2016年02月26日

スエヒロタケ、普通に生えている人に寄生するキノコです。

スエヒロタケ(末広茸)の名前の由来は、形が末広がりに広がって見えることから付いた名前のようです。乾燥時の縮んだ形の傘は、猫の手の形に似て見えることからネコノテと呼ばれることもあるようです。スエヒロタケはどこにでもある、ごくありふれた普通種のキノコですが、人体に寄生して生えることが確認されているキノコとしても知られています。体の体表ではなく人体内部の気管支部に胞子が着床して発芽します。つまり食べることによって起こる中毒ではなく、空気と1緒にスエヒロタケの胞子を吸い込むことで人体に危害を及ぼす、意外な形で脅威となる珍しいタイプになります。普通の毒キノコとは違った原因で危険なキノコとなる訳です。体内でキノコが発生したら厄介なことになることは安易に想像がつきます。なぜキノコが人体に生えてくるのか?そんな話は聞いたことがないというのが1般的な話なのですが、このスエヒロタケは人体の免疫力に対する抵抗力が強いため、普通のキノコでは感染しない(キノコは人体内で繁殖できない)のですが、スエヒロタケでは非常に稀ですが感染してしまうのです。体内に菌が繁殖してしまうと排除することが難しくなってしまうことから、大変厄介な病気といえます。感染のリスクのある人は、免疫力の低下している人(あるいは免疫力が極度に低下している状態の人)ということができます。気管支に発生することから、慢性気管支炎を患っている方、過去に結核を患った方にもリスクはある様です。その他、免疫力が低下するような病気にかかっている方にもリスクはあります。人体に寄生するキノコにはスエヒロタケとツキヨタケがあります。スエヒロタケは乾燥すると形が猫の手を思わせる可愛い形になります。別名をネコノテという可愛い1面も持っています。人に寄生することができるキノコ、スエヒロタケを調べてみました。スエヒロタケは当ブログ2度目の登場になります。ブログの記事「春に見つけたキノコ。ヒイロタケ、スギカワタケ、スエヒロタケ、タマキクラゲ、シロキクラゲ、カニタケ。」の中でも取り上げて紹介していますので、宜しかったらこちらもご覧くださいませ。
★スエヒロタケ スエヒロタケ科。名前の由来は傘の開いた様子が、末広がりに見えることからのようです。別名にネコノテというのもあります。傘が縮れた様子が猫の手に見えることからのようです。不食。分布は北海道〜沖縄。世界的に普通に見られる1年生の普通種のキノコです。日本では食べることはありませんが、この革質で硬いスエヒロタケを外国では食べる国があるようです。生えている場所は、低山地、平地の林内、公園、庭などでも発生しています。通年見ることができるのですが、発生は主に春〜秋にかけてが多く、針葉樹や広葉樹の枯れ木、倒木、切り株、枯れ枝など。用材やシイタケのホダギからも出ることがあるようで、樹種や材に関係なく発生するようで生え方は群生します。スエヒロタケは革質で硬く乾燥すると縮んで外に反り返ります。雨などで水分を取り入れると元に戻ります。傘の表面は白色〜灰褐色、淡紫灰色で粗い毛を密に生じていて傘の外縁には放射状の深い切れ込みがあります。傘の表面には環紋があることもあるようです。柄がなく肉質は強靭です。傘の幅は1〜3センチ。形は半円形〜扇形。傘の裏はヒダになっています。ヒダの色は白色〜灰白色をしていて、成菌では淡褐色、帯紫褐色になっていきます。小さいのですが幼菌時は粗く白い毛が密生していて可愛く見えます。白い毛に覆われている幼菌時のヒダは白色ですが、成長して淡褐色や帯紫褐色になったヒダの色にも不思議な美しさを感じます。ヒダの縁は縦に裂けて2枚ずつ重なって見えます。ヒダが2重になっていることと、成菌の傘の縁が深く切れ込んでギザギザに見えることがスエヒロタケの特徴になっています。このスエヒロタケは免疫力の極めて落ちている状態であると、人体内に侵入して成長することが知られています。胞子が肺や気管支で成長して菌糸を発生することで、「肺スエヒロタケ感染症」と言うアレルギー性気管支肺真菌症を引き起こしてしまいます。発症すると完治が難しい非常に稀な病気になります。スエヒロタケの「肺スエヒロタケ感染症」は健康な状態で有れば感染する危険はありません。極端に人体の免疫力が落ちていない限り、人体には外部から侵入してくる胞子うなどに対抗する機能があるので、胞子を大量に吸い込まなければ感染するようなことはありません。スエヒロタケは人体内に寄生するキノコ(菌)として報告されたことで知名度は上がってきているようです。慢性疾患などで体力、抵抗力が落ちている方、不安な要因、心配がある方は森林内には入らない方が無難かもしれません。スエヒロタケは広葉樹、針葉樹を問わず幅広い樹種から発生するうえ用材や木の杭などからも発生します。水分を含むと元の大きさに戻ることから、雨の上がった各種林内を探すと普通に見つけることができます。似た菌に最近、仮称でヒロハスエヒロタケという菌があるようです。まだ見たことはありませんが、特徴はヒダの間隔が広いことのようです。今後はヒダも確認して見ることで、この種を見つけることができるかもしれません。スエヒロタケは無柄と、どの図鑑にも記されていますが、柄のあるものも見受けられます。傘の形にも変わったものが有り、個体差がある菌のようでもあります。
スエヒロタケ幼菌.JPGスエヒロタケひだB6.JPG
上、幼菌の様子です。毛は粗くトゲトゲして見えます。幼菌時には白い毛で覆われていますが、古くなると毛が取れやすくなって抜けていきます。白い毛玉のような幼菌が並んでいると可愛く見えます。下、成菌とヒダの写真です。美しいヒダをしています。綺麗なヒダの写真が撮れましたら追加したいと思ています。ヒダは2重になっています。
スエヒロタケ無茎.JPGスエヒロタケ有茎.JPGスエヒロタケ傘1・サンゴ状.JPGスエヒロタケ傘2.JPG
上は形が違って見えるスエヒロタケです。傘の形の違いや柄の部分の違いが見て取れます。スエヒロタケは無柄となっていますが、短い柄があるものも良く見かけます。
スエヒロタケ(ネコノテ).JPG
猫の手に見えるスエヒロタケです。別名のネコノテのネーミングに頷けます。乾燥していると縮こまってこのような形になります。可愛いです。見ていると何となく爪を引っ込めた猫の手に見えてきます。もっと良く似ているものを見つけてみたくなります。怖い存在のイメージを持っていたスエヒロタケですが、可愛らしく思えてきました。とても胞子を武器にしている危険なキノコには見えません。
スエヒロタケは雨上がりの林などを探すと、木に白っぽいものが付いて見えるので探しやすいです。実際に見てみたいと思われたら、思ったより簡単に見つけられると思います。傘の形にも変異があって面白いです。
posted by クラマ at 15:42| Comment(0) | キノコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

ハナビラニカワタケ、クロハナビラタケ、アカキクラゲ。花弁状の塊に見えるキノコです。

ハナビラニカワタケ、クロハナビラタケ、アカキクラゲは塊になって枯れ木や倒木上に発生します。ハナビラニカワタケは食べられる食菌になります。春、秋に発生するものと夏に発生するものには色の違いがあります。無味無臭のキノコで、キクラゲに似た味のキノコになりますが、1般的にはキノコ狩りの対象にはなっていないようです。新鮮なものはボタンの花を思わせる形をした花弁状をしています。肉はしっかりとしたゼラチン質の塊で立ち枯れ、倒木などの広葉樹に瘤のようにくっついて発生しているように見えます。ハナビラニカワタケは乾燥するととても小さく縮れてしまいます。湿気のある日や雨上がりだと見つけやすいと思います。ハナビラニカワタケはシロキクラゲ科のキノコですが色は白くありません。半透明で地味な淡褐色、茶褐色をしています。幼菌時は肌色をしています。夏に発生するものは淡い紅色を帯びていて、地味ながらも綺麗なキノコです。クロハナビラタケは毒性の強い毒菌で注意が必要です。似た名前のキノコにクロハナビラニカワタケがあり、通例不食のキノコですが、食べられることができます。そのため混同しての誤食に注意が必要になります。この両種、クロハナビラタケとクロハナビラニカワタケは名前だけではなく色も形も似ています。また乾燥して黒く縮れたアラゲキクラゲもクロハナビラタケと非常によく似ています。アラゲキクラゲは乾燥すると黒く変色して硬くなってしまうのです。名前も形も似たものが有ることから、キノコ狩りをする人にはクロハナビラタケは要注意の毒キノコになると思います。アカキクラゲにはよく似たコガネニカワタケとハナビラダクリオキンがあります。容姿だけではわからないものも多いようです。色での違いは正確ではないのですが、アカキクラゲは赤みが強く、黄赤色や黄金色が強いものにコガネニカワタケとハナビラダクリオキンが多い気がします。またコガネニカワタケは広葉樹からの発生で、ハナビラダクリオキンは針葉樹からの発生になることで判別できるので、発生木を知ることも重要になってきます。コガネニカワタケとハナビラダクリオキンは花弁状のゼリーの塊のような菌ですが、アカキクラゲは脳状の塊をしていて、ボタンの花のような花弁状にはならないようです。正確にはこれらの胞子を見比べることが必要な様です。アカキクラゲは毒はないようで中国では食べられているようですが、日本では食べることがなく通例不食になっています。また似た菌も確認されているようなので、キクラゲ類には毒がないと言われていますが、全く安全ということではないと思っていた方がよいと思います。ハナビラニカワタケ、クロハナビラタケ、アカキクラゲを調べてみました。
★ハナビラニカワタケ シロキクラゲ科。食べることができる食菌です。シロキクラゲ科と言っても白くないキノコです。形はシロキクラゲに似ています。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。発生時期は春〜晩秋。夏に発生するものは淡い紅色を帯びていて綺麗です。春、秋に発生するものは半透明の淡褐色、褐色、茶褐色をしています。幼菌は肌色をしていて塊も小さいです。肉質はゼラチン質でボタンの花が開いたような花弁状の塊をしています。シロキクラゲを大きくしたような形をしていますが、花びらのように見える部分は大きく広がって開いています。厚みもシロキクラゲのように厚さを感じないもので、薄い花びら状をしています。湿気の高い雑木林の倒木や立ち枯れの広葉樹から発生することが多く、径は6〜12センチの中型〜大型で高さは3〜6センチほど。根元は硬く黒色をしています。乾燥して小さくなったものも黒い色をしています。古くなるとドロドロっと溶け出す感じで形が崩れていきます。ハナビラニカワタケは無味無臭のキクラゲに似た味をしているキノコで、酢の物、スープ、お吸い物の具として利用されます。 ハナビラニカワタケは乾燥すると小さくなってしまうキノコなので、雨上がりなどの林内を探してみると見つかる確率は高くなると思います。ハナビラニカワタケはシイタケのホダギからも発生するようです。
★クロハナビラタケ ビョウタケ科クロムラサキハナビラタケ属(クロハナビラタケ属とする見解もあるようです)で毒性の強い毒菌になります。日本固有種。分布は北海道、本州、四国、九州。発生は秋〜晩冬。中毒症状は激しい下痢、嘔吐などの消化器系の中毒を起こします。名前によく似たものがあり、食菌との誤食に注意が必要になります。また形や色も似ている食菌があり、クロハナビラニカワタケ(食菌ですが通例不食)やアラゲキクラゲが似ているので、特に危険す。自信が持てないものは食べないことが1番です。形は短柄〜無柄。乾燥時は透明感のない黒色をしています。傘の裏面は粗くザラザラした感じがあります。表面にはやや光沢があります。大きさは直径1〜6センチ程。重なって派生することが多く肉は薄く波打って反り返って見えます。クロハナビラタケの誤食としては、食べられるキノコのアラゲキクラゲ、クロハナビラニカワタケに乾燥していると似ていることから特に注意が必要になる毒キノコです。
クロハナビラニカワタケはシロキクラゲ科で発生は春〜秋。梅雨時期に多く広葉樹から発生します。ゼラチン質で色は暗黒褐色で、花びら状の塊をしています。乾燥すると軟骨質で硬くなり、いろも毒菌のクロハナビラタケに似るので注意が必要です。最も食不適の記載の図鑑が多いキノコなので食べない方が無難かもしれません。
★アカキクラゲ アカキクラゲ科。よく似た菌にハナビラダクリオキン、コガネニカワタケがあり、区別できないほど似たものもあるようです(正確には胞子を見比べる必要があります)発生は夏〜秋。広葉樹の枯れ枝、枯れ木上に発生します。径は2〜6センチ。膠室で鮮やかな朱黄色、黄赤色をした半透明のゼラチン質のキノコで、半球形で脳状をしています。 コガネニカワタケとハナビラダクリオキンは花弁状の塊のような菌ですが、アカキクラゲは脳の皺のような塊で花びらのようには広がっていかないようです。数冊ある私の持っているキノコの図鑑で、古いものは食用になっています。またよく似たコガネニカワタケと混同している可能性もあるうえ似た菌も見つかっています。当然安全性は確認されていませんので、むやみに食べない方が無難だと思います。中国では食べられているようですが、日本に発生しているものと同じ菌とは限りません。1般的には食不適なキノコとしておいた方が良いのかと思います。
ハナビラニカワタケ1.jpgハナビラニカワタケ2.jpg
ハナビラニカワタケです。上はやや古く、花びらに見えるヒダが大きく広がっています。下は立派な生菌です。地味な色のキノコですが、キノコ好きの私には美しく見えてしまいます。ハナビラニカワタケは湿っていないと縮んで小さくなってしまうので、ボリュームのあるしっかりとした形の個体を撮影することが難しいです。夏に発生する淡紅色の個体の撮影はさらに確率が下がってしまうので、なかなか撮影の機会に恵まれないことが残念でなりません。
ハナビラニカワタケ7月31日.JPG
ハナビラニカワタケ。夏に発生するハナビラニカワタケの写真が撮れましたので追加しました。7月31日に撮影したもので、立ち枯れた広葉樹から発生していました。ハナビラニカワタケは季節により色合いが違うので面白いです。夏に出るものは色が薄く綺麗なので、見つけられると嬉しくてカメラを向けたくなります。もう少し広がると中心が赤っぽく見えて、花のようにも見えます。後日、広がった様子を撮影できたらと思い出かけてみると、すでに傷んでしまっていました。この発生場所は乾燥が強すぎたのかもしれません。撮影地、神奈川県横浜市、こども自然公園。
クロハナビラタケ(毒).jpg
上、乾燥時のクロハナビラタケです。猛毒菌です。乾燥しているとアラゲキクラゲに似て見えます。間違って食べたら大変です。半球形の花弁状の塊のクロハナビラタケの場合、形状からアラゲキクラゲとの区別はしやすいと思います。塊になって生えていないとアラゲキクラゲと似ていることもあり間違いやすくなります。毒性の強い種類も沢山あるので、知らないキノコは絶対に食べてはいけません。
アカキクラゲ1.jpgアカキクラゲ2.JPG
アカキクラゲです。写真のアカキクラゲは成長が進んでも、古くなっても脳状の塊のような形をしていて、ハナビラダクリオキン、コガネニカワタケ、 ハナビラニカワタケ、シロキクラゲのように花弁状のヒダは大きく広がって見えませんでした。他の公園で見つけた個体も同様で、脳状に見えるヒダの部分はあまり成長していません。アカキクラゲには脳状をした塊になることが特徴にあるので、外見の判断からアカキクラゲとさせて紹介させていただきます。
比較のためのコガネニカワタケ、クロハナビラニカワタケの綺麗な写真が撮れましたら追加を予定しています。
posted by クラマ at 12:34| Comment(0) | キノコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

クイナ。珍しい水辺の野鳥を見つけました。

神奈川県横浜市、こども自然公園で珍しい野鳥のクイナを見つけました。クイナと名前が付く鳥には、有名ない沖縄に住んでいるヤンバルクイナがいます。クイナはツイル目クイナ属の総称になっていますが、それとは別にクイナという名前がついている鳥になります。クイナを漢字で書くと「水鶏」「秧鶏」と書かれます。漢字だとさっぱり読めない名前になってしまいます。クイナは全国的に絶滅している県や準絶滅種、絶滅危惧T類、絶滅危惧U類に多くの県が含まれています。クイナは絶滅しやすい環境に住んでいる適応力の弱い野鳥のようです。性格は大変臆病なうえ、半夜行性ということもあり、人目に付く確率がとても少なくなります。体格は鳩より少し小さいくらいで、ウズラに似た体形をしています。日中は草や藪の中に隠れています。私も初めて見た鳥なのでクイナは知りませんでした。調べてみて珍しい水辺の野鳥であることがわかりました。クイナを見つけた場所の池の脇の湿地は、工事により完全に掘り返されてしまいました。再び見に行くも、その姿を見つけることができませんでした。新しい生息場所を見つけていることを願うばかりです。クイナは繁殖地として北海道〜本州北部でヒナを育てます。クイナ属のヒナは真っ黒い色をしていることが特徴のようです。おそらく夜行性の鳥なのでヒナが黒い色をしているのでしょう。近年、関東での繁殖も確認されているいるようなので、この横浜の公園でも真っ黒いヒナを見ることができたら良いなと思っています。似た鳥にウズラクイナという鳥もいます。クイナはウズラに似た体形をしている可愛い野鳥です。この公園にはコジュケイもいるので、コジュケイと見間違えることもあるかと思いますが、今後は水辺に似た体形の鳥を見つけたら確認してみようと思っています。コジュケイは普通は単独行動はしていないので、数羽が1緒に列をなして動いていることが多いので、やや遠くからでもこの特徴を知っているとこの2種の違いが行動からわかると思います。クイナの絶滅している県に千葉県があります。準絶滅危惧種には、北海道、岩手県、栃木県、福井県、三重県、愛知県、静岡県、兵庫県、鳥取県、和歌山県、広島県、徳島県、香川県、宮崎県。絶滅危惧T類には東京都、高知県。絶滅危惧U類には、青森県、神奈川県、埼玉県、富山県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、岡山県、島根県、長崎県。以上は日本のレッドデータブックで調べました。臆病で人前に姿を現さないというだけでなく、個体数の少ない野鳥であることが上記からもわかります。クイナを調べてみました。
★クイナ ツル目クイナ科クイナ属。漢字で書くと「水鶏」「秧鶏」1般に言うクイナはツイル目クイナ属の総称にもなっています。日本の古典文学に登場する「くひな」「水鶏」は別属のヒクイナを指すことが多いようで、違う鳥になってしまうようです。大きさは鳩より1回り小さく見えウズラに似た体形をしています。体長は29センチ。上面は褐色、暗黄褐色。羽軸に沿って黒い斑紋があるため縦縞のように見えます。顔から胸部にかけては青灰色、青みを帯びた褐色に見え、胸と脇は白と黒の横縞に見えます。光彩は赤、嘴は長く、褐色をしていますが基部は赤い色をしています。下嘴は赤い色をしています。繁殖期には嘴が赤くなるようです。脚は淡紅色をしています。繁殖は北海道〜本州中部以北(近年では関東での繁殖も確認されています)クイナ属のヒナは黒い色をしていることが特徴になるようです。冬季は本州中部以南に南下して越冬します。東北地方以北で夏鳥、本州中部以南では冬鳥として訪れます。「水溪」と漢字で書かれるように湖沼、湿原、水田や水辺の近くを住処にして生息しています。半夜行性で昼間は茂みや草の中に隠れて休んでいます。臆病な性格をしているので、人がいたり危険を感じると草の中や茂みに隠れてしまいます。雑食性でなんでも餌として食べてしまうようで、昆虫類、クモ類、甲殻類、魚類、両生類、軟体動物、植物の茎や種などを食べます。クイナは活動から見ても人目に付きにくい野鳥なうえ、千葉県では絶滅種になっているほど個体数が少ないことからも、目にする機会の少ない野鳥になっています。
クイナ1.JPGクイナ2.JPG
クイナです。珍しい鳥と言えます。単独で盛んに餌を探していました。工事のため掘り返されていないわずかに残った湿地の端っこで餌を探していました。草の脇の茂みの中に、逃げ込んでは出てくることを繰り返して餌を探していました。警戒心の強い野鳥です。現在、すっかり掘り返されて姿を見ることができなくなってしまいました。また後日、草の茂みの残っている場所を探しに行く予定です。隠れることができる草がある水辺に逃げているかもしれません。コジュケイにも似て見えますね。下、わかりにくいのですが、脚が淡い紅色になっていることが見えます。嘴に見える赤色が特徴的です。機会があれが(繁殖するようなことがあれば)黒いヒナ鳥を見てみたいです。撮影地、神奈川県横浜市、こども自然公園。2月7日。コンパクトデジカメでの夕方の撮影のうえ、距離があることから鮮明ではありませんがご容赦ください。
posted by クラマ at 13:31| Comment(0) | 自然観察、野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする