2016年01月30日

ハナグモ、ワカバグモ、アズチグモ、ガザミグモ。カニグモ科のクモ4種類です。

カニグモ科のクモ4種類の紹介です。この4種類のクモ達(ハナグモ、ワカバグモ、アズチグモ、ガザミグモ)は、花や葉の上にいて獲物が来るのを待ち伏せています。小さなクモですが花や葉の上を探すと見つけることができます。カニグモ科は網を張らない徘徊性のクモになります。動きは緩慢なものが多く、カメラを近づけても怖がって逃げ出すことは少ないです。カニグモ科の特徴として体がやや平たく、脚を平面的に広げて居て、脚は長めになります。ハナグモはその名の通りに花の上によくいます。ワカバグモは花や葉の上で見ることができます。この2種類は数も多く、普通種になるので見たことのある人は多いと思います。緑色を基調とした可愛い色のクモです。アズチグモも葉の上や花にとまっていますが、雄の体色は白い色や黄白色をしている個性派です。小さいので分りにくいかも知れませんが、顔には三角形のサングラスかゴーグルつけたように見える模様があって、なかなかユニークなクモです。ガザミグモはその名前にガザミとついているように、甲殻類のガザミ(ワタリガニ)に似た姿をしています。これらカニグモ科のクモ達には愛嬌があって怖いクモのイメージが湧いてきません。カニグモ科のクモは低い草の上、花や葉の上、枝先、花の近くにいることが多く、獲物の捕らえ方は待ち伏せ型の狩りをします。個体差もあるので探して見ると面白いと思います。クモの発生は過ぎてしまいましたが、カニグモ科のハナグモ、ワカバグモ、アズチグモ、ガザミグモの4種類を調べてみました。
★ハナグモ カニグモ科。 個体数の多い普通種で、網を張らない徘徊性のクモ。長い第1歩脚、第2歩脚を使って獲物を捕らえます。ハナグモは名前のように低い草の上や花で多く見ることができます。幼体は全身緑色をしていて、幼体の時期には雌雄の区別は難しいです。脚を広げて花にとまっている所を良く見かけます。獲物は他の昆虫を待ち伏せて捕える待ち伏せ型の狩りをします。ハナグモの成体の腹背には褐色紋があります。雄の頭胸部と脚は赤褐色をしていて、第1歩脚、第2歩脚には縞模様があります。雌のハナグモの頭胸部と脚は緑色をしています。腹部の色は白っぽく見えます。ハナグモの斑紋には変異が多いです。この褐色の斑紋はドクロに見えたり、宇宙人のグレイに見えたりと様々です。紋の無い無紋型もいます。違った斑紋を持つハナグモを探すのも面白そうです。体長は、雄は3〜4ミリ。雌は6〜8ミリ。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。出現時期は4〜10月(11月)。低山地の日当たりのよい場所を好み、公園、河川敷、草原などに普通に生息しています。産卵期は6〜8月。葉を巻いた巣を作り、その中に産卵します。卵は親が保護します。ハナグモの越冬は成体で越冬します。
★ワカバグモ カニグモ科。 個体数の多い普通種で、網を張らない徘徊性のクモ。都市部から山地まで、広く生息しています。低い草の上や花で多く見ることができます。葉や花の上にいますが、主に葉の上にいて他の昆虫を待ち伏せる待ち伏せ型の狩りをします。体は縦に細長く全身が緑色をした綺麗なクモです。透き通るような緑色、綺麗な黄緑色、淡い緑色をしています。雄の成体は触肢、頭部、胸部、脚の色が桃色(ピンク色)〰赤褐色をしている(色の薄い個体もいます)ので、成熟した雄のワカバグモは頭部前方と第1脚、第2脚の付け根が赤くなる特徴から雌と区別することができます。体長は、雄7〜11ミリ。雌9〜12ミリ。 分布は北海道、本州、四国、九州。出現時期は4〜11月。越冬は成虫で越冬します。秋も深くなってくると緑色の体の色が良く目立ってきます。ワカバグモの成体の雄の赤褐色の個体は、なかなかオシャレで綺麗です。ワカバグモの名前の由来は、若葉の頃に現れる、若葉色をしたクモから来たようです。綺麗な緑色の体色は1見の価値があります。
★アズチグモ カニグモ科。網を張らない徘徊性のクモ。低い草の上や花で多く見ることができます。葉の上などで他の昆虫を待ち伏せる待ち伏せ型の狩りをします。腹部の後方が膨らんだ形をしていて、オニギリを思わせる形をしています。第1脚、第2脚が長いことも特徴になります。体色や斑紋には個体差が多く、雌は白色、黄白色などをしていて斑紋には個体差が多いです。雄は茶褐色をしています。体長は、雄2〰3ミリ。雌6〜8ミリ。分布は本州、四国、九州、沖縄。出現時期は5〜9月。野山の草や低木の葉の上、公園の植え込み、人家付近などにいますが、都市部には少ない種類になります。産卵は7〜8月に行われ孵化は9月になります。越冬は幼体で越冬します。顔には三角形のサングラスやゴーグルにも見える面白い模様があります。顔をマスクで隠しているようにも見えます。アズチグモは個性的な顔をしているクモなのです。アズチグモの最も変わった所は、体の色を変化させることができることです。この色彩変化は短時間では出来ません。2〰3日をかけて行われるようです。例えば黄色い花の上では黄色い体に、白い花の上では白い体の色に色彩を変化させることができます。また紫外線の量でも色彩を変化させることができるようです。周りの紫外線の量により体色を変化させることにより、周囲の色に紛れて獲物を捕らえる(狙う)仕組みのようです。紫外線で色彩を変化させることができるクモには、このアズチグモとヒメハナグモがいます。何とも忍者っぽいクモなのです。
★ガザミグモ カニグモ科。網を張らない徘徊性のクモ。低い草の上や花の上で見ることができますが、花よりも通例、木の上や木の葉の上にいることが多いです。狩りの方法は葉の上などで他の昆虫を待ち伏せる待ち伏せ型になります。ガザミグモは第1脚、第2脚が非常に長く、脚を大きく広げて獲物となる昆虫を待ち伏せします。脚を広げたガザミグモはとても大きく見えます。このガザミグモはカニに似た姿をしています。腹部の左右両脇が大きく張り出していて台形をしています。名前に付いているガザミ(甲殻類のワタリガニ)に似ていてピッタリのネーミングになっています。ガザミグモは雌雄の体色の差がはっきりしているクモで雌雄が別種に見えてしまいます。体長は、雄4〜6ミリ。雌8・5〜12ミリ。カニグモの仲間では大型になります。雄は頭胸部と第1脚、第2脚が黒色。色が濃く光沢があります。雌は全体的に褐色(淡褐色〜褐色、赤褐色)をしています。ガザミグモの体色には個体変化があります。分布は北海道、本州、四国、九州。出現時期は4〜10月。林縁、林道、草原の木や葉の上にいる樹上生、草上性の徘徊性のクモです。越冬は成虫で行われ、樹皮の下に潜っています。
ハナグモ(無紋型)雌.jpgハナグモ2雌.jpgハナグモ追加紋の違うタイプ3.JPGハナグモ紋の違うタイプ4.JPGハナグモ雄・幼体.JPG
上4枚ハナグモの雌です。1枚目はハナグモの雌で無紋型になります。2〜4枚目、ハナグモの雌ですが紋の形がどれも微妙に違う個体です。ハナグモには紋に個体変異があり面白いです。違った紋の形をもつハナグモを見つけるのも楽しいです。個性があって見つけることが楽しくなるクモです。ハナグモは緑色に褐色の紋がある綺麗なクモで、日の当たる花の上にいることが多いので見つけやすいクモと言えます。1番下(5枚目を追加)は雄の幼体です。どうも雄の成体には縁が無いようで、なかなか見つけられません。
ワカバグモ幼体.jpgワカバグモ雌11月雌.jpgワカバグモ雄2.jpgワカバグモ追加(4月).JPG
上4枚、ワカバグモです。1枚目は幼体。2枚目11月に撮影。雌のようです。雌は卵を産んだ後は腹部が細くなってしまうので雄と非常によく似た体形になってしまいます。11月という時期を考えると雌のようです。3枚目、脚に赤い色が見えています。この赤く見える脚が雄のワカバグモの特徴になります。4枚目は4月に撮影した越冬成体です。写真を追加しました。
アズチグモ1.jpgアズチグモ2.jpg
アズチグモです。オニギリの形に似た腹部と顔面の目に部分にある三角形の模様が特徴です。
ガザミグモ雄.jpgガザミグモ雌.JPG
ガザミグモの雄と雌です。上、雄のガザミグモです。建物の壁に居ました。容姿に合った上手い名前が付いていると感心してしまいます。カニっぽく見える面白いクモです。下、ガザミグモの雌です。見ての通り、ガザミグモは雄と雌で色合いが違っています。雌は茶色っぽい体色(淡褐色〜褐色)をしています。ガザミグモは強そうな長くて太い第1歩脚、第2歩脚がひときわ目立っています。第1、第2歩脚は獲物を捕らえるために使われます。大きく広げて待ち構えていると、さらに大きく見えてきます。雌雄ともにがっしりとした体格をしている個性的なクモです。
これらのクモの他の写真が撮れましたら追加していく予定です。
posted by クラマ at 20:15| Comment(0) | 蜘蛛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: