2018年10月27日

ヤキフタケ。白っぽくて微毛の生えたキノコです。

ヤキフタケはカワラタケの仲間に良く似た白っぽいキノコです。特徴は傘にある微毛です。白っぽいカワラタケに似ている菌類の種類は多くあるので、管孔の様子、傘の肉厚、傘の表面の様子などを調べないと、どれも同じように見えてしまいます。傘の表面の様子や傘の形状にも半円形や扇形など個体差があり、生え方も側生、半背着生、背着生などもあってとても複雑です。詳しく差異をあげていたらきりがなくなりそうです。名前を調べるのを伸ばしていたストックからヤキフタケを引っ張り出しました。ストックを見ていて今回紹介しようと思いました。成長した老菌を比較してと思っていたのですが、数年前から発生していた樹が切られてしまったので、撮影していなかったことを後悔しています。小さな小型ですが発生色の幼菌時はとても綺麗です。ヤキフタケは全国どこにでもある普通種になるのですが、当方には、キノコ類は探すとなると見つかりにくいと思ってしまいがちな存在になっています。ヤキフタケの色は個体差のあるカワラタケなどの仲間と色が似ているものがあって、よく見ないと間違いそうになります。かつては食用とされていて現在は毒キノコになったスギヒラタケ(キシメジ科)と似ていると言われています。スギヒラタケは食べて死亡した人や中毒例が突然発生したという食菌でした。腎臓に障害のある方に死亡例がでた食用キノコです。スギヒラタケにはヤキフタケにあるような不鮮明な環紋(樹の年輪の様に見える模様)はありません。当方はヤキフタケの特徴として、傘の表面にあるフェールトのような短毛と管孔を見て判断しています。通年を通して発生する種類になるので写真の時期とは異なるのですが、紹介の時期は選ばない種類として紹介します。ヤキフタケと似ているザイモクタケが見つかったら追加したいと思っています。
★ヤキフタケ タマチョレイタケ科(タコウキン科)。食不適。ヤキフタケはサルノコシカケ科として紹介されることも多いですが、タマチョレイタケ科と無難にタコウキン科とすることが多いようです。この手の菌は分類がまだ不確実で難しいです。ヤキフタケは無柄で群生します。重なり合うように出ることもあります。子実体は側着生とされていますが背着している個体もありました。この仲間には多様な個体差があるようです。子実体は小型で半円形、扇形などで通年発生します。形からカワラタケの仲間だと推測ができる形をしています。半円型の場合の幅は3〜6センチ程。傘には不鮮明な環紋があります。また傘は白色〜象牙色でフェールト状の短毛(繊維状の短毛)が生えていて、白っぽく見えます。表面には放射状の皺ができます。管孔は多角形で崩れやすい形状をしていて、管孔はふぞろいになっています。同じ管孔面(裏面)でも管孔の様子は迷路状になったり管孔の形の違いがあるものが多くみられます。観察していると分かるのですが、管孔の様子には個体差があります。傘の厚さは2〜3ミリ程で革質をしています。広葉樹の枯れ木に発生します。倒木、立ち枯れなどの他、弱っている樹からも出ていました。老菌になると白い色が目立ってきます。
ヤキフタケ1.JPG
上、ヤキフタケ。広葉樹の倒木からでていました。まだ若い菌です。傘の表面の短毛がフワフワに見えて可愛いです。春ごろは綺麗な幼菌を見ることができます。上のヤキフタケの傘の外縁は茶褐色をしています。下に見える傘は白っぽいです。成長が違うと見え方も変わってしまいます。
ヤキフタケ2.JPGヤキフタケ3.JPGヤキフタケ4管孔.JPG
上、ヤキフタケ。どれも生きている同じアンズの樹から発生していました。上、若い傘の様子です。2枚目、背着しています。普通は扇形か半円形になっていきます。管孔は乱れてつながって見える部分も見て取れます。下、管孔の様子です。これも背着していた個体の管孔です。この写真の管孔はそろって見える方です。発生していたこの樹は弱っていたので翌年切られてしまいました。ヤキフタケには良く似た種類が多く、調べれば調べるほど迷ってしまいそうな菌です。アラゲカワラタケやザイモクタケなどがあります。アラゲカワラタケは管孔が揃っている特徴があります。ザイモクタケは半円形から不規則形の傘で厚さが1ミリで背着生〜半背着生ということです。管孔は角形でしばしば迷路状になるようです。その他、詳しい特徴は分かりませんが、厚みがないので見た目で判断します。
写真で見てもわかるのですが、どこにでもありそうに見えます。この手の菌類は似て見えるものが多いのですが特徴から、ここではヤキフタケで良いと思います。種名は当ブログでは見た目と特徴から判断しています。間違っていたらご容赦ください。
posted by クラマ at 17:10| Comment(0) | キノコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。