2017年08月10日

クジラタケ。整然と並ぶ管孔が魅力的なキノコです。

クジラタケとは変わった名前を持ったキノコだなと、このキノコの名前を聞くと思う人が多いと思いますが、珍しい菌ではなく年間を通して見ることができるキノコです。若い幼菌の白さは驚くほど綺麗に見えます。傘には不明瞭な環紋があり、傘の色には白っぽいもの、灰白色、褐色とバリエーションにとんでいます。普通に見かけることができる普通種なだけに、写真のストックが少なかったことに自分でも驚いてしまいました。クジラタケの魅力は傘の裏の管孔(傘の裏側)にあります。傘の表面は灰褐色や褐色と白さが目立たなくなっても管孔面は白く、綺麗な間隔で開いている管孔は美しく感じます。クジラタケはシイタケのホダギからも出ることがあるそうで、シイタケ栽培家などにとっては迷惑なキノコとなってしまいます。興味のある方は、林や林縁の広葉樹の枯れ木や倒木、切株を探すと見つけることができます。通年見ることができるうえ、傘の表情が違って見えるので探してみると面白いキノコです。なぜにクジラタケと名前が付いたのかは不明です。キノコにはムジナ、キツネ、カワウソ、ウズラ、カニ、スッポンなど動物由来の名前も付いているものがあるので、不思議に思っても深く考えない方が良いと思います。クジラタケはサルノコシカケ科、タマチョレイタケ科、タコウキン科のいずれかの科になっています。まだ正式な科の分類が決まっていない菌類になります。小さな小型の菌でウズラタケがあります。当ブログ「ウズラタケ、ヒメシロアミタケ。白っぽい幼菌が似ています」で紹介しているウズラタケもタマチョレイタケ科やタコウキン科、サルノコシカケ科のいずれかになる菌なので、クジラタケとウズラタケは少しあいまいな立ち位置にいる菌と言えます。今後の科の分類は専門家の研究者の方の見解を待つのみです。クジラタケを調べてみました。
★クジラタケ タコウキン科(タマチョレイタケ科とすることもあります)食毒不明。通例不食。クジラタケの科は正式な科の分類がされていないので、広い意味あいでタコウキン科にするのか、暫定的にサルノコシカケ科とするのかなど、見解がまちまちになっています。このうちのどれかにいずれ決まるだろうぐらいの見解で今のところは良いようです。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。発生は通年で、広葉樹の枯れ木や倒木に発生します。幼菌時は厚みがあり丸みを帯びて白く盛り上がって見えます。傘はほぼ無毛で成長とともに広がっていきます。通例、傘の縁には厚みが残ります。傘は4〜と20センチほどになります。傘の背面は灰白色から淡褐色。成長すると環紋が見えますが、環紋は不明瞭なことが多いです。傘の色には個性がありますが、表面が褐色になっても管孔側は白く、管孔は小さく丸い整った形をしていて綺麗に整った間隔で開いています。肉質はコルク質で乾くと硬くなります。
クジラタケ幼菌.JPGクジラタケ幼菌管孔側.JPGクジラタケ管孔側.JPG
クジラタケです。上、幼菌は丸味があり肉厚で綺麗な白色をしています。ウメの立ち枯れに出ていました。クジラタケの幼菌の発生時はオオミノコフキタケの幼菌にも似て見えますが、白さが際立っています。幼菌の傘の外縁は厚く丸みが強いです。中、上の幼菌を下から見た所です。下、やや成長した別の幼菌を下から見た所です。幼菌のクジラタケは白くて厚みがあり可愛く見えるので大好きです。
クジラタケ環紋.JPGクジラタケ管孔.JPG
クジラタケの傘の表面の感じには色彩や環紋の濃さなどの個体差があります。決め手となるのは管孔を見ることです。このクジラタケは灰白色の傘の色をしています。この色の感じのものを多く見ます。下は同じクジラタケの管孔面です。
クジラタケ傘2.JPG
上は傘の色が褐色の色をしたタイプのクジラタケです。当方観察エリア(神奈川県)では、灰色や灰褐色のタイプを多く見ます。
白色が強いタイプの傘も綺麗です。見つけたら追加する予定です。
posted by クラマ at 01:26| Comment(0) | キノコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする