2019年06月06日

キアシドクガ。白色でチョウの様に昼間に飛ぶガです。

キアシドクガはドクガ科に属するガですが、成虫にも幼虫にも毒がない無毒のガです。ドクガと言っても、ドクガ科に属する全てに毒があるわけではないのです。毒の無いドクガ科のガです。幼虫は長い毛で覆われている毛虫タイプで、背中には黄色い斑紋が並んでいます。体には長い毛が生えていて迫力があります。見た感じは危険な感じを受けますが、怖がることはありません。キアシドクガの成虫は綺麗な半透明の白い色のガで、幼虫の餌となるミズキやクマノキズキの周りを日中に華麗にヒラヒラとチョウの様に飛び周ります。昼行性のとても綺麗なガで、近くで見ると美しい半透明に見える白色に驚かれると思います。チョウの様にヒラヒラと日中に盛んに飛び回る昼行性のガなので、チョウだと思っている方も多いと思います。蛹はむき出しに見える作り方で、蛹のインパクトも強いです。黄色や薄い黄色をした蛹に、黒い縞や斑紋が入っています。この紋や筋の入り方には個体差があります。蛹もよく見ると綺麗に見えます。キアシドクガは綺麗なガなので、ガという偏見をなくして見ると美しい種類です。毒も無くかぶれることもないので、安心して観察する事ができます。ミズキやクマノミズキを餌にするので、樹を見つけておくと発生時期(5〜6月初め)に見つける確率は高くなります。キアシドクガの名前の由来は、成虫の脚が黄色い色をしていることからきているそうです。似た種類にニレ科のンハルニレに付くヒメキアシドクガがいます。出現は6〜8月。分布は北海道、本州(東北地方北部、中部地方山地)。数は少ない種類になるようです。当方は見たことがありません。サイズはキアシドクガよりも小さくなります。毒を持たないドクガ、普通種のキアシドクガを調べてみました。
★キアシドクガ ドクガ科。開帳は50〜57ミリ。普通種で数も多く出現は5〜6月。発生は年1回。分布は北海道、本州、四国、九州。普通種のドクガです。名前にある様に脚が黄橙色をしていますが、色の濃さ等に個体差があります。発生は年1回。終齢の大きさは35〜40ミリ。幼虫の地色は黒で背面には黄色い斑紋が並んでいます。個体によってこの黄色が薄い個体もいます。幼虫はミズキ科のミズキ、クマノミズキの葉を餌にします。当観察地ではミズキ、クマノミズキで普通に見ることができます。大発生が数年に渡り続くと木が枯れてしまうこともあるそうです。蛹は黄色や薄いクリーム色で黒い斑紋や筋が入っています。蛹は寄生する樹の周りで見つけることができます。蛹になる場所は植樹の他、他の植物や建物の壁周り、杭などあまり場所は選ばないようです。キアシドクガは昼行性で群れを成してチョウの様に食樹の周りを飛び周ります。成虫は灯火にも飛来します。成虫には口吻が無く餌を食べることができないので、成虫としての寿命は短く数日で死んでしまいます。雌雄の区別は触角で分かります。雄の触角は大きくて立派です。鳥の翅の形にも似た櫛歯状です。雌の触角も櫛歯状ですが雄の触角よりもはるかに幅が狭く細く見えます。また、雄のキアシドクガの場合、前翅前縁と翅脈が黒ずんで見えます。キアシドクガが群れて飛んでいると、純白な色をしたチョウの様でとても美しいです。ガの汚いイメージが変わる存在のガです。樹(ミズキやクマノミズキ)の高い所をチョウの様にヒラヒラと飛ぶことが特徴です。翅は柔らかく飛ぶ力が弱いので、同じ白っぽい色のモンシロチョウよりも弱々しく思えます。越冬は卵で越冬します。
キアシドクガ雄1.JPGキアシドクガ雄2.JPG
キアシドクガの雄です。上、羽化したばかりで蛹にぶら下がっています。下、林縁でキアシドクガが飛んでいるのを見ていたら、樹の上から落下してきました。弱っていてほとんど動けません。発生は当方観察地では5月下旬が数が多いです。
キアシドクガ雌.JPGキアシドクガ腹側.JPG
上、キアシドクガの雌です。同じ個体です。撮影のため弱っていたところを持ち帰ったのですが、戻す前に動かなくなってしまいました。ストックしてあった写真を使いました。
キアシドクガ蛹1(横位置に変更).JPGキアシドクガ蛹2.JPGキアシドクガ蛹3.JPG
上はキアシドクガの蛹です。葉の裏や杭や柵などで蛹になっています。場所にはあまりこだわらないようです。見比べても分かるように模様等が微妙に違っています。上、人工物の杭で蛹になっていました。写真は横位置にしました。中、木の杭の手すりの下面に作ってありました。下、葉の裏に作ってあった蛹です。場所は寄生する樹の近くの植物なら何でもよいようです。
キアシドクガ終齢.JPG
キアシドクガの終齢幼虫です。写真は横位置にしてあります。普通はもう少し背部の黄色味が強い個体が多いです。トイレの壁で見つけました。蛹になる場所を探しているようです。成虫、蛹、幼虫を見つけた場所は神奈川県横浜市、こども自然公園。ドクガ科と言っても毒の無い種類の方が多いです。キアシドクガの乱舞は見事で毎年楽しみにしています。ガが苦手でなかったら、蛹の模様の個体差も面白いので観察することが楽しくなる種類だと思います。
posted by クラマ at 20:14| Comment(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。