2017年04月30日

オオクロバエとケブカクロバエ。よく似ていて判別が難しいクロバエ科のハエです。

オオクロバエとケブカクロバエは同じクロバエ科のハエで、非常によく似ています。大きさはオオクロバエの方が1回り大きくなるのですが、個体差があるので大きさでの判別はあてになりません。どちらも大型でクロバエ科の総称としてクロバエと呼ばれています。自然公園などで動物の糞などに集っている所を見ることができる普通種になります。糞や動物の死骸などに群がることから、病原菌を運ぶ衛生的には汚いハエになりますが、花の蜜も吸いに来ることがあります。オオクロバエとケブカクロバエは日本全国に分布していて、外見上の特徴は大型で体の黒っぽく見える種類になります。どちらも存在感のある大きなハエで、養鶏所など畜舎などが近くにあると簡単に見つけることができます。どちらも成虫で越冬する寒さに強い種類のハエなので、冬にも見ることがあります。他のハエの種類と見分ける方法には、剛毛と翅脈を確認することが必要になってきます。ハエにはそれでも全く判別できない種類も多いので、少しでも正確なハエの科や名前を知りたかったら、デジカメ等で写真を撮りまくっておくと良いと思います。両種は綺麗な色をしているでもなく、汚いものに集まる衛生上良くない存在なので関わり合いになりたくない人が多いと思います。幼虫はウジと呼ばれていて、気持ちが悪い形をしていて、1般的には成虫、幼虫共に好かれる存在ではないと思います。魚釣りをされる人には「サシ」と言ってウジを釣り餌に使うことがあるので、抵抗はないかも知れません。オオクロバエとケブカクロバエを調べてみました。
★ケブカクロバエ クロバエ科。普通種で大型。体長8〜13ミリ、ガッチリとし多体格の大型のハエです。胸背に4本の黒い条線が見えるます。名前の通りに毛深いハエで、翅の前縁内側に剛毛が生えています。横溝内剛毛はありません。成虫は動物の死骸や糞、花の花粉、腐った果実も餌にします。花にくる場合は香りの臭い花を好むようです。幼虫は動物の死骸や糞から発生します。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。出現期は3〜11月(夏場には見られなくなります)。越冬は成虫で行いますが、低温に強く冬季にも活動します。ケブカクロバエはクロユリの花にも訪れるそうで、クロユリの臭い匂いに誘われるようです。生態も姿も非常によく似た種類に普通種のオオクロバエがいます。基本的にはオオクロバエの方が大きいのですが、個体差があることから見た目だけでは判断できない厄介な種類です。よく似たオオクロバエと比べると、複眼の幅は雌雄共にケブカクロバエの方が広くなるようです。とは言え、とまっている所を普通に見ても、その差が分かるほどではありません。
ケブカクロバエ雄1.JPGケブカクロバエ2.JPG
上、ケブカクロバエ。ケブカクロバエとオオクロバエは大変良く似ていて見分けが難しいです。見分け方は写真に撮って横溝内剛毛の有無を調べます。剛毛も脱落することもあるので、確実なのは交接器を確認することが良いと思います。等ブログでは交接器は確認していません。
★オオクロバエ クロバエ科。体長は9〜14ミリと大型の普通種。特徴は胸背部に見える4本の縦条はケブカクリバエよりはっきりしていないことと、腹部には青や緑色がかかった黒い色や青藍色をしていることです。横溝内剛毛があります。体は丸みがあり太く、しっかりとしていて高い飛翔力をもち長距離の移動も可能です。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。出現期は3〜11月(夏場には見られなくなります)。成虫は動物の死骸や糞、花の花粉、腐った果実も餌にします。越冬は成虫で行います。ケブカクロバエもオオクロバエも普通にいて病原菌を運ぶ担い手となっているハエになります。どちらの種類も畜舎、特に養鶏所が近いと沢山生息しています。ケブカクロバエとオオクロバエは低温にも強く冬季にも活動します。越冬形態は成虫越冬する種類なのですが、他の種類のハエが見えない冬時でも見ることができる寒さに強いハエです。オオクロバエは東北地方や北海道に多い種類になり、低地よりも高地に多く生息しています。暑さに弱い北方系のハエと言えます。そのため沖縄では温度の低い2〜3月に多く見られます。オオクロバエとケブカクロバエは肉眼で見ても区別ができないほど良く似ています。
オオクロバエ、雄.JPGオオクロバエ横溝内剛毛あり.JPGオオクロバエ雌(クロバエ科)1.JPG
オオクロバエです。両種の見分け方は横溝前翅内剛毛の有無になります。ケブカクロバエにはありません。両種は写真で見ても分かるように個体差があるため体色(色彩)も似ていて、見た目での判断は不可能に近いと思います。雄の複眼は接近していて、雌の場合は複眼が離れています。上、オオクロバエの雄。灰色に見える体色をしています。体に灰色の粉がついていること等により、見る角度で灰色が濃く見えることがあります。雄がこのような体色ではないということです。中、下。雌のオオクロバエです。ハエの仲間の多くは複眼を見て雌雄を判別できることが特徴になっています。
ハエは分類が分からないものや、名前を調べることがあまりに困難なことから、本当は避けたい昆虫なのですが、他の昆虫が見つからなかったときなどは、良い被写体になるので思わずカメラを向けてしまいます。
posted by クラマ at 03:26| Comment(0) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

ヤマブキ(山吹)、ヤエヤマブキ(八重山吹)、シロヤマブキ(白山吹)。ヤマブキとシロヤマブキは似た植物ですが属が違う別種になります。

ヤマブキは春に似合う花です。ヤマブキの花を見ることを楽しみにしている人は、思いのほか多いのではないのでしょうか。ヤマブキの花が咲くと細く伸びた枝に浮かび上がるヤマブキ色の可憐な花が、実に良く人の眼を引き付けます。葉の色も優しい緑色で、視覚的に春を感じさせてくれます。ヤマブキは花も葉も風情のある日本的な植物であると思います。細長い枝に咲いた黄色い可憐な花が、風に揺らいでいる様子から「山吹」と呼ばれる名前の由縁になったそうです。ヤマブキ色という色の名前もヤマブキから付いた名前のようです。シロヤマブキは1見、ヤマブキとよく似ていますが、属の違う別種になります。見た目の違いは花を見れば分かります。見た目の通り白い花のヤマブキに見えますが、花弁の枚数に違いが現れます。ヤマブキの場合、花弁が5枚の5弁花で、シロヤマブキは花弁が4枚の4弁花になります。またシロヤマブキは花とともに黒くてツヤのある4個の種が枝についているのを見ることができます。花の形もよく見ると、ヤマブキのように平たく広がらないで、ややつぼんで見える特徴があります。ヤマブキを調べていると基本5枚の花びらを持つ5弁花なのですが、花びらが6枚、7枚、8枚の花が混ざっているにを見つけました。花の数が非常に多い園芸品種で簡単に見つけることができました。良く名前を間違っているなど混同されているのが、花色が白いシロバナヤマブキとシロヤマブキです。この2種は別属になります。ヤマブキと八重咲のヤエヤマブキ(八重山吹)は花を見れば区別がつきます。ヤエヤマブキは園芸品種になります。ヤエヤマブキと、よく似たヤマブキとシロヤマブキを調べて見ました。ヤマブキとシロヤマブキは当ブログ「花の色が違う、白い花のキランソウを見つけました。キランソウ、ジュウニヒトエ、セイヨウキランソウ(アジュガ、セイヨウジュウニヒトエ)、ヤマブキ、シロヤマブキ、タンポポも調べてみました。」で紹介していて2度めの登場になります。
★ヤマブキ(山吹) バラ科ヤマブキ属の落葉低木で高さ1〜2メートル。原産地は日本、中国。分布は北海道、本州、四国、九州。湿気を好み日当たりのある明るい山地の渓流沿いや林の脇に生育しています。庭木や公園などにも植樹されていて良く見かけますが、花が咲いていないと意外と気が付かれないようです。耐寒性、耐暑性ともに強く、病気もほとんどない丈夫な植物ですが、乾燥にはやや弱い性質を持っています。バラ科ヤマブキ属はヤマブキ1種で構成されている1属1種の植物になります。花期は4〜5月。茎も枝も細く、細長く伸びた弱々しい枝に花を付けます。枝先は垂れ下がっています。花弁は5枚の5弁花になります。花は平たく開いて咲きます。花は1重咲きの花と、八重咲の2種類のヤマブキがありますが、八重花のヤエヤマブキ(ヤエヤマブキ)は園芸品種になります。ヤエヤマブキの花はヤマブキより少し遅れて開花します。園芸品種のヤエヤマブキ(八重咲のヤマブキ)の場合、実は結実しません。花の色はヤマブキと同じ黄色で、ヤマブキ色と言われている色です。1重のヤマブキの場合は数年おきに結実するそうです。実は5個付きます(5分果)。葉は鮮やかな緑色をしています。葉の長さは4〜8センチで幅は2〜4センチ。葉の形はややハート型をしていて倒卵形や、やや長細く見える卵形をしています。葉の先端は細長く鋭く伸びています。葉の縁には細かい鋸歯があります。この鋸歯は重鋸歯と呼ばれるもので、葉の縁の鋸歯状に見える部分にも小さな鋸歯がついて見えるものです。葉の生え方は互生になります。ヤエヤマブキと同じく、白い花を咲かせる白花品種にシロバナヤマブキがあります。花には個体差で薄いクリーム色が入っている花もあるようです。やはり花弁はヤマブキと同じ5弁花になります。白い花の咲くヤマブキでも、良く似たシロヤマブキとは花弁の数で見分けることができます。シロヤマブキの場合は4弁花になります。間違いやすいと思いますが、シロバナヤマブキと言ってもシロヤマブキとは違う種類になるのです。シロバナヤマブキはヤマブキ属で、とシロヤマブキはシロヤマブキ属になります。しばしば混同されていて、シロヤマブキをシロバナヤマブキと呼んでいる人も多いようです。黄色い花をつけるヤマブキでも、公園などで見かける花数のとても多い園芸品種もあります。自生している本来のヤマブキは木を覆う程の花は付けません。ヤマブキは増やそうと思ったら、挿し木や株分けで増やすことができます。挿し木には枝の先端、10〜15センチを湿らせた赤土や赤玉に刺して増やすことができます。2〜3月(前年の枝)と10〜11月頃(新しい枝)が良いとされています。種からの発芽はかなり確率が悪いようです。種はシロヤマブキと違ってとても小さいです。
ヤマブキ5弁.JPGヤマブキ6弁.JPGヤマブキ7弁.JPGヤマブキ8弁.JPGヤマブキ葉.JPG
上、ヤマブキの花です。花弁の枚数が違うものを見つけました。花数の多い園芸品種に花数の多い花が多く混ざっていました。簡単に見つけることができました。日当たりの悪い場所に生育しているヤマブキの花数は少なくなるようです。1番上が基本の5弁花(花びらが5枚)で下に行くにつれて、花びらが6枚、7枚、8枚と花弁が多くなっています。品種改良されているヤマブキで、花を木の枝に沢山つけるタイプに花びらの数に変異が出やすいようです。1番下は葉の様子です。鋸歯の切れ込みは深めです。葉の色は淡い緑色で柔らかい質感に見えます。園芸品種は枝に沢山花をつけるので、木全体が黄色く覆われて華やかです。撮影地。神奈川県横浜市、南本宿公園。
ヤエヤマブキ.JPG
上、ヤエヤマブキ(八重山吹)の花です。葉は花の左下に見えています。八重咲のヤエヤマブキの開花はヤマブキよりも少し遅れて咲き始めます。撮影地。神奈川県海老名市。
★シロヤマブキ(白山吹) バラ科シロヤマブキ属の落葉低木。原産地は日本、中国。分布は本州、四国の限られた地域(広島県、岡山県、島根県、香川県、福井県)に稀に自生しています。高さ1〜2メートル。園芸種として公園や庭木などに植えられているので良く知られていますが、自生種としては1属1種で絶滅危惧種になっています。樹形や花が似ていることからシロヤマブキと名前が付いたようです。本来、日陰を好む植物のようですが、公園などでは日向でも丈夫に育っています。やや湿り気のある土質を好むようです。シロヤマブキの葉は葉脈がはっきりしています。葉は対生で重鋸歯になります。葉の長さは4〜10センチ。葉の幅は2〜5センチで卵形をしています。葉の先は尖ります。ヤマブキの場合は葉は互生で重鋸歯になります。葉の特徴はよく見るとヤマブキと違っているので、見分ける判断材料になります。ヤマブキの場合は葉は互生で重鋸歯になります。花期は4〜5月。花数が少なく、新しい枝の先に1個の白い花が咲きます。花の花弁は4枚。花の後には4個の実が残り(4分果)、赤褐色から黒色に色が変わっていきます。この実は長く付いていて花の咲く時期にも見ることができます。花の咲く時期の種はツヤがあって綺麗です。実の付きがよくツヤのある黒い種は目立ちます。シロヤマブキは耐寒性、耐暑性ともに強く病気にも強い丈夫な種類になります。耐寒性が強いので北海道でも生育が可能です。
ヤマブキとシロヤマブキの違い、見分け方は花と葉を見比べます。花の色を見るとすぐに分かります。名前の通り、白い花を咲かせる方がシロヤマブキでヤマブキ色(黄色)の花を咲かせる方がヤマブキです。シロヤマブキには似た名前の白い花を咲かせるシロバナヤマブキがありますが、属が違う別種になります。花はヤマブキ、シロバナヤマブキが5枚の花弁を付けることに対して、シロヤマブキの花弁は4枚になります。葉の生え方もヤマブキ、シロバナヤマブキは互生、シロヤマブキは対性になります。シロヤマブキには種が非常に長くついていることも最大の特徴になります。シロヤマブキの増やし方は簡単で、種からの発芽はかなり良いようです。種を蒔いて増やすこともできますが、挿し木や株分けが1般的になるようです。ヤマブキと同じく挿し木は2〜3月と10〜11月頃が良いとされています。枝は選ばないようです。種を蒔く場合は十分に熟した黒くてツヤのあるものを使います。発芽率は高いようですが、早く花を見たかったら挿し木の方が良いです。
シロヤマブキ花.JPGシロヤマブキ葉.JPGシロヤマブキ実.JPG
シロヤマブキです。花はヤマブキよりもしっかりとしていて、花弁には厚みを感じます。花は花びらが4枚の4弁花です。この花びらの数を覚えておくと、5弁花のシロバナヤマブキと区別がつきます。中、葉の様子です。鋸歯はかなり尖っています。上のヤマブキと同じ日に撮影したものですが、ヤマブキよりも葉の色は濃い緑色をしています。また花が枝の先について咲いていることもシロヤマブキの特徴になります。下、花が咲いている脇には黒いツヤのある種があります。大きくてツヤのある可愛い種です。どの木も、どの枝にもかなりついているのですが、種だけなので鳥にとっては食用価値がないようで、全く食べられていません。撮影地。神奈川県横浜市、南本宿公園。当方、実物のシロバナヤマブキは見たことがありません。撮影できた際には追加したく思っています。ヤエヤマブキも調べてみました。
★ヤエヤマブキ バラ科ヤマブキ属の落葉低木で高さ1〜2メートル。園芸品種。花期は4〜5月。ヤマブキと同じ色の花を付けます。花は側枝や枝先に1個付いています。花には沢山の花びらがつく重弁花になります。ヤマブキの花には雄しべと雌しべがありますが、ヤエヤマブキの花には雄しべと雌しべは見えません。雄しべが変化して花弁になっています。実(種)はできません。葉は重鋸歯で互生します。葉の長さは4〜8センチでヤマブキとほぼ同じです。葉の形はややハート型をしていて倒卵形や、やや長細く見える卵形をしています。葉の先端は細長く鋭く伸びています。種を作ることができないヤエヤマブキは地下茎を伸ばして繁殖するので、普通、増やす場合は株分けで増やすことになります。挿し木もできます。分布は北海道、本州、四国、九州。林縁に生えているそうですが当方は林縁等、公園や庭以外では見たことがありません。野外に逃げ出していることは推測できますが、種のできないヤエヤマブキが自然林の林縁にあるものなのか、いささか疑問です。ヤエヤマブキは観賞用として公園や庭に植えられていて、探せば見つけることができます。耐寒性、耐暑性ともに強く病気もほとんどない丈夫な植物です。日陰〜日向まで大丈夫ですが、育つ環境は湿った所を好みます。地下茎で増えていくことと、ヤマブキよりも立ち上がるので、ヤマブキよりもしっかりとして見えます。似た花を観察するのも楽しいです。
posted by クラマ at 16:56| Comment(0) | 自然観察・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

トラツグミ、カワラヒワ、シメ。冬から春先に見つけた野鳥3種類。

野鳥はすぐに逃げられてうまく撮影できないので、どちらかというと苦手になります。しかもカメラはコンパクトデジカメなのでなおさらです。トラツグミは運よく2メートルほどに近づくことができました。落ち葉と区別ができないほど周りの色に溶け込んでいカメラで覗き込んでみると、どこにいるのか分からなくなるほどでした。手間取ってしまい1枚のみの撮影になってしまいました。トラツグミは不思議なうろこ模様が印象的な野鳥です。近くで見られてよかったです。カワラヒワは農耕地や空き地などで冬場は群れで活動しています。小さくてかわいい綺麗な鳥で、アクセントになっている黄色が特に可愛い野鳥です。 シメは撮影できないでいる野鳥です。雄のはっきりした体色の写真を追加したいと思っている所です。頭がでかくて嘴の太いズングリとした体形の可愛い野鳥です。シメは横顔を見ないと雄と雌の区別がつかない鳥です。トラツグミ、カワラヒワ、シメを調べてみました。
★トラツグミ ヒタキ科。別名は鵺(ヌエ)、ヌエコドリ、オニツグミ。全長29〜30センチ。ツグミ類の中では大型です。留鳥。トラツグミは夜行性で雌雄同色。薄い黄色や薄いオリーブ色のような地色に黒いうろこ状の模様が見える独特な模様をしていて、腹部の地色は白い色をしています。名前の由来は、この模様を虎柄に見立てて付いた名前だと思います。山地の林に生息しています。夜に不気味な鳴き声で夜に鳴くことで知られています。鳴き声は「ヒー、ヒー」とか「ヒョー、ヒョー」のように聞こえます。この鳴き声は、昔は鵺(ヌエ)という日本の妖怪の声とも言われていました。トラツグミの鳴き声は、気持ちの悪い笛の音のように聞こえる、およそ可愛くない鳴き声で、鳥の声だと思う人はいないと思います。分布は北海道(夏鳥)、本州、四国、九州。林の中に住んでいてめったに明るい開けた場所には出てきません。餌は主にミミズや昆虫類。木の実なども食べる雑食性です。
トラツグミに似た名前の野鳥にツグミがいます。名前は似ているのですが模様は違います。ツグミは当ブログ「ヒヨドリ、ツグミ、ムクドリ、ハクセキレイ。春に見つけた野鳥4種類。」でも紹介しています。大変良く似たオオトラツグミはヒタキ科で国の天然記念物で奄美大島にいる亜種です。数が非常に少なく絶滅が心配されているそうです。トラツグミよりもわずかに大型になるそうなので、大きさは全長は30〜31センチ程だと思います。個体差もあるのでトラツグミとほぼ同じような大きさになるのではないのでしょうか。
トラツグミ.JPG
トラツグミです。うろこ模様をした変わった鳥です。この日は夜行性のトラツグミに会えてラッキーでした。枯草のある地面ですとどこにいるのか分からない見事な迷彩色になっています。目が意外と大きくて可愛い顔をしています。撮影地、神奈川県横浜市、こども自然公園。
★カワラヒワ アトリ科。普通種。留鳥。嘴は白っぽい肉色で太くて短いです。尾と翅の部分には黄色い色が見えます。スズメ位の大きさで全長は14〜17センチでオリーブ褐色(ウグイス色)に見える体色をしています。雄と雌はよく似ていますが見分け方は、雄の場合は背中と腹部に茶色が見えます。つがいでいると分かりやすいのですが、雌は体の色が雄よりも淡く頭部上面の灰色は雄より濃く見えます。分布は北海道、本州、四国、九州。積雪のある地方では冬季に南下します。低地から低山地に生息。冬には群れを成して生活しています。住宅地、農耕地、河原、公園、草地などで見られます。カワラヒワは植物の種が大好きな野鳥です。色々な植物の種を餌にします。神奈川県では宅地化が進み減少種になっています。似た種にオオカワラヒワがいます。オオカワラヒワとカワラヒワの違いは3列風切羽に見られる白い部分の違いですが、肉眼ではよっぽど良く見ないと当方には分かりません。この白く見える幅が広く見える方がオオカワラヒワになるのですが、個体差があるので判別は難しいです。基本的なオオカワラヒワの白く見える部分が大きい個体でないと判断しかねてしまいます。写真を撮って確認しないと同じに見えてしまいます。オオカワラヒワはカワラヒワの亜種で、日本には冬鳥として訪れます。オオカワラヒワは北海道、本州、四国、九州で見られます。
カワラヒワ1.JPGカワラヒワ2.JPG
カワラヒワの雄です。色が濃い体をしています。撮影地、神奈川県海老名市。
★シメ アトリ科。漂鳥または冬鳥。北海道で繁殖して秋に本州に渡ります。全長18〜19センチ。シメの特徴は、全体的に茶褐色の体色をしていて、嘴が太くて短いので頭が大きく見えます。嘴の色は冬場では白っぽい色をしていますが、夏場には黒っぽい色に変わります。嘴の下(のどの部分)は黒く、尾羽が短いのでズングリとして見えます。シメは雑食性で昆虫類はもちろん、太い丈夫な嘴で硬い木の実の種も割って食べることができます。嘴で鋏む力が強く30キロを超えるそうです。アトリ科の中では1番鋏む力が強いそうです。平地から山地の雑木林の林内、や落葉樹や混成林の樹林帯に生息していますが、公園、市街地、人家の庭にもやってきます。分布は北海道(夏鳥)、本州、四国、九州、沖縄。本州北部では繁殖もしているようです。北海道以外では冬鳥として訪れます。シメは雑食性で昆虫類、果実を食べます。シメの雄と雌の見分け方は、雌は色合いが薄く、風切羽の1部が灰色で、目先の色が黒くなく褐色をしていることです。嘴の下(のどの部分)は黒く見えます。雄のシメは全体の色合いが濃く、目先も嘴の下(のどの部分)も黒く見えます。1番わかりやすい相違点は目先に見える黒い部分なので、真っ黒い方が雄と覚えておくことです。
シメ雄.JPG
シメの雄です。分かりにくい写真になってしまいましたが目先が黒いです。縁がなくシメは見る機会の少ない野鳥になっています。神奈川県横浜市、南本宿第三公園。
posted by クラマ at 00:35| Comment(0) | 自然観察、野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする