが無かったので、感激してしまいました。淡い紫色が美しいです。見るからに硬そうな粗い毛で覆われた様子が名前によくあっています。しかもこの菌は乾燥してがちがちになっていることもよくあるので、なるほど上手い名前がついている菌(キノコ)だなと感心してしまいます。以前はヒラタケ科であったものがタマチョレイタケ科になりました。キヒダタケは1種1属の菌です。以前は食用とされていましたが、現在は毒菌の仲間入りをしています。毒性は弱いのですが、人により中毒を起こします。毒性は胃腸系の毒になります。イグチ科なのに傘の裏がヒダになっている変わり者です。キララタケはその名からも連想されるように、傘の表面に雲母(うんも)に例えられる白くて可愛い小さな粒がある綺麗な菌です。名前に付いているキララとは雲母の別名になります。よく似た菌にコキララタケがありますが、コキララタケの根元に黄色(黄金色)のオゾニウムがあることで見分けることができます。この3種類は見つけて観察すると個性的で面白いです。アラゲカワキタケ、キヒダタケ、キララタケを調べてみました。
★アラゲカワキタケ タマチョレイタケ科カワキタケ属。幼菌の紫色が美しいキノコです。群生して生えていて傘が開いた状態ですと、ヒラタケにも似て見える時があります。以前はヒラタケ科になっていたようです。通例不食。幼菌時は紫色がかかっていて、形も美味し層に見えるキノコです。毒はないようですが、肉質が硬く、通例は食べられることはありません。名前のように傘には粗い毛がびっしりと生えています。柄にも毛が生えています。成長すると淡い紫色から淡い褐色を帯びた黄土色に変わってしまいます。乾燥するのも早いようです。次の日にはカチカチに乾いてしまいました。湿気がないとすぐに乾燥してしまうようです。アラゲカワキタケは春から秋にかけて発生しますが、初夏から秋の時期の発生が多いようです。クヌギ、コナラなどの広葉樹の枯れ木、切株から発生します。傘の大きさは2〜5センチ。ロート状をしていて、ヒダは密になっています。強靭な肉質を持ち、傘の表面には粗い毛が密生しています。ヒダは水生で、柄は中心からずれて付きます。傘の周囲(縁)は内側に巻き込まれています。幼菌時は傘の部分はへこんでいません。成長とともにラッパ状、ロート状に広がっていきます。さらに成長すると広がりは強くなっていきます。 アラゲカワキタケは材の白ぐされを起こします。大きな株になって群生することが良くあります。
アラゲカワキタケ1.JPGアラゲカワキタケ2.JPGアラゲカワキタケ3.JPG
上、アラゲカワキタケです。1番上は幼菌です。傘の形は平らで幼菌時には窪んでいません。中、傘が成長して開いてきた所です。傘は中心からではなく、中心からずれた位置で漏斗状に近い形で広がっていきます。下、乾いてしまうと見るも無残な姿になってしまいます。見た目の通りに硬くなってしまいます。アラゲカワキタケの特徴は幼菌時から毛深いキノコで傘から柄まで毛がびっしりと生えていることです。幼菌時の紫色は淡くて綺麗です。トチの樹の切株上に出ていました。
★キララタケ ヒトヨタケ科ヒトヨタケ属。食べようと思えば食可能な毒キノコです。毒成分はトリプタミン。小型のキノコで以前は幼菌を食用にしたそうですが、ヒトヨタケの仲間には毒があることが知られていて、お酒と1緒に食べると中毒を起こすことが有名です。夏から秋にかけて広葉樹の枯れ木、切株、埋もれた朽ち木などから群生または単生します。名前に付いているキララとは好物の雲母(うんも)の事です。幼菌時にある傘表面の白い鱗片(細粒)を雲母に見立てた名前がついています。幼菌は本当に可愛くて綺麗です。傘は2〜4センチ。卵型から円錐形、最後には開いていきますが、キララタケはヒトヨタケ科のキノコなので寿命が速く尽きてしまいます。最後は黒色に変色して幼菌からは想像できない姿になってしまいます。柄は細くて色は白色や淡黄白色で中空。柄の長さは5〜8センチ。ツバはありません。傘の色は黄褐色や薄い灰色、成菌は茶色、淡黄褐色など色の薄いものから濃いものまであります。傘の表面には細い溝線があります。傘は他のヒトヨタケ科の菌のように完全に黒色化して溶けることはありません。
キララタケ1.JPGキララタケ2.JPG
キララタケです。キララタケは幼菌の白い鱗片がついている時が綺麗で可愛いです。成長すると雲母に例えられる白い鱗片はなくなってしまいます。広葉樹の枯れ木に単生していました。2枚は同じ菌です。
★キヒダタケ イグチ科キヒダタケ属。美味しそうな色をしていますが、胃腸系の中毒を起こす毒キノコです。古い図鑑では食菌でしたが、弱毒が見つかり毒キノコになりました。中毒は体質により起きます。試してまで食べる価値はないと思います。あえて危険を冒さないことをお勧めします。キヒダタケは名前の通り綺麗な黄色いヒダをしています。ヒダは水生。ヒダの間隔は疎になっています。イグチ科のキノコなのにヒダになっている変わり者です。キヒダタケ1種だけでキヒダタケ属を構成しています。この特徴は上から見た状態では分かりません。傘の表面は地味な、ありふれた茶褐色、オリーブ色をしています。傘表面はビロード状になっています。下を(ヒダ)見ると美しい黄色になっています。傘の大きさに対して柄が細いことも特徴になります。発生は夏から秋にかけてブナ科の広葉樹林の林内地上に発生します。菌根を作る菌根菌。傘は3〜10センチ。柄の長さは3〜8センチで中実。柄にはツバは無く縦線が入りますが、縦線が見えないか、もしくは見えにくいものもあります。綺麗なキノコなので毎年探してしまいますが、私の観察している公園では発生が少ないので、中々綺麗な良い状態で出会うことができないでいます。キヒダタケは菌根菌なので出る場所は決まっています。繁殖も菌根を作れる樹がないと増えることはありません。
キヒダタケ1.JPGキヒダタケ2.JPG
キヒダタケです。名前の通りにヒダが黄色いキノコで、上から見ると大変地味な色をしたキノコです。スギの枝が写りこんでいますが、スギとコナラが生えている地上から発生していました。傘の裏の黄色が綺麗な菌です。撮影地はいずれも神奈川県横浜市、こども自然公園。



posted by クラマ at 20:52| Comment(0) | キノコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: