2016年07月11日

ホシオビコケガ。地衣類を食べて育つ白地に黒い斑紋の有るコケガです。

ホシオビコケガ(ヒトリガ科コケガ亜科)は白地に黒いドットの有る地味でも可愛い配色の白と黒の小さなガです。白い色の翅に見える黒い斑紋を星に見立てたことが名前の由来になったようです。ホシオビコケガはコケを食べて育つ変わり者のガで、コケガの仲間の蛾になりす。コケガの仲間は綺麗な配色をしたガも多く、魅力的なガの種類になります。ホシオビコケガも地味な配色ながらも上翅に並んでいる黒い斑紋は可愛いです。コケと言っても正確には地衣類(ライケン)を食べます。どのような種類の地衣類を食べるのかは分かりませんが、私の観察エリアでは、レプラゴケから発生しています。レプラゴケは木の樹皮(樹幹等)や岩、石垣などの表面に発生する樹上生、岩上生の地衣類で、薄く岩や樹皮に張り付いていて、とても餌として利用されるようには見えません。神奈川県では6月下旬から7月初旬に探すと幼虫、蛹、成虫のホシオビコケガを同じ発生場所で見ることができます。ホシオビコケガは年2〜3化するガなので、この時期に観察すると面白いです。1回目に発生する成虫は大型になります。それ以降の個体は小さくなります。ホシオビコケガは灯火にも集まってくるガなので、壁などにとまっているとコケガの仲間には見えないと思います。普通種ですが食性が地衣類になるため、餌の有る場所を探して見つけないと意外と見ることの少ない種類になると思います。湿り気の有る場所に生息していることが多いです。ホシオビコケガには個体差があります。大きな斑紋の変異は無いようですが、見比べると黒い斑状の斑紋(ゴマダラ状に見える黒斑)の大きさに違いが見られる個体もいます。翅の色は白く見える個体が多いのですが、やや茶色を帯びた翅の色をした個体もいます。古くなった個体では斑紋が薄くなって他の種類のガに見えてしまうこともあります。ホシオビコケガを調べてみました。
レプラゴケについては当ブログ「コガネゴケ、レプラゴケ。粉状のカビのように見える地衣類です。」で紹介していますので、レプラゴケに興味があるお方は写真が載っているので、こちらもご覧になってみてください。
★ホシオビコケガ ヒトリガ科コケガ亜科。普通種。白地に黒い斑紋が特徴の小型のガです。ホシオビコケガの名前の由来は、黒い斑紋を星に例えて付けられた名前のようです。開帳20〜28ミリ。分布は北海道、本州、四国、九州、対馬、屋久島。雄と雌の違いは触角に現れ、雄の触角は繊毛状、雌は糸状になるようです。触角を体の下に隠してとまっていることが多く、見た目での触角による雌雄の確認は難しいです。発生時期は5〜10月(5〜6月。8月、9〜10月)年2〜3化で、2、3化は小型化します。斑紋の変異は小さいのですが、若干の個体差が見受けられます。平地から低地に生息。幼虫は地衣類を餌にします。どの種類の地衣類を食べるのかは分かりませんが、私の観察エリアではレプラゴケを餌としています。コケガの仲間なので、おそらく成虫は餌を食べないと思われます。成虫は灯火に集まります。幼虫は黒と黄色の配色で、体には棘が生えています。若齢のうちは黄色い部分が多く、終齢(13ミリ)になると黄色い部分は少なくなります。蛹は糸で囲まれた中に入っていて、羽化した成虫はこの糸を破って出ていきます。越冬は幼虫で越冬します。
ホシオビコケガ1.JPGホシオビコケガ2.JPG
ホシオビコケガです。「星の帯」、洒落た名前が付いている小型のガです。上、白い色が強く、黒い斑紋がはっきりしているタイプ。下、薄い茶色を帯びていて、斑紋の大きさが小さいタイプ。レプラゴケの上にとまっています。この中間のタイプのホシオビコケガモいます。大きな差ではないのですが比較すると面白いです。
ホシオビコケガ幼虫1.JPGホシオビコケガ幼虫2.JPG
ホシオビコケガの幼虫です。若齢ほど黄色い部分が広く、終齢に近づくと黄色い部分が少なくなって、やや黒っぽく見えてきます。幼虫の体には沢山の棘が生えています。上の幼虫は黄色い部分が多く見えています。レプラゴケの上にいます。下の写真の幼虫は終齢で黒味が強い黒っぽい体になっています。下に見えている地衣類はヘリトリゴケです。岩上生の痂状地衣です。これは餌にすることはできないでしょう。
ホシオビコケガ蛹1.JPGホシオビコケガ蛹2.JPG
ホシオビコケガの蛹です。レプラゴケの表面で蛹になっています。蛹の周りは糸で囲まれた壁で守られています。作りは雑で中が透けて見えます。この糸の壁が破れていないものが、まだ羽化していない蛹になります。
撮影地。神奈川県横浜市、こども自然公園。写真はすべて岩上生のレプラゴケの発生している同じ場所で撮影しました。
posted by クラマ at 13:06| Comment(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: