2015年10月28日

カレエダタケ、ヒメツチガキ、ツルタケ、イボテングタケ。夏から秋に見られるキノコです。

カレエダタケ、ヒメツチガキ、ツルタケ、イボテングタケは夏から秋にかけて見つけることができるキノコです。ツルタケやイボテンテングタケは温度が上がってくると神奈川県では6月から見ることができます。カレエダタケには色や形状が違うものがあり、何タイプかあるようで総称的に使われているような気さえします。ツルタケは外見は同じなのですが、傘の色に変異があります。もっとも傘の色の違いはキノコにはよくあることになります。ヒメツチガキはヒメツチグリ科のキノコでヒメツチグリ属の菌は日本に14種類あって、似た物が多く、本来は判別が難しい種類になります。ヒメツチガキも形状で判断されていることが多いと言えるようです。イボテングタケは当ブログ2度目の登場になります。立派な毒キノコなのでこのキノコの特徴は覚えておいた方が良いでしょう。忘れたころにこのキノコで食中毒が起こっています。毒性の強い成分であるアルカロイドも含んでいるのですが、この菌の食中毒の症状として、嘔吐があるので、余分な毒が体内に回る前に体外に排出されるため、死亡にまで至る確率が低くなるようです。毒成分はイボテン酸、ムッシモール・ムスカリンになります。うまみ成分を含むため食べた人の感想としては美味しいそうです。そのあとのつけは当然、中毒にかかります。茶褐色系の傘の色に白いボツボツ(トゲ)があるキノコなので覚えやすいので毒キノコとして覚えておきましょう。察するに間違えて食べてしまったのは、昔には食菌になっていたガンタケと間違えたのかも知れません。詳しくは分かりませんが危険なキノコとして記憶しておいた方が良いキノコですね。この傘にある白いボツボツは雨に打たれて取れてしまっているものも見ることがあります。キノコには雨によりそ脱色したり、イボなどの種の特徴が消えたしまう(取れてしまう)こともあることも覚えておくと役にたつと思います。良かったら以前のイボテングタケの記事もご覧くださいませ。
カレエダタケ、ヒメツチガキ、ツルタケ、イボテングタケを調べてみました。
★カレエダタケ カレエダタケ科。発生は夏〜秋。普通に見ることができます。毒は無く食菌にもなっていました。現在も食菌のままかどうかは分かりません。美味しく無いようなので通例は不食になっています。(癖がないキノコとも書かれています)コナラ、クヌギ、クリなどの樹林の樹下などの林内地上に単生、または群生していて、菌根は落ち葉の裏に張り付いたようにできていて、新しい落ち葉の下に広がっています。枝は短く分岐がかなり不規則で先端部分はトサカ状〜鋸状になるようです。分かりやすい特徴をあげるとすれば、先端部は黒っぽい色をしていて先端部に細かい枝があることが特徴になるようです。形状には個体差が多いようです。高さは3〜8センチで、色は白色〜汚白色、淡紫色をしています。カレエダタケは外見上よく似ている和名のない菌、アルトミケス・ミクロスポラと混同されているようです。私もこの違い等、詳しいことは分かりません。両者の違いは胞子の大きさで判別するようです。またよく似た灰色をしたハイイロカレエダタケは別種になります。さらにカレエダタケは食毒不明のフサヒメホウキタケにも似ています。フサヒメホウキタケは綺麗な整った形に見えます。カレエダタケは食べられるとはいえ、似た物が多いのでやはり不食のキノコとしておいた方が良いかも知れませんね。
★ヒメツチガキ ヒメツチグリ科。発生は夏〜秋。雑木林の地上に群生します。この仲間には似た物が多いです。不食のキノコ。食べられるとは聞いたことがありません。幼菌は初めから地上にある地上性で、形は球形〜卵形。径は0・5〜1センチの小型になります。表面は暗褐色で繊維質の毛で覆われています。十分に成長すると外皮が5〜7片に星形に裂ける特徴があります。外皮の中には外皮に包まれた頂点に穴のある袋状の構造をした丸みのあるものが見えます。この中には胞子が詰まっていて雨水や落ち葉が当たると胞子を煙のように放出します。知らずに踏んだりすると、意外に多く放出される煙状の胞子に驚くことがあります。日本にはよく似たヒメツチグリ属が14種あり、どれもよく似ているそうです。外皮が裂けたヒメツチガキの仲間の容姿は可愛いです。外皮が裂けていない幼菌は目立ちません。
★ツルタケ テングタケ科。毒菌(昔は食菌でしたが現在では毒菌として扱われています)胃腸系、神経系の毒が見つかりました。よく似た毒キノコのツルタケダマシ(毒)やカバイロツルタケ(昔は食菌でしたが現在では毒菌として扱われています)があります。発生は夏〜秋。針葉樹、広葉樹の樹下に発生します。名前の通り成菌になると柄が綺麗に長く伸び上がり、まるで鶴の首のようにすらりと伸びています。バランスの取れた綺麗な形になります。その容姿が首の長い鶴に見立てて付いた名前のようです。傘は中高で径が5〜7センチあり傘の表面は灰色〜灰褐色をしています。傘の周囲には明瞭な溝線があります。ヒダも柄も白色で柄の表面はなめらかです。ツバはありません。土中から卵に似た形状のものから出てきます。出始めは卵形で成菌になると平らに開いていきます。その名残りのツボは白色の膜質になって残っています。
★イボテングタケ テングタケ科。毒菌。毒成分はイボテン酸、ムッシモール・ムスカリン。発生は夏〜秋。各種林内、針葉樹林に多く発生します。テングタケより大型でシッカリとしています。中型〜大型で傘の色は灰褐色〜茶色、暗褐色をしています。傘の表面にはイボを付けています。このイボのはっきりしている大型のイボテングタケとテングタケは2002年に1種から2種に分けられました。ツボの破片は環状で根元に残っています。この基部はシッカリとしています。イボテングタケは幼菌時の尖ったイボが特に目立ちます。発生時にはこのイボは白く見えます。ツバはありますが脱落性なので落ちてしまいます。ヒダは白色で密になります。似ている種類にガンタケ((昔は食菌でしたが現在では毒菌として扱われています)があります。いずれにしろ多くのテングタケ科は毒菌になったので食べないように注意する必要があるようです。
カレエダタケ2010基本タイプ.jpgカレエダタケ.jpg
カレエダタケです。1枚目は5年ほど前に撮ったものですが、基本のタイプに近かったので使いました。淡紫色の大きいタイプです。普通はもっと小さい株になります。苔の上に置いて撮影したものです。コナラの樹下に生えていたものです。近くに大小6個の株が有りました。2枚目、恐らくこれもカレエダタケで良いと思います。形が変わっています。先端部は黒っぽく、場所により先端部が細かく枝分かれしていました。つまみあげると枯葉と枯れ木が菌糸でつながっていて1緒に持ち上がりました。地面だと分かりにくいので場所を変えて撮影しました。撮影後は元の場所に戻しました。
ヒメツチガキ.jpg
ヒメツチガキです。地味な肌色の外皮も林内では目立っていました。幼菌はよほど気を付けないと見過ごしてしまいます。
ツルタケ.jpgツルタケ2010年.jpg
ツルタケです。1枚目の写真のものは乾燥で柄がささくれています。ツボの名残りは1枚目のようにしっかりしたものと2枚目のように膜質のものがあるようです。1枚目は傘の色が灰色で、2枚目は灰褐色をしています。濃い褐色のものもあります。色には濃淡の変異があるようです。2枚目は5年前に撮影してあったストックを使いました。どちらもまだ傘が開いていないものになります。
イボテングタケB.jpg
イボテングタケです。マツの樹下で撮影しました。テングタケによる中毒事故のニュースを最近見ました。誤食したのはイボテングタケなのかテングタケなのか、詳しい所は分かりませんが中毒事故を起こすキノコになっています。撮影地は神奈川県横浜市。
posted by クラマ at 18:45| Comment(0) | キノコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

ダイダイサラゴケ、トゲカワホリゴケ。石の上で見つけた地衣類(ライケン)です。

地衣類は分類が難しく、試薬を使って調べていないので、間違っているかも知れません。正確にはダイダイサラゴケの1種、トゲカワホリゴケの1種とする方が良いかも知れません。見た目の特徴でダイダイサラゴケとトゲカワホリゴケとして紹介させていただきます。ダイダイサラゴケはサラゴケ科、トゲカワホリゴケはイワノリ科になりますが、もちろんトゲカワホリゴケは地衣類で海藻や淡水系のノリではありません。ダイダイサラゴケとトゲカワホリゴケは樹上(樹皮)、岩や石の上に生えます。今回見つけた物は岩上に発生していたものです。ダイダイサラゴケによく似た種類に、子器がさらに小さいコツブダイダイサラゴケガあります。コツブダイダイサラゴケの子器の盤の直径が0・4〜0・8ミリと小さく、ダイダイサラゴケの子器の盤では0・4〜2ミリと大きくなります。子器の盤がとても小さく、盤の色が肌色をしたものがあります。おそらくこちらがコツブダイダイサラゴケになるものと推測しています。ダイダイサラゴケの子器は12月頃から翌年3月(4月初め)頃まで見られます。子器は円形の皿形をしたレカノラ型で地衣体の表面に散在します。子器は多くついているもの、少ししかついていないものなどが見られます。ダイダイサラゴケとして今回紹介させていただきます。トゲカワホリゴケは黒っぽい海藻に似ています。トゲカワホリゴケは、トゲ+カワホリ+コケです。トゲと名前にある部分は裂芽のことで、無性生殖器官になります。カワホリとはコウモリの古い呼び方です。なるほど、よく見るとコウモリの羽の膜状の部分と色も厚みの感じも似ています。コケはそのままコケのことです。乾燥が続くと小さくなって消えてしまいます。岩上にトゲカワホリゴケが生えていた形跡は見ることができる場合もありますが、岩上生のコフキジリナリアやムカデゴケがすぐに消えないで成長していくことを考えると、発生の時期を外すと見つけることが難しくなります。地衣類の中でも1番ワカメなどの海藻にイメージがあっている姿形をしています。石にワカメのようなものがはりついて発生していたら、イワノリ科のカワホリゴケの仲間と思ってよいかと思います。この仲間も良く似た物が何種類かあります。幸いなことにトゲカワホリゴケの発生する石を見つけたので、運よく観察の機会を持つことができました。ダイダイサラゴケ、トゲカワホリゴケを調べてみました。
★ダイダイサラゴケ サラゴケ科。樹上(樹皮上)、岩上、土の上の苔の上などに発生します。痂状固着地衣。地衣体は灰色〜薄い黄緑色。日陰では暗オリーブ色をしています。地衣体にコケが混ざりこんで、おやっと思うものもあります。子器は12月から3月(観察スポットでは4月初めまで見ることができます)地衣体の大きさは10センチを超えるものもあります。分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。地衣体には粉芽も裂芽もありません。子器はレカノラ型で0・4〜2ミリで円形の皿形をしています。盤の色は橙黄色、赤橙色、黄赤色。よく似た種類に、子器がさらに小さいコツブダイダイサラゴケガあります。コツブダイダイサラゴケの子器の盤の直径は0・4〜0・8ミリで、盤の色は肌色など薄い色になるようです。子器は円形の皿形をしていてレカノラ型になります。
★トゲカワホリゴケ イワノリ科。低地から山地の樹上(樹皮上)、岩上に発生します。分布は北海道、本州、四国、九州。地衣体の大きさは直径3〜6センチ。地衣体の色は暗褐色、暗緑褐色、黒色などの色をした薄い膜状をした葉状地衣です。特徴は中央から伸びるシワがなく、円筒状、粒状、サンゴ状の裂芽があります。背面は深裂していて子器は稀に付くそうです。裂芽を付けたワカメを連想させる容姿をしています。裂片の先は丸く幅が広いです。水分を吸収するとゼラチン状になります。トゲカワホリゴケの名前にあるトゲは裂芽の部分を指し、これは無性生殖器官になります。カワホリとはコウモリの古い呼び方です。コウモリに似た色と地衣体の薄い膜上の裂片を持つことから付いた名前のようです。
ダイダイサラゴケ1.jpgダイダイサラゴケ2乾燥時.jpgダイダイサラゴケ3.jpg
ダイダイサラゴケです。石の表面に生えていました。地衣体の上にコケが生えて混ざっている個体もありました。1枚目、ややいびつな盤の形をしていました。大きさは1・5ミリ位。2枚目は乾燥している時に撮影しました。3枚目は湿潤時の様子です。盤の色が薄いのが気になります。コツブダイダイサラゴケの特徴の薄い色に近いのかも。間違っていましたらご勘弁ください。写真は数か所で撮影したものです。
トゲカワホリゴケ.jpgトゲカワホリゴケ2.jpg
トゲカワホリゴケです。なんでワカメが石に生えてるの?と突っ込みを入れたくなります。写真を追加しました。下の写真の物は乾燥時のもので、色が薄く灰色をしています。裂芽(無性生殖器官)が沢山付いていました。場所は上の個体を見つけた場所から近い所に生えていたものです。湿潤時は黒く見えていました。撮影地は神奈川県横浜市。
ついでに地衣類と思われる不明種の写真を下に載せます。樹皮上に生えていました。全く何の種類だか名前も分りません。シダを思わせる形をしています。デンドライト(忍石)やデンドライトクォーツの中に入り込んでいるシダに似た模様に似ています。古くなるとシダのような形を失い不規則な網目のような塊に見えます。
不明1.jpg不明2.jpg不明3.jpg
地衣類には分からないものや似た物が多くあります。成長が進むと3枚目の写真のようになっていきます。写真の物は全くなんだか分かりませんでした。
posted by クラマ at 18:18| Comment(0) | 地衣類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

マツゲゴケ、ヒカゲウチキウメノキゴケ。ウメノキゴケ科の地衣類(ライケン)です。

マツゲゴケとヒカゲウチキウメノキゴケはウメノキゴケによく似たウメノキゴケ科の地衣類(ライケン)です。どちらも樹上(樹皮)と岩上に着生(固着している)する葉状地衣になります。マツゲゴケは裂片の先端部にマツゲのような黒い毛(シリア)を多くつけることから、マツゲゴケと名前が付いたようです。裂片の先端にソラリア(粉芽塊=粉芽が集まった塊)ができることが特徴で、ソラリアの付く裂片の先端部の裏側は白い色をしています。ソラリアをつける裂片には通例シリアはついていません。この特徴からマツゲゴケは似た種類の多いウメノキゴケ科の中でも比較的に分かりやすい部類に入ると思います。ヒカゲウチキウメノキゴケは大変見分けることが難しく良く調べないと間違ってしまいます。地衣類の分類では試薬が多く使われています。見た目では判断ができない種類が多いからです。試薬を使っての判別はできないので、ここでは見た目の特徴で名前を特定していますので、間違っていたら何卒ご容赦ください。ヒカゲウチキウメノキゴケの特徴はパスチュール(泡芽)はあるのですが粉芽状にならないことです。パスチュールは地衣体表面にできる中空の泡状の突起のことで、これは無性生殖器になります。パスチュールは泡芽とも言います。地衣体は不規則に分枝して広がり、裂片の先は丸くなっています。地衣体の色は灰白色から褐色を帯びた灰色をしています。大雑把な観察では、地衣体表面の粉芽の部分が粉っぽいか、粉っぽくないかをまず確認すると良いかも知れません。ウメノキゴケの仲間は細かく分類すると、大変よく似た物が多く存在する種類であることに驚いてしまいます。専門家以外が、ザックリと似た種類をまとめてウメノキゴケと言っている理由もわかるというものです。マツゲゴケとヒカゲウチキウメノキゴケはウメノキゴケの仲間でどちらも大気汚染には弱いようです。マツゲゴケは都市部には無い種類といわれいていましたが、東京都の皇居内で生育が確認されました。皇居内での調査で、地衣類の種類がかなり増えていることが分かったようです。都市部の汚染度がかなり改善されてきているようです。
★マツゲゴケ ウメノキゴケ科の葉状地衣。大気汚染には弱い種類になります。1般的には都市部では見ることができない種類になっています。樹皮上、岩上に着生していて、低地から低山地に生育しています。分布は本州(関東以西)、四国、九州。地衣体の大きさは10〜20センチ。地衣体は灰白緑色〜灰褐色で裂芽はつきません。地衣体は深裂して多数の裂片に分枝しています。裂片の先端部分にソラリア(粉芽塊=粉芽が集まった塊)ができることが特徴で、ソラリアの付く裂片の先端部の裏側(腹面)は白色をしています。ソラリアをつけるこの白い裂片部には通例シリア(黒いマツゲのように見える毛のような物)はついていません。マツゲゴケの名前の由来は、裂片の先にある黒いマツゲに似たシリアが多くつくことから来たようです。よく似た種類にオオマツゲゴケガあります。こちらは裂片の先の腹面が黒いことで区別ができます。マツゲゴケの表面にはとても細かい網目のような模様があります。
★ヒカゲウチキウメノキゴケ ウメノキゴケ科の葉状地衣。大気汚染には弱い種類になります。樹皮上、岩上に着生しています。分布は北海道、本州、四国、九州。北海道や東北地方ではかなり数が少ないようです。関東以西に多い種類になります。最大の特徴はパスチュール(泡芽)はあるのですが粉芽状にならないことです。パスチュールとは地衣体表面にできる中空の泡状の突起のことで、無性生殖器になります。大きさは2〜10センチで不規則に分枝してロゼット状に広がります。裂片の先は丸く、幅は1〜4ミリになるようです。地衣体の色は灰白色から褐色を帯びた灰色をしています。よく似た種類にハヤチネウメノキゴケがありますが試薬を使っての判別になるようです。見た目では判別できないということになります。粉芽状にならないことがこの種の特徴になります。
マツゲゴケ1.jpgマツゲゴケ2.jpgマツゲゴケ4.jpg
マツゲゴケです。先端部分にできるソラリアが特徴的です。3枚目の写真で黄色く見えているものはロウソクゴケのようです。周りにロウソクゴケが生えていて樹皮上で競合しているようです。
ヒカゲウチキウメノキゴケ.jpg
ヒカゲウチキウメノキゴケ。ウメノキゴケに大変よく似ています。ここでは非常によく似たハヤチネウメノキゴケとは地衣体の感じから区別してヒカゲウチウチキウメノキゴケとして紹介しています。またはハヤチネウメノキゴケには中央に裂片があるらしいことも参考にしました。間違っていましたどうかご勘弁願います。
posted by クラマ at 13:31| Comment(0) | 地衣類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする