2019年09月05日

アルピニア(ゲットウ)。大型のショウガ科の植物です。

アルピニアにはゲットウ、ハナミョウガ、シェルジンジャーなどの呼び名があります。アルピニアはショウガ科アルピニア属(ハナミョウガ属)の植物で、1般的に総称として呼ばれています。アルピニアの仲間は熱帯アジアを中心に250種ほどがあります。日本に自生している種類にはクマタケラン(ゲットウとアオノクマタケランの雑種とされています)、アオノクマタケラン、ハナミョウガがあります。花が綺麗な種類は観賞用に利用されます。キフゲットウ(耐寒性のある園芸品種)、ゲットウ(インド原産)、黄色い斑入りのフイリゲットウ(ニューギニアのソロモン島原産。)、赤い花のアルピニア・プルプラタ(マレーシア、太平洋諸島原産)別名レッドジンジャー等があります。日本ではキフゲットウ(ゲットウからの園芸品種)が観葉植物として多く植えられています。どの種も大型なので目立ちます。植物の形はショウガ科なので、スーパー等で売られているショウガに似ています。種類が多いので耐寒性は種類によります。耐寒性の強い種類は霜や強い寒さが当たらなければ路地植えでも育ちます。アルピニアの葉は大きく、ホオノキの葉やカシワの葉の様に、防腐効果があるため食物を包むために使われます。香り付けとして葉の香りも利用されます。葉は花材としても使われています。美しい花は切り花に使われるなど利用価値が多いです。種類が多いので花の色には赤、ピンク、黄色、白などがあります。アルピニア(ゲットウ)の仲間は大変種類が多いのですが、ミョウガを大きくしたような植物体なので、この仲間であると推測することができます。大型種になると原産地では4メートル程にもなる種類もある様です。沖縄ではゲットウは野生化していて雑草としても生育しています。ゲットウは近年ではアロマ、防虫剤、化粧水など香りを利用した商品も出てきたようです。アルピニア(ゲットウ)は最近、庭や公園などで見ることが増えてきた植物です。イメージ的にショウガ科というとで、花の美しさはどうなのかなと思われるかも知れませんが、花は綺麗なので見ていて楽しくなります。これから広く知られていく植物になりそうです。
★アルピニア(ゲットウ) ショウガ科アルピニア属(ハナミョウガ属)。ゲットウの他、別名サンニン、シェルジンジャーなどの呼び名があります。常緑多年草。草丈は2〜3メートル。地下茎は横に這って成長します。地下茎から幾つかの偽茎を出します。偽茎の高さ(草丈)は2〜3メートルほどにもなる大型です。香りのよい花は唇形をしていて、白い花を咲かせます。花期は5〜6月で偽茎の先に総状花序を出します。葉は楕円状披針形で大きく長さは50〜60センチ、幅は10〜15センチで互生します。光沢のある深緑色をしています。品種等も多く出ているようですが、見た目がショウガをとても大きくしたような植物です。植物の形を覚えておくとこの種の仲間であることが分かると思います。
アルピニア(ゲットウ)1.JPGアルピニア(ゲットウ)2.JPGアルピニア(ゲットウ)3.JPGアルピニア(ゲットウ)4.JPG
アルピニア(ゲットウ)です。見かける物は1・5〜2メートル程が多いです。沖縄ではサンニンと呼ばれています。このゲットウの別名の名前の由来は、花が咲くまでに3年かかることからきているようです。この写真は道路脇の民家に植えられていたので、葉の芳香等を調べることはできませんでした。きっと良い匂いがするのでしょう。実ての通り、南国の花(植物)とすぐに思い浮かべることができる植物です。花は総状花序です。蕾の沢山付く花は穂状に垂れ下がって見えます。
・アルピニア(ゲットウ)の増やし方と育て方。室内で育てる時は、日の当たる明るい場所を選びます。耐寒性がある方なので、室内ですと寒さには問題ないようです。通例、室外で育てます。冬、5度以下では軒下や室内にいれます。南方系の植物とはいえ、強い直射日光が当たると葉が焼けてしまうことがあります。種類によっては直射日光に弱い種類もあります。乾燥にも強い性質があり、水を与えすぎると根が腐ってしまいます。冬場に室内にいれた場合は、乾燥気味にします。花が咲いた茎は枯れてくるので、鉢植えの場合は根元から切った方が綺麗に見えます。増やしたい場合は株分けや種を蒔いて増やすことができます。種の場合、発芽に1〜2か月かかる様です。鉢で育てる場合は大型になる種類なので、大きなものが良いです。耐寒性のあるキフゲットウも千葉県以西で野外で育てることができます。やはり種から育てるよりも株分けの方が簡単です。
アルピニア(ゲットウ)の仲間は利用価値が多い植物なので、育てる人が増えるのではないのかと思う植物です。花も葉も楽しめるので、これから目にする機会が増えるかも知れません。花色の違う種類や葉が斑入りの種類など、探してみると面白いと思います。
posted by クラマ at 13:38| Comment(0) | 自然観察・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする