2016年09月25日

キタキチョウ。黄色い翅をした綺麗なキチョウです。

キチョウはシロチョウ科キチョウ属の黄色い色の翅をしたチョウです。とても綺麗な黄色い翅の色をしたチョウです。翅の色が黄色いので分かりやすいチョウです。キチョウは現在、ミナミキチョウ(キチョウ)とキタキチョウの2種類に分けられました。キチョウは雄の方が濃い黄色をしています。キタキチョウとミナミキチョウの外見での判断はとても難しいです。神奈川県で見られる黄色いチョウはキタキチョウになります。飛び方はモンシロチョウは高い所も飛んでいますが、どちらかというと低い所を飛んでいます。飛び方はモンシロチョウが直線的に見えることに対して、フワフワと小さく上下に動いて飛んでいるように見えます。本州ではキタキチョウに似ているチョウにはモンキチョウ、ツマグロキチョウがいます。ツマグロキチョウは絶滅している県もあるほど数の少ない珍しいチョウになっています。モンキチョウは名前の通りに翅に紋がある黄色い色をしたチョウです。この翅の紋の特徴により見分けることができます。キタキチョウは普通種になりますが見つけると嬉しくなる綺麗な黄色い色をしているチョウです。キタキチョウを調べてみました。
★キタキチョウ シロチョウ科。 開帳35〜45ミリ。出現は3〜11月(3〜4月に見られるものは越冬した個体です)。キタキチョウは普通種で発生は年4〜5回。分布は本州(秋田県、岩手県以南)、四国、九州、沖縄。平地から低山地まで広く生息しています。林縁、河原、草原、自然公園など。雄の翅色は雌よりも鮮やかになります。ペアでいた場合、翅の色が鮮やかな方が雄になります。翅裏には小さな黒点が見られます。成虫は様々な花の蜜。幼虫はマメ科のハギ類(ナツハギ、ミヤギノハギ、メドハギ、マルバハギなど)、ハリエンジュ(ニセアカシア)、アカシア、ネムノキの葉を食べます。キタキチョウには夏型と秋型がいます。夏型は翅の外側縁が黒く縁どられています。秋型の翅の色は黄色をしています。時期により夏型と秋型の中間的な中間型もいます。前翅、後翅とも外縁は黒く縁どられていますが、秋型では縁に少し残るかほとんどなくなります。発生する時期により少しづつ黄色い翅の色に違いがあるわけです。キタキチョウ は集団で湿地やどいう物の糞から水分を吸っている所を見ることがあります。飛び方はやや弱く見え、フワフワと飛ぶ感じに見えます。高い所は好まず地面の低い所を飛んでいる所をよく見ます。キタキチョウは低い草や木の葉の裏に止まることが多く、目立つ黄色い翅をしていても見過ごしてしまうことがあります。
越冬は成虫で越冬します。越冬するのは秋型の個体になります。冬でも暖かい日は飛ぶことがあり、時季外れのチョウに驚かされることがあります。キタキチョウの秋型は数が多くなります。恐らく寒冷地では冬を乗り切れないで死んでしまう越冬固体も多いことから、個体数を増やす仕組みが備わっているものと思われます。
キタキチョウによく似たチョウにツマグロキチョウ、モンキチョウがいます。ツマグロキチョウはカワラケツメイ、アレチケツメイの葉を食べます。食草が限られていて、翅の表面の縁には黒色の帯と、後翅には不明瞭な暗褐色、茶褐色の線条(筋)が見えます。秋型では前翅の先端が尖る特徴があります。ツマグロキチョウはキタキチョウよりも小型になります。ツマグロキチョウは残念ながら神奈川県では絶滅してしまいました。全国的にカワラケツメイの減少などにより、激減、または絶滅が進んでいる珍しい種類になっています。キタキチョウとミナミキチョウ(キチョウ)は大変良く似ていて、外見的な判別は難しいです。見分け方は前翅の縁毛の色を見ます。キタキチョウの縁毛の色は黄色をしています。もっとも神奈川県ではキタキチョウしかいないので、判別に苦労することはありません。モンキチョウには翅に丸い紋があることで見分けることができます。他によく似た黄色いチョウに、タイワンキチョウがいます。キタキチョウ、ミナミキチョウと大変良く似ていますが、沖縄(八重山諸島の石垣島と西表島)にいる種類なので神奈川県にはいません。間違える心配は有りません。3種が生息している地域での判別は困難を極めると思います。違いは縁毛に違いが出るようです。キタキチョウの縁毛は黄色。ミナミキチョウの縁毛は褐色をしていますが、タイワンキチョウの縁毛は黒褐色をしているようです。しかし古い個体などでは、毛が取れている場合もあります。野外において肉眼で確認することは実際にはほぼ不可能なことになります。野外での縁毛の確認は難しいので、デジカメ等で撮影して確認する方法が良いと思います。
キタキチョウとミナミキチョウには細菌が共生していることが知られています。
・キタキチョウと体内共生細菌ボルバキア(Wolbachia)の関係。
キタキチョウ、ミナミキチョウには体内共生細菌ボルバキア(Wolbachia)がいます。ボルバキアは雄を雌に性転換させることで子孫を残していきます。雄が感染した場合には雌に性転換してしまう、感染した雄が死んでしまう、単為生殖するという生殖の異常を起こしてしまいます。つまり、性別の決定が知らないうちに体内の最近にコントロールされているのです。ボルバキアは母性遺伝する細菌です。母性遺伝とは精細胞の関与は受けないで卵細胞だけで遺伝する仕組みのことです。母親の(雌性生殖細胞)の遺伝によるものだけの繁殖をしているのです。関東以南のキタキチョウには1種類。種子島、沖縄本島に生息しているキタキチョウには性操作をする2種類のボルバキアが寄生していることから90%が雌化してしまうようです。知らないうちに寄生されているチョウにしてみたら、性別などどうでもよいことなのかも知れませんが、少し気の毒な気がしてきます。チョウに限らづボルバキア(Wolbachia)は他の昆虫にも寄生しているものが多いようです。
モンキチョウも調べてみました。
★モンキチョウ シロチョウ科。開帳40〜50ミリ。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。土手、河原、草原、牧草地、畑地、公園などの開けた場所に生息しています。出現は3〜11月。発生は年2〜6回で寒冷地でも2回発生します。モンキチョウの特徴は黒い縁取りの有る白い紋がある。黄色い翅に斑紋の有るチョウです。翅の黄色はキタキチョウのように鮮やかではなく淡い黄色をしています。雄の翅の地色は黄色。雌には黄色と白色の2型があります。非休眠幼虫で越冬します。幼虫の主食はマメ科のシロツメクサ、アカツメクサ。他にミヤコグサ、レンゲ、クサフジなどのマメ科の植物を餌にします。春型と夏型の2タイプがあります。
キタキチョウ1.JPGキタキチョウ2.JPGキタキチョウ前翅縁毛3.JPGキタキチョウ4変異タイプ。.JPG
キタキチョウです。上(1枚目)黄色の色が強く出ています。黒い細かい黒点、黒斑もあるので雄のキタキチョウで良いと思います。撮影地、神奈川県大和市、憩いの森。2枚目、雌のキタキチョウ。後翅の第3翅脈端付近で角度がついて見えます。3枚目、2枚目と同じ個体の翅の縁の拡大です。縁毛が黄色い色をしていることが分かります。この縁毛の色がキタキチョウの特徴になります。撮影地、神奈川県横浜市。4枚目(1番下)の写真の個体では、普通は後翅を見ると後ろ側で尖って見えるのですが、角度が浅く丸みを帯びています。どうやら後翅(第3翅脈端付近で角が出る部分)の角度の浅いタイプがいるようです。この個体はキタキチョウの翅の形の個体変異のようです。撮影地、神奈川県横浜市、南本宿第三公園。キタキチョウの雄と雌の違いや、季節型による違いからくる微妙な色の具合が面白いです。同じ黄色でもそれぞれに美しさを感じることができます。・比較のためにもモンキチョウの写真が撮れましたら追加する予定です。
posted by クラマ at 23:13| Comment(0) | 蝶・蛾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

ニホンカナヘビ(カナヘビ)とヒガシニホントカゲ(トカゲ)。青い尻尾のヒガシニホントカゲと茶色くて尻尾が長いニホンカナヘビです。

ニホンカナヘビ(カナヘビ)とヒガシニホントカゲ(トカゲ)はよく見かけることができる日本固有の爬虫類です。どちらもひっくるめてトカゲと呼ばれていることが多いです。よく見かける種類なので日本固有種の爬虫類ということが意外に思えてしまいます。カナヘビの正式名はニホンカナヘビでカナヘビ科になります。カナヘビは名前にヘビが付いていますがヘビではありません。ニホントカゲはヒガシニホントカゲとニホントカゲの2種類に分かれました。こちらはトカゲ科になります。科が違うのですがよく似ています。この3種は外敵に襲われると尻尾を切り離して逃げ出すという、とんでもなく恐ろしい方法で敵から逃げ出す方法を取ります。この習性は自切と呼ばれています。切り離された尻尾はまるで生きているかのように、暫くは動き回っています。ホラー映画のようでトラウマになりそうな光景です。子供の頃にこの自切を見て、衝撃を受けたことを覚えています。またモズに串刺しにされた「モズのはやにえ」を見つけることも良くありました。ミイラのようになったトカゲが木の枝や木の棘に刺さっているものです。最近では見ていません。これはモズが減ったからなのでしょうか。このモズが行う習性は、食べるための習性で、枝に刺して獲物を食べるそうです。長時間枝に刺されて、ミイラ化しているものも多く見ることがありましたが、乾燥したものは食べないので、そのまま放置した食べ残しの獲物のようです。モズの獲物の多くはバッタ、ガなどの昆虫類を餌として捕らえ、トカゲ、カエル、小型のヘビは少ないようです。ニホンカナヘビ もヒガシニホントカゲも変温動物なので、体を温めるために日向ぼっこをしている所をよく見ます。爬虫類は苦手な人も多いと思いますが、どちらの種類も人に害を与えることはない動物です。ニホンカナヘビ(カナヘビ)とヒガシニホントカゲ(トカゲ)を調べてみました。調べてみると違いが分かってきて面白いです。
★ニホンカナヘビ 別名カナヘビ。他にも別名は多く、カガミッチョ、カガメッチョなど沢山の呼び名があります。カナヘビ科カナヘビ属。日本固有種。カナヘビにはまぶたがあります(ヘビにはありません)。昼行性で全長16〜27センチ。分布は北海道、本州、四国、九州。平地から低山地、草原や庭、川岸の土手などに住んでいます。出現期は4〜11月。体は細長く見えます。尾が長く全体の3分の2程の長さがある。同じ種類でも北海道のカナヘビの尾は短くなり、南方の(最南)カナヘビの場合は長めになります。背面は灰褐色〜褐色、腹面は黄白色〜黄褐色をしています。体側に見られる黒褐色の色帯は鼻孔の上から眼を横切って、尻尾の付け根まで続いています。さらに目の下から始まる同色の色帯の2本の帯が見えます。耳の色が黒っぽく見え、大きさはニホントカゲよりも大きくなります。舌はヘビのように二又になっています。幼体は黒褐色をしています。草地や林縁部に多い。ニホントカゲよりも行動範囲が広く樹上2メートル程は登るそうです。食性は動物性が主で、コオロギなどの昆虫、クモ、ワラジムシ、ダンゴムシなどの節足動物を餌にします。産卵は草の根際などに産み付けられます。産卵数は2〜8個程。産卵回数は2〜3回。子供の頃は草原で産み付けられた卵をよく見ました。卵は乳白色で楕円形をしています。卵は産み落としたまま放置されます。良く知られていることですが、外敵に襲われるとトカゲなので尻尾を身を守るために自ら切る行動(自切)を取ります。切り離された尻尾は切られた後も生きているように動き回ります。自ら切り離した尻尾の部分は数カ月で再生されます。餌の状態や生活環境が悪いと再生する期間は長くなってしまいます。再生された尻尾は次からは自切 できなくなるようです。再生した尻尾には骨もなく、自切する仕組みも失ってしまいます。再生した場合は元の尻尾よりも短くなってしまうことが多いそうです。カナヘビの皮膚は乾燥して見えます。ザラザラしている感じです。春は体温を上げるため、石垣や石の上で日向ぼっこをしている所を見ることができます。ヒガシニホントカゲと違い、孵化した子供の色は黒褐色に見えます。成体になるまでに1年かかります。ニホンカナヘビ(カナヘビ)には外敵が多く、ヘビ、トリ、ネコなどに襲われます。モズに木の枝や木の棘に刺された「モズのはやにえ」がありますが、最近では見る機会が無くなってきました。爬虫類なので脱皮をして大きくなりますが、ヘビのように全身の皮を脱ぎ捨てるのではなく、断片的に皮が剝がれていきます。この脱皮の仕方はヤモリも同じになります。越冬は地中や朽ち木の中、倒木の下などに丸まって潜み越冬します。寿命は4〜5年程のようです。飼育下ですと寿命は延びて10年生きるものもいるようです。身体的な特徴は、灰色の背面をしていて、体つきが細く見え尻尾が長いです。尻尾はヘビのようにも似て見えます。肌の質感はカサカサと乾いて見えます。ニホンカナヘビは東京都で絶滅危惧U類、千葉県で準絶滅危惧類になっています。
ニホンカナヘビ1.JPGニホンカナヘビ2.JPGニホンカナベビ幼体.JPGニホンカナヘビ3.JPG
上はニホンカナヘビです。ニホンカナヘビは小さな恐竜を思わせる精悍な体と顔つきをしています。皮膚もザラザラな乾燥肌で小さくても迫力のある体をしています。いずれも別個体です。下2枚は幼体です。1番下の写真は幼体ですが全身を写したものです。いかに尻尾が長いかがお分かりいただけると思います。
★ヒガシニホントカゲ 別名トカゲ。トカゲ科。日本固有種。昼行性で体長は15〜25センチでツヤの有る体をしています。成体と幼体で別種に見えるほど違ってしまいます。
成体と幼体の違いは、ヒガシニホントカゲの幼体は金属光沢のある青色や青紫の色をした尻尾の色をしています。体には縦縞が5本見えます。成体になると褐色の体色になり、尻尾の青色は消えてしまいます。体側面に太い暗褐色の太い縦縞(縦帯)が1本になります。(ただし雌にはこの尻尾の色が残るものもいるようです。成体になるまでに2〜3年かかります。雄の方が成体になる期間は短いようです。身体的な特徴としては、成体も幼体にも縦縞があることです。頭部から尾にかけて暗褐色の縦縞(帯)があります。体つきは ニホンカナヘビよりもズングリとして見えます。雄は繁殖期には色が変わります。喉の周辺や腹部がオレンジ色に見えてきます。ニホンカナヘビ と違い、舌先は分かれていません。肌の質感はツヤツヤしています。幼体の尻尾は金属光沢のある青色に見えます。雌の場合、成体になっても尻尾の色が残ることが多いようです。寿命は良く分かっていないようですが、長いと10年ほど生きるようです。
出現期は4〜11月。ニホントカゲはヒガシニホントカゲとニホントカゲに分かれました。境界線となるのは福井県、滋賀県、三重県、和歌山県のあたりです。この辺りの地域を境に東に生息しているのがヒガシニホントカゲ。西に生息しているのがニホントカゲ。ヒガシニホントカゲ の分布は伊豆諸島を除く本州(福井県、滋賀県、三重県、和歌山県以北)、北海道。低地から高地にかけて生息していて、民家の石垣や石の割れ目の有る石積み、ブロック塀の隙間。山地の岩場、林縁や林の道の脇、草原などを住処にしています。日の当たる斜面、日向ぼっこがしやすい場所で見つけることができます。性格は臆病ですぐに物陰に逃げ込んでしまいます。この2種類の分類は2012年にDNA の違で分かれたようです。外見では頭部の前額板の形に違いが出るそうです(私は関東なので比較したことがありません)。混在する地域では、この違いを確認する必要が有ります。確認する部位は小さいので、捕まえて確認しないと分かりません。ニホントカゲは前額板が接していて、ヒガシニホントカゲの前額板は離れています。 餌は肉食性でコオロギなどの昆虫やミミズ。クモ、ワラジムシ、ダンゴムシなどの節足動物を餌にします。ヒガシニホントカゲの繁殖期は4〜5月。産卵は5〜6月に石の下や倒木の下に作られた巣穴に5〜15個の卵を産みます。親は卵が孵化するまで守ります。ヒガシニホントカゲ の外敵としてヘビ、トリ、ネコなどがいます。外敵から襲われると身を守るために、自切という自ら尻尾を切り離す習性があります。切り離された尻尾は暫くは活発に動き回り、外敵の眼をそらせることに使われます。自ら切り離した尻尾の部分は数カ月で再生されますが、餌や生育環境が悪いと再生に期間がかかってしまいます。再生した尻尾は自切 できなくなるようです。再生した尻尾には骨もなく、自切する仕組みも失ってしまいます。再生した場合は元の尻尾よりも短くなってしまうことが多いそうです。日当たりの良い斜面の土中の巣穴で冬眠します。
ヒガシニホントカゲ1.JPGヒガシニホントカゲ2.JPGヒガシニホントカゲ拡大.JPG
上3枚、ヒガシニホントカゲです。上、成体の写真です。中、まだ子供のヒガシニホントカゲです。青や青紫に光って見える尻尾が綺麗です。写真からも体にツヤの有ることが良く分かります。1番下はこの写真では見にくくなっていますが、頭の部分(額)の拡大です。前額板が離れています。前額板とは目と目の間にある大きな鱗の先端に接している2個の鱗の部分です。この部分の違いで非常によく似ているニホントカゲと判別することができます。
ヒガシニホントカゲ再生.JPG
ヒガシニホントカゲの切れた尻尾が再生されている個体の写真がストックの中から見つかりましたので追加しました。尻尾に見えている綺麗な青紫色が途中で切れています。色の途切れたところから先が再生された部分になります。白っぽく(やや半透明に見えるような白色)短い尻尾が再生されて生えています。長さは、やはりもともとの長さよりも短くなっています。再生部の太さもひと回り細く見えます。見る人によって幼体の青紫色の尻尾を持ったトカゲは気持ち悪いと言われてしまうようですが、個人的には綺麗な色だと思っています。
posted by クラマ at 11:46| Comment(2) | 自然観察・動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

オオアオイトトンボ。緑色の金属光沢を持つ日本最大のイトトンボです。

オオアオイトトンボは大型の美しい緑色の金属光沢をしているアオイトトンボ科で最大のイトトンボになります。よく似た種類にアオイトトンボがいます。アオイトトンボも大きいのですが、名前の通りにオオアオイトトンボの方が大きいです。オオアオイトトンボは金属光沢が強く、胸部の側部にも金属光沢がアオイトトンボよりも強く見えます。また雄のアオイトトンボの胸部の脇には、白い粉を吹いたように見えることで、両種の違いを見ることができます。カワトンボにも似て見えるものがいますが、カワトンボは科が違う種類になります。オオアオイトトンボは木立で木陰ができている池や沼、湿地に生息しているイトトンボです。産卵は樹の枝に卵を産み付けることから、低い樹の生えている水辺の薄暗い日陰に多い種類になります。普通種ですが、北海道では数が少なく絶滅危惧類になっています。飛び方は弱く、大人しく優しい飛び方をします。眼の色には地域により色彩の変異があるようです。撮影しようとカメラを近づけると臆病ですぐに逃げてしまいますが、水辺からあまり離れることが少ないので、じっと動かないで待っていると近くに来てとまってくれます。イトトンボの仲間のヤゴ(幼虫)は細長い体つきをしています。ヤゴの時から成虫の体に似たような細い体格をしています。オオアオイトトンボを調べてみました。
★オオアオイトトンボ アオイトトンボ科。アオイトトンボ科最大の大きさを誇るイトトンボです。体長は41〜51ミリ。美しい緑色の金属光沢が特徴です。細いトンボですが、とても綺麗な金属光沢のある体色をしています。雄と雌は似ていますが、尻尾の先が細くスマートに見える方が雄で、膨らんで見える方が雌になります。出現は5〜12月。年1化になります。神奈川県の当方の観察エリアでは9〜10月になるとペアでくっついて飛んでいます。分布は北海道、本州、四国、九州。北海道では準絶滅危惧類になっています。木立の茂っている池や沼、湿地などにいます。秋に産卵は行われます。卵は多くは水面にかかった樹の枝に産み付けられます。越冬の方法は卵で行われます。樹の枝に産み付けられた卵はそのまま越冬し、翌春、孵化した卵から孵った幼虫が地面に落下して水に入り込みます。成虫は小型の昆虫(ユスリカなどの飛翔性昆虫)を捕らえて食べる肉食性です。幼虫(ヤゴ)も小型の水生生物を捕らえて食べる肉食性で、オオアオイトトンボの幼虫(ヤゴ)はとても細長い体をしています。オオアオイトトンボは昼行性ですが移動性は弱いです。水辺の近くの薄暗い林縁や、林内に移動することはあります。オオアオイトトンボ がとまるときには、翅を半開きにしてとまるという習性があります。
アオイトトンボ属の4種(オオアオイトトンボ、アオイトトンボ、コバネアオイトトンボ、エゾアオイトトンボ)はよく似ています。この似た種類の判別方として次の比較をすることができます。
エゾアオイトトンボは北海道(広く産するも局地的)、本州の中部以北に生息しています。本州以南では オオアオイトトンボ、アオイトトンボ、コバネアオイトトンボが生息しています。この3種の違いは腹節の末端(尻尾の先端部)の節の色(白い粉を吹いたように見えています)で オオアオイトトンボとアオイトトンボ、コバネアオイトトンボを区別することができます。オオアオイトトンボは第10腹節だけが白くなっています。アオイトトンボ、コバネアオイトトンボの場合は第9、10腹節が白くなっています。またアオイトトンボの雄の場合は、胸部の脇に白い粉を吹いたように見えることで判別できます。ただし未成熟のアオイトトンボにはまだこの白く見える粉はありません。白く見える粉がない雌のアオイトトンボの場合は胸の脇を見ます。アオイトトンボの場合は、胸の脇にある緑色の金属光沢をした部分が第2側縫線にわずかに接しています(届いていない場合が多いようです)。 オオアオイトトンボの場合は緑色の金属光沢をした部分が第2側縫線に広く接しています。コバネアオイトトンボの場合は緑色の金属光沢をした部分が第2側縫線に全く届いていません。雌の場合では、雌のコバネアオイトトンボの尻尾の先端の膨らみは、他2種と比べると、あまり膨らんでいません。
オオアオイトトンボ、アオイトトンボの胸の脇の緑色の金属光沢部の違いとしては、中胸部前側下板に違いが現れます。分かりやすく言うと、これは第2脚(中間の脚)の上部に金属光沢が見えるのがオオアオイトトンボ。第2脚の上部に金属光沢が見えない方がアオイトトンボということになります。
エゾアオイトトンボとアオイトトンボは翅を見て区別ができるようです。エゾアオイトトンボとアオイトトンボの場合は翅の縁にある、翅の縁紋が細長い方がアオイトトンボで、縁紋の長さは幅の3倍ほどになるそうです。
色々と違いを挙げてみましたが、これは実際にはデジカメ等で撮影して拡大して見ないと、肉眼では区別しにくいというのが本当のところになります。
分布はアオイトトンボは北海道、本州、四国、九州。エゾアオイトトンボは北海道、本州の中部以北。 コバネアオイトトンボは本州、四国、九州。ただしかなり数が減ってきている種類で、絶滅、絶滅危惧T類、U類、準絶滅危惧に多くの県が指定している珍しい種類です。
オオアオイトトンボ1.JPGオオアオイトトンボ2.JPGオオアオイトトンボ拡大.JPG
オオアオイトトンボです。肉眼で見るオオアオイトトンボは金属光沢のある緑色が実に綺麗なアオイトトンボ科のトンボです。写真では上手くこのトンボの美しさを写すことが難しいことが残念です。さらに体の細いトンボなので、中々ピントを合わせることが難しいです。公園のとても小さな池と小さな湧水が流れ込むわずかな水辺に生息していました。池の周りのトクサや低木の枝にとまっていました。1番下、胸の脇の部分の拡大です。この角度での撮影が精1杯でした。細い体をしているのでピントを合わせることが難しいです。産卵は秋に行われることから10月頃がオオアオイトトンボを見つけやすい時期になります。撮影地、神奈川県横浜市、南本宿第三公園。
posted by クラマ at 21:49| Comment(0) | 昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする